僕とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 身分 > > の意味・解説 

ぼく【僕】

常用漢字] [音]ボク(呉) [訓]しもべ

男の召使い下男。しもべ。「僕婢(ぼくひ)/家僕下僕公僕従僕臣僕忠僕奴僕(どぼく・ぬぼく)・童僕老僕


やつがれ【僕】

[代]《「やつこ(奴)あれ(吾)」の音変化という。古くは「やつかれ」》一人称人代名詞自分へりくだっていう語。上代中古では男女通じて用いたが、近世以降は、男性がやや改まった場で用いるのに限られた

「—御身云う如く如何にも御身奴僕(ぬぼく)となり」〈井上勤訳・狐の裁判

「—弔使に随ひて、共に筑紫に到(まういた)る」〈皇極紀〉


ぼく【僕】

【一】[名]男の召使い下男

【二】[代]

一人称人代名詞男性自分のことをさしていう語。対等またはそれ以下の人に対して用いる。「僕んちおいでよ」「君のほうが僕より若い」

小さ男の子に対して呼びかける語。「僕のお名前は」

[補説] 1は、現代では親しみのあるくだけた言い方として使われ、改まったときは「わたくし」を用いる。古くは「やつがれ」と読み相手に対してへりくだる気持ち用いられた。明治時代から、書生学生が「ぼく」と読んで用いようになった


しも‐べ【下部/僕】

雑用に使われる者。召使い。「神の—」

身分の低い者。

「この…頭は—も食はず」〈徒然一一九〉

官に仕えて、雑役勤め下級役人

「—ども参ってさがし奉れ」〈平家・四〉


ぼく【僕】

1 男のめしつかい下男。しもべ。〔譬喩尽(1786)〕 〔詩経周南巻耳

2代名男子自称

談義本根無草(1763‐69)前「僕(ボク)儀は何によらず祝儀の席をはづさず、仁義礼智のはしくれも覚へしとて、儒者の数に加へらるれば」〔司馬相如‐子虚賦〕

[語誌](二)について) 漢文の中では、古代から男子の、非常にへり下った表現として見られるが、訓読されるの一般的であった。奈良時代の訓は不明だが、平安時代以後は「やつがれ」がふつう。江戸時代漢文から「ぼく」の形で、対等もしくは目下の者に対す自称代名詞として青年書生などが使った。以後多用されるようになり、現代では特に少年男子自称として広く用いられる。


やつかり【僕】

代名〕 =やつがれ(僕)(一)

書紀720皇極二年一一月(岩崎本訓)「僕(ヤツカリ)天皇の宮を守りて」


やつがれ【僕】

古くは「やつかれ」。「やつこ(奴)あれ(吾)」の変化したものという)

1代名自称自分へりくだっていう上代中古では、男女通じてへりくだる場面用いられた。近世以降になると、もっぱらある程度身分ある男性の、やや改まった場での文語的な用法という感じで使われ、近世後期には気どったり化したりする用法にもなった。これは明治初期まで引き継がれ、その後は、書生ことばなどで、ややおどけた口調の際などに用いられている。やつかり

書紀720皇極元年正月岩崎平安中期訓)「臣(ヤツカレ)予使に随ひて共に筑紫に到(まういたれ)り」

2 〔名〕 下働きの男。下男下僕。しもべ。〔二十巻本和名抄(934頃)〕


しも‐べ【下部・僕】

〔名〕

身分の低い者。また、従者

書紀720推古一六四月岩崎平安中期訓)「大唐使人(つかひ)、裴世清、下客(シモヘ)十二人」

雑事に使われる者。召使い

源氏100114頃)蓬生むつまし人々仰せ事給ひ、しもべどもなど、つかはして、よもぎはらはせ」

③ 官に仕え雑役に従った下役下級役人

今昔1120頃か)一六「只独り心細く行けるに、庁の下部(しもべ)と云ふ放免共に会ぬ」


や‐つ‐こ【臣・奴・僕・官奴】

1 〔名〕 (「家つ子」の意)

① 人に使われる身分の低い者。奴婢(ぬひ)。

(イ) 古代賤民のうち、最下級奴隷売買贈与譲渡対象となり、人格認められず、家族形成しない。令制では、官有公奴婢(くぬひ)と私有私奴婢大別される。やつこらま。つぶね。

万葉(8C後)七・一二七五住吉小田を刈らす子賤(やつこ)かも無き 奴(やつこ)あれど妹が御為私田刈る」

(ロ) (「やつご」とも) 身分の低い召し使い奴僕

天草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「カノ ノウニンニ ワガ yatçuconi(ヤツコニ) トエト イワルレバ」

仮名草子悔草(1647)中「恩なき主君のくせとして、声たかにいかりつかひて、やつごの飢をもしらず」

② 神、君、主人などに仕える者。従者忠実な家来臣下郎等

書紀720雄略二三八月前田本訓)「義(ことわり)においては君臣(ヤツコ)(〈別訓〉やつこらま)なり」

③ (「やつご」とも) 人などをののしっていう語。また、親しさこめたりふざけた気持故意用いたりすることも多い。やつ。

書紀720雄略一三九月前田本訓)「天皇因て嘖譲(せ)めて曰く何処(いつこ)にありし奴(ヤツコ)そ」

平家13C前)一「其家に乱入し、資材雑具追捕し、其奴(ヤツゴ)(高良ルビ)を搦とて」

④ ある事に執着して身心の自由を奪われることをたとえていう。

万葉(8C後)一二二九〇七「大夫(ますらを)の聰き心も今は無し恋の奴(やつこ)に吾れは死ぬべし」

(5)官奴) 「やつこ(官奴)のつかさ」の略。

2代名自称自分へりくだっていう男女ともに用いる。やつがれ

書紀720雄略即位前(前田本訓)「疋夫(いやしきひと)の志も、奪ふ可きこと難しといへるは、方に臣(ヤツコ)に属(あた)れり」

[語誌]「つ」は(一)①(ロ)の挙例天草本伊曾保」のつづりで明らかなように、中世までは直音であった。また、「こ」が連濁して「やつご」となった例の存在(①(ロ)の「悔草」など)も「つ」が促音でなかったことを裏付ける



読み方:ヤツガレ(yatsugare)

古代男子の非常にへりくだった表現


作者こかぶ

収載図書四百小説
出版社創英社
刊行年月2006.10


作者田中美景

収載図書ゆめしらべ
出版社新風舎
刊行年月2007.9


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/07 18:32 UTC 版)

(ぼく、しもべ、やつがれ)




「僕」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 11:41 UTC 版)

発音(?)

代名詞

  1. ボク
    1. 主に男性一人称基本的に若年使用する。大人使用した場合は、わたくしわたしよりくだけた表現となる。
    2. 小さな男児に対して呼びかけるときに使用する。通常、かな表記

      

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



僕と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「僕」の関連用語

僕のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



僕のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの僕 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS