氏名とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 氏名 > 氏名の意味・解説 

うじ‐な〔うぢ‐〕【氏名】

読み方:うじな

名字(みょうじ)。姓氏


し‐めい【氏名】

読み方:しめい

氏(うじ)と名(な)。姓名


氏名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/26 08:03 UTC 版)

氏名(しめい)は、人名を構成する氏と名である。現在、一般に「姓」や「名字(苗字)」と呼ばれているものの法律上における表現が「氏」である[1][2](ただし、歴史的にはそれぞれ意味を異にしている)。


  1. ^ a b 二宮周平 『家族と法』岩波書店〈岩波新書〉、2007年10月、21頁。 
  2. ^ a b c d e f g 遠藤浩; 原島重義; 広中俊雄; 川井健; 山本進一; 水本浩著 『民法〈8〉親族』(第4版増補補訂)有斐閣〈有斐閣双書〉、2004年5月、12頁。ISBN 4641112509 
  3. ^ a b c 我妻栄; 有泉亨; 遠藤浩; 川井健著 『民法3 親族法・相続法 』(第2)勁草書房、1999年7月、19頁。 
  4. ^ a b 村重慶一著 『精選 戸籍法判例解説』 日本加除出版〈レジストラー・ブックス〉、2007年10月、8-9頁
  5. ^ a b 青山道夫・有地亨編著 『新版 注釈民法〈21〉親族 1』 有斐閣〈有斐閣コンメンタール〉、1989年12月、346-347頁
  6. ^ a b c 我妻栄; 有泉亨; 遠藤浩; 川井健著 『民法3 親族法・相続法 』(第2)勁草書房、1999年7月、78頁。 
  7. ^ 青山道夫・有地亨編著 『新版 注釈民法〈21〉親族 1』 有斐閣〈有斐閣コンメンタール〉、1989年12月、347頁
  8. ^ a b c d e f 遠藤浩; 原島重義; 広中俊雄; 川井健; 山本進一; 水本浩著 『民法〈8〉親族』(第4版増補補訂)有斐閣〈有斐閣双書〉、2004年5月、13頁。ISBN 4641112509 
  9. ^ 高橋朋子・床谷文雄・棚村政行著 『民法 7 第3版』 有斐閣〈有斐閣アルマ〉、2011年12月、24頁
  10. ^ a b c d e f 二宮周平 『家族と法』岩波書店〈岩波新書〉、2007年10月、17頁。 
  11. ^ a b 遠藤浩; 原島重義; 広中俊雄; 川井健; 山本進一; 水本浩著 『民法〈8〉親族』(第4版増補補訂)有斐閣〈有斐閣双書〉、2004年5月、14頁。ISBN 4641112509 
  12. ^ 我妻栄; 有泉亨; 遠藤浩; 川井健著 『民法3 親族法・相続法 』(第2)勁草書房、1999年7月、79頁。 
  13. ^ 青山道夫・有地亨編著 『新版 注釈民法〈21〉親族 1』 有斐閣〈有斐閣コンメンタール〉、1989年12月、352頁
  14. ^ a b 我妻栄; 有泉亨; 遠藤浩; 川井健著 『民法3 親族法・相続法 』(第2)勁草書房、1999年7月、77頁。 
  15. ^ 青山道夫・有地亨編著 『新版 注釈民法〈21〉親族 1』 有斐閣〈有斐閣コンメンタール〉、1989年12月、348頁
  16. ^ 遠藤浩; 原島重義; 広中俊雄; 川井健; 山本進一; 水本浩著 『民法〈8〉親族』(第4版増補補訂)有斐閣〈有斐閣双書〉、2004年5月、15頁。ISBN 4641112509 
  17. ^ a b 高橋朋子・床谷文雄・棚村政行著 『民法 7 第3版』 有斐閣〈有斐閣アルマ〉、2011年12月、26-27頁
  18. ^ 高橋朋子・床谷文雄・棚村政行著 『民法 7 第3版』 有斐閣〈有斐閣アルマ〉、2011年12月、28頁
  19. ^ 我妻栄; 有泉亨; 遠藤浩; 川井健著 『民法3 親族法・相続法 』(第2)勁草書房、1999年7月、158頁。 
  20. ^ a b c 我妻栄; 有泉亨; 遠藤浩; 川井健著 『民法3 親族法・相続法 』(第2)勁草書房、1999年7月、21頁。 
  21. ^ 二宮周平 『家族と法』岩波書店〈岩波新書〉、2007年10月、7頁。 
  22. ^ 高橋朋子・床谷文雄・棚村政行著 『民法 7 第3版』 有斐閣〈有斐閣アルマ〉、2011年12月、29頁
  23. ^ a b c 遠藤浩; 原島重義; 広中俊雄; 川井健; 山本進一; 水本浩著 『民法〈8〉親族』(第4版増補補訂)有斐閣〈有斐閣双書〉、2004年5月、22頁。ISBN 4641112509 
  24. ^ 二宮周平 『家族と法』岩波書店〈岩波新書〉、2007年10月、22頁。 
  25. ^ a b 二宮周平 『家族と法』岩波書店〈岩波新書〉、2007年10月、32頁。 


「氏名」の続きの解説一覧

氏名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 00:55 UTC 版)

冨田勲 (薬学者)」の記事における「氏名」の解説

本名は「冨田」であり、2022年令和4年春の叙勲者名簿にもそのように記載されているが、「冨」は「富」の異体字のため「富田」と表記されることもあった。

※この「氏名」の解説は、「冨田勲 (薬学者)」の解説の一部です。
「氏名」を含む「冨田勲 (薬学者)」の記事については、「冨田勲 (薬学者)」の概要を参照ください。


氏名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 14:43 UTC 版)

又吉イエス」の記事における「氏名」の解説

本名は「又吉 光雄」であるが、政治活動時は片仮名表記で「マタヨシ 光雄」として立候補していた。その後、「又吉 イエス名義で立候補するようになった2003年発行した自著奥付によれば著者名は「唯一神又吉光雄・イエス・キリスト」と表記されており、振り仮名として「ゆいつしん またよしみつお・いえす・きりすと」と併記されていた。また、同書著作権表示英語表記は「The only God Mitsuo Matayoshi Jesus Christとなっていた。

※この「氏名」の解説は、「又吉イエス」の解説の一部です。
「氏名」を含む「又吉イエス」の記事については、「又吉イエス」の概要を参照ください。


氏名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 13:31 UTC 版)

並木」の記事における「氏名」の解説

日本の姓一つ

※この「氏名」の解説は、「並木」の解説の一部です。
「氏名」を含む「並木」の記事については、「並木」の概要を参照ください。


氏名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 16:43 UTC 版)

リ・チュニ」の記事における「氏名」の解説

1文字ずつ転写する日本語におけるハングル人名転写法では “リ・チュンヒ” と表記されることが多いが、朝鮮語読みではㅎが弱音化した上で連音化して “リ・チュニ” と発音されることが多い。漢字表記は「春姬」だが、漢字廃止し原則使用していない北朝鮮においては公的には名前の漢字表記を行わない。 その他、姓の」について、北朝鮮では “리《リ》” と、大韓民国韓国)では “이《イ》” と表記されるのが一般的だが、韓国でも北朝鮮表記通り “리” と掲載されることがあるまた、「姬」について、北朝鮮でも韓国でも本来 “희《ヒ》” が正し表記だが、北朝鮮では “히《ヒ》” と名付けることが稀に見られる。韓国マスコミでは元来綴りに従い “히” と表記している。

※この「氏名」の解説は、「リ・チュニ」の解説の一部です。
「氏名」を含む「リ・チュニ」の記事については、「リ・チュニ」の概要を参照ください。


氏名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/15 08:46 UTC 版)

ティモシー・ヒッチンズ」の記事における「氏名」の解説

本名は「Timothy Mark Hitchens」である。ただ、「Timothy」は「Tim」と略されることもある。政府デジタルサービスの公式ウェブサイトでも、ヒッチンズ紹介するページにおいて「Tim Hitchens」と記載している

※この「氏名」の解説は、「ティモシー・ヒッチンズ」の解説の一部です。
「氏名」を含む「ティモシー・ヒッチンズ」の記事については、「ティモシー・ヒッチンズ」の概要を参照ください。


氏名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 13:48 UTC 版)

上尾庄次郎」の記事における「氏名」の解説

自身の氏名をラテン文字転写して記す際には、「Shojiro Uyeo」と表記することが多かった

※この「氏名」の解説は、「上尾庄次郎」の解説の一部です。
「氏名」を含む「上尾庄次郎」の記事については、「上尾庄次郎」の概要を参照ください。


氏名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/26 22:12 UTC 版)

ウィリアム・エイモス」の記事における「氏名」の解説

庶民院ウェブサイトでは氏名を「William Amos」と表記しており議会図書館でも「William Amos」と表記している。名については、日本語では「ウィリアム」と表記されるが、略してウィル」と表記される場合もある。

※この「氏名」の解説は、「ウィリアム・エイモス」の解説の一部です。
「氏名」を含む「ウィリアム・エイモス」の記事については、「ウィリアム・エイモス」の概要を参照ください。


氏名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 02:53 UTC 版)

石川嘉延」の記事における「氏名」の解説

前の「嘉延」は「よしのぶ」と読むのが正式だが、音読みで「かえん」と呼ばれることがある石川出向した三重県庁当時勤務していた藤岡和美(のちに久居市市長などを歴任によれば周囲の者は親しみ込めて石川を「かえんさん」と呼んでいたとされる

※この「氏名」の解説は、「石川嘉延」の解説の一部です。
「氏名」を含む「石川嘉延」の記事については、「石川嘉延」の概要を参照ください。


氏名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 03:57 UTC 版)

ジェームス・ズムワルト」の記事における「氏名」の解説

氏名の英語表記は「James P. Zumwalt」である。日本語の場合、「Zumwalt class destroyer」を「ズムウォルト級ミサイル駆逐艦」と表記するなど、「Zumwalt」姓を「ズムウォルト」と表記することが多い。しかし、駐日大使館公式サイトでは、「Zumwalt」姓を「ズムワルト」と表記している。同様に内閣府公式サイトでも「ズムワルト」と表記している。また、駐中国大使館に経済担当公使参事官として勤務のときは、「祖志明」(ズ・ヂーミン)という中国語名前を付けたこともある。

※この「氏名」の解説は、「ジェームス・ズムワルト」の解説の一部です。
「氏名」を含む「ジェームス・ズムワルト」の記事については、「ジェームス・ズムワルト」の概要を参照ください。


氏名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/20 21:45 UTC 版)

小和田」の記事における「氏名」の解説

小和田氏(おわだし) - 日本の氏族遠江国越後国に多い氏族

※この「氏名」の解説は、「小和田」の解説の一部です。
「氏名」を含む「小和田」の記事については、「小和田」の概要を参照ください。


氏名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/10 20:43 UTC 版)

アブドゥッラー・アン=ヌスール」の記事における「氏名」の解説

アブドゥッラーアブドッラーアブドラとも書かれるヌスールナスールもしくは英語名の「Abdullah Ensour」(または「Abdalla Ensour」)に基づいてエンスールとも書かれる日本の外務省首相官邸などではアブドッラー・アル=ヌスールとされているが、ヌスール(نسور)の頭文字太陽文字の ن (ヌーン)であるためアルヌスールではなくアンヌスール」となる。「ヌスール」とはアラビア語ハゲワシ意味する語であり、定冠詞部分略してアブドッラー・ヌスールなどとも呼ばれる

※この「氏名」の解説は、「アブドゥッラー・アン=ヌスール」の解説の一部です。
「氏名」を含む「アブドゥッラー・アン=ヌスール」の記事については、「アブドゥッラー・アン=ヌスール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「氏名」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

氏名

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 12:10 UTC 版)

発音(?)

し↘めー
う↘じな

名詞

しめい / うじな)

  1. (しめい)うじ苗字名前
  2. (うじな)その家族家系を示す名。苗字

類義語

語義1)

語義2)

翻訳

語義1)

語義2)


「氏名」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



氏名と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「氏名」に関係したコラム

  • CFDのデモ口座が開設できる業者の一覧

    CFD業者では、デモトレード(デモ取引)ができるようにデモ口座を用意している場合があります。デモトレードは、実践の取引と同じような環境を体験できる無料のバーチャルシステムです。実践のトレードに臨む前に...

  • バイナリーオプションのデモ口座でデモトレードをするには

    バイナリーオプション業者では、デモトレード(デモ取引)ができるようにデモ口座を用意している場合があります。デモトレードは、実践の取引と同じような環境を体験できる無料のバーチャルシステムです。実践のトレ...

  • FXのデモ口座でデモトレードをするには

    FX業者では、デモトレード(デモ取引)ができるようにデモ口座を用意している場合があります。デモトレードは、実践の取引と同じような環境を体験できる無料のバーチャルシステムです。実践のトレードに臨む前にデ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「氏名」の関連用語

氏名のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



氏名のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの氏名 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの冨田勲 (薬学者) (改訂履歴)、又吉イエス (改訂履歴)、並木 (改訂履歴)、リ・チュニ (改訂履歴)、ティモシー・ヒッチンズ (改訂履歴)、上尾庄次郎 (改訂履歴)、ウィリアム・エイモス (改訂履歴)、石川嘉延 (改訂履歴)、ジェームス・ズムワルト (改訂履歴)、小和田 (改訂履歴)、アブドゥッラー・アン=ヌスール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの氏名 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS