名乗りとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 名乗り > 名乗りの意味・解説 

な‐のり【名乗り/名告り】

読み方:なのり

自分の名前をはっきりと言うこと。また、その名前。「互いに—をする」

武士戦場などで自分の氏名家柄身分などを声高に告げること。

公家武家男子元服するとき、幼名通称代えてつける名。牛若丸九郎に対する義経など。

能・狂言で、登場人物自分の身分氏名や、成り行き説明行動予定などを述べ部分

前に使う漢字の訓。「知」を「ちか」「とも」「はる」などと読む類。

商人売り物の名を呼んで歩きまわること。

大路近き所におぼとれたる声して、いかにとか聞き知らぬ—をして」〈源・東屋

「名乗り」に似た言葉

名乗り

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

名乗り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 05:27 UTC 版)

名乗り(なのり)とは、において武士が味方や敵に向かって自分の姓名身分家系などの素性、戦功、戦における自分の主張や正当性などを大声で告げること。武士の作法として、名乗りが行われている間に攻撃することは良しとされなかった。戦場では自分の勇名や戦功を喧伝するためなどに行われ、味方の士気を上げるためや相手方の士気を挫いたり挑発するためにも行なわれた。


  1. ^ 『八幡ノ蒙古記』を底本にして書かれたとされる『八幡愚童訓』の菊大路本では、一命限りの勝負が一人ずつの勝負になっているなど異なっており、味方同士ではなく敵に対して名乗って一騎討ちしようとした内容になっている。
  2. ^ 『スーパー戦隊の常識 ド派手に行くぜ!レジェンド戦隊篇』 双葉社、2012年4月22日。ISBN 978-4-575-30413-8 p164
  3. ^ 『25大スーパー戦隊シリーズ完全マテリアルブック』上巻、勁文社、2002年1月1日。ISBN 4-7669-3975-1 p12-13
  4. ^ 『スーパー戦隊 36LEGENDS』 日之出出版〈HINODE MOOK〉、2012年2月25日。ISBN 978-4-89198-862-3 p60


「名乗り」の続きの解説一覧

名乗り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 23:35 UTC 版)

SDガンダムフォースの登場勢力」の記事における「名乗り」の解説

武者頑駄無達が戦いを始め前に自身の信条・名前をあげる行為その際、頑玉から自身の名前(爆熱丸、騎馬王丸など)が実体として出てくる。移動させることもでき、元気丸の名乗りでは、騎を気と交換している。

※この「名乗り」の解説は、「SDガンダムフォースの登場勢力」の解説の一部です。
「名乗り」を含む「SDガンダムフォースの登場勢力」の記事については、「SDガンダムフォースの登場勢力」の概要を参照ください。


名乗り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 20:54 UTC 版)

時空機動隊」の記事における「名乗り」の解説

「鋼の悪を貫いて時空駆け青となる。蒼天、ケンシュー!」

※この「名乗り」の解説は、「時空機動隊」の解説の一部です。
「名乗り」を含む「時空機動隊」の記事については、「時空機動隊」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「名乗り」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「名乗り」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



名乗りと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

名乗りのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



名乗りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの名乗り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのSDガンダムフォースの登場勢力 (改訂履歴)、時空機動隊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS