ねじまき鳥クロニクルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 文学作品 > 小説 > 村上春樹の小説 > ねじまき鳥クロニクルの意味・解説 

ねじまきどりクロニクル〔ねぢまきどり‐〕【ねじまき鳥クロニクル】


ねじまき鳥クロニクル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 04:18 UTC 版)

ねじまき鳥クロニクル』(ねじまきどりクロニクル)は、村上春樹の8作目の長編小説。


注釈

  1. ^ ダンス・ダンス・ダンス』ではドルフィン・ホテルのフロアでかかる[9]。「女のいない男たち」では語り手が次のように述べる。「僕は彼女を抱きながら、いったい何度パーシー・フェイスの『夏の日の恋』を聴いたことだろう。こんなことを打ち明けるのは恥ずかしいが、今でも僕はその曲を聴くと、性的に昂揚する」[10]
  2. ^ 『ダンス・ダンス・ダンス』にもアンディ・ウィリアムスは登場する。「恐ろしいほどの完璧な暗闇」の中で主人公は思う。「なんでもいいから音楽が聴きたかった。あまりにも静かすぎるのだ。ミッチ・ミラー合唱団だって我慢する。アンディー・ウィリアムズとアル・マルティーノがデュエットで唄っても我慢する」[11]

出典

  1. ^ a b c 『新潮』1995年11月号。
  2. ^ 村上春樹、河合隼雄に会いにいく』新潮文庫、99-100頁。
  3. ^ ブルータス, カーサ (2017年2月28日). “村上春樹『騎士団長殺し』の装幀が生まれるまで。” (日本語). カーサ ブルータス Casa BRUTUS. 2021年7月29日閲覧。
  4. ^ 『村上春樹スタディーズ 05』若草書房、1999年10月、162頁。
  5. ^ 村上春樹『辺境・近境』新潮社、1998年4月。
  6. ^ 本書、第1部、新潮文庫、77頁。
  7. ^ TVピープル文春文庫、122頁。
  8. ^ 本書、第1部、新潮文庫、105-106頁。
  9. ^ 『ダンス・ダンス・ダンス』上巻、講談社文庫、旧版、128頁。
  10. ^ 女のいない男たち文藝春秋、2014年4月、282頁。
  11. ^ 『ダンス・ダンス・ダンス』上巻、講談社文庫、旧版、144-145頁。
  12. ^ 本書、第1部、新潮文庫、152頁。
  13. ^ 本書、第1部、新潮文庫、156頁。
  14. ^ 本書、第2部、新潮文庫、27頁。
  15. ^ 本書、第2部、新潮文庫、343頁。
  16. ^ 本書、第1部、新潮文庫、177頁。
  17. ^ 本書、第1部、新潮文庫、207頁、209頁。
  18. ^ 本書、第2部、新潮文庫、199-200頁。
  19. ^ 本書、第2部、新潮文庫、317頁。
  20. ^ 本書、第3部、新潮文庫、44頁。
  21. ^ 本書、第3部、新潮文庫、162頁。
  22. ^ 本書、第3部、新潮文庫、461頁。
  23. ^ 成河&渡辺大知、村上春樹作品の美を表現「ねじまき鳥クロニクル」開幕”. ステージナタリー (2020年2月11日). 2021年1月26日閲覧。
  24. ^ nejimakistageの2020年2月28日のツイート2021年1月27日閲覧。


「ねじまき鳥クロニクル」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ねじまき鳥クロニクルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ねじまき鳥クロニクルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのねじまき鳥クロニクル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS