市町村長とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 市町村長の意味・解説 

しちょうそん‐ちょう〔シチヤウソンチヤウ〕【市町村長】

読み方:しちょうそんちょう

市町村の長たる執行機関市町村統轄代表しその事務を管理執行する市町村住民直接公選によって選ばれ任期4年


市町村長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/30 02:38 UTC 版)

市町村長(しちょうそんちょう)とは、地方自治体である市・町・村の長であり、それぞれの長は市長町長村長と呼ばれる。市町村長はそれらの総称である。


  1. ^ 議会と違い、その市町村民でなくても被選挙権を行使することは可能(公職選挙法第10条第6号)。
  2. ^ 法的には、当該自治体が資本金の二分の一以上を出資している法人(地方自治法施行令第122条)とされる。
  3. ^ 例えば議会、行政委員会など
  4. ^ 地方自治法第177条第1項および同条第2項により、「非常の災害による応急若しくは復旧の施設のために必要な経費又は感染症予防のために必要な経費」を議会が削除し又は減額する議決をしたときは市町村長は理由を示してこれを再議に付さなければならず、再議に付してもなお議会が当該経費を削除し又は減額する議決をしたときは市町村長は地方自治法第177条第4項によりその議決を不信任の議決と見なすことができる。不信任の議決と見なす場合には市町村長は議会から予算の送付を受けてから10日以内に議会を解散する(全国都道府県議会議長会事務局内地方議会議員大事典編纂委員会『地方議会議員大事典』第一法規出版p280)。
  5. ^ つまり、市町村長が議会を解散できるのは議会から不信任の議決を受けた場合(地方自治法第178条)と不信任の議決を受けたと見なせる場合(地方自治法第177条第4項)に限られ、この要件を満たさない市町村長の議会解散権の行使は無効とされる(仙台高裁昭和23年10月25日判決(『地方議会議員大事典』p542))。
  6. ^ 下楠昌哉 編『イギリス文化入門』三修社2000年平成12年)、310頁
  7. ^ a b 岩崎正洋 編『民主主義の国際比較』一藝社、2000年(平成12年)、109頁
  8. ^ a b c d e f 岩崎正洋 編『民主主義の国際比較』一藝社、2000年(平成12年)、111頁
  9. ^ a b c d e f g 諸外国及び過去の日本の基礎自治体における執行機関と議決機関との関係 総務省、2022年1月14日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j k 澤田道夫「シティマネジャーシステムの機能的特質の研究-基礎自治体における「自治効率」の向上を求めて-」 熊本県立大学大学院、2022年1月14日閲覧。


「市町村長」の続きの解説一覧

市町村長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 03:42 UTC 版)

金沢大学の人物一覧」の記事における「市町村長」の解説

鈴木寿明 - 愛知県蒲郡市長 西原茂 - 元静岡県牧之原市長 富清 - 元京都市長旧制金沢医科大学附属医学専門部卒。 山出保 - 前金市長、前全国市長会会長町井正登 - 元京都府舞鶴市長。金沢高等工業学校卒。 多々見良三 - 京都府舞鶴市長。医学部卒。 永松博文 - 元豊後高田市長。法文学部卒。 谷畑英吾 - 滋賀県湖南市長。法学部卒。

※この「市町村長」の解説は、「金沢大学の人物一覧」の解説の一部です。
「市町村長」を含む「金沢大学の人物一覧」の記事については、「金沢大学の人物一覧」の概要を参照ください。


市町村長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 06:48 UTC 版)

兵庫県出身の人物一覧」の記事における「市町村長」の解説

石見利勝(第18姫路市長):姫路市 岡恒雄第15代高砂市長):高砂市 栗原一第2代たつの市長):たつの市 阪上善秀第15代宝塚市長。元衆議院議員):宝塚市 嶋田正義(元福崎町長):神崎郡福崎町 白井文第14代尼崎市長):尼崎市 谷洋一元村岡町長・農林水産大臣):美方郡村岡町(現・香美町渡海元三郎(元曽根町長・建設大臣自治大臣中川暢三(元加西市長):加西市 仲田一彦(第18三木市長):西脇市 永田秀次郎第8代第14代東京市長貴族院議員拓殖大学第4学長俳人):南あわじ市(旧三原郡久元喜造第16代神戸市長):神戸市兵庫区 平松邦夫(第18大阪市長):尼崎市 藤原昭(第22奈良市長):姫路市 蓬萊務(第6代小野市長):小野市 堀川和洋第17代姫路市長):姫路市 前田房之助(元大社村長・立憲民政党政調会長):西宮市 矢田立郎第15代神戸市長):神戸市灘区 薮本吉秀(第15-17代三木市長):三木市 山本実第3たつの市長):たつの市 石井登志郎第14代西宮市長):芦屋市 岡田康裕第17代加古川市長):神戸市垂水区

※この「市町村長」の解説は、「兵庫県出身の人物一覧」の解説の一部です。
「市町村長」を含む「兵庫県出身の人物一覧」の記事については、「兵庫県出身の人物一覧」の概要を参照ください。


市町村長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 17:22 UTC 版)

神戸大学の人物一覧」の記事における「市町村長」の解説

宮崎辰雄 - 第13代神戸市長。旧制姫路高校中退笹山幸俊 - 第14代神戸市長。神戸工専卒。 稲村和美 - 第16代尼崎市長。法学研究科修了梶正治 - 第3丸亀市長。元香川県議会議員経済学部卒。 伊藤舞 - 芦屋市長嶋田正義 - 福崎町長。 山崎晴恵 - 宝塚市長、弁護士西田正則 - 元たつの市長、元龍野市教育長滝澤義夫 - 元倉市長、元全国市長会副会長水島機工創業者元社長

※この「市町村長」の解説は、「神戸大学の人物一覧」の解説の一部です。
「市町村長」を含む「神戸大学の人物一覧」の記事については、「神戸大学の人物一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「市町村長」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「市町村長」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



市町村長と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「市町村長」の関連用語

市町村長のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



市町村長のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの市町村長 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの金沢大学の人物一覧 (改訂履歴)、兵庫県出身の人物一覧 (改訂履歴)、神戸大学の人物一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS