裁判官とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 身分 > > 裁判官の意味・解説 

さいばん‐かん〔‐クワン〕【裁判官】


裁判官

読み方サイバンカン

概要解説 裁判官の仕事は、全国ある裁判所において、裁判行い判決を下すことです。裁判官は国家公務員であり、司法権の独立を守るために、公の弾劾あるいは国民審査などによる場合のほかは、非常にしっかりした身分保障与えられているのが特徴で、退官後は弁護士として活躍する道も開けてます。裁判所には、最高裁判所高等裁判所地方裁判所家庭裁判所簡易裁判所あります必要な能力資格など 裁判官になるためには、「司法試験に合しなければなりません。さらに、合格者1年6ヶ月司法修習行い卒業試験に合格して初め有資格者となることができます司法修習終え、裁判官を志望した者は「判事補」の道へと進むことになります10年過ぎると再任され、一般に判事補」から「判事」に任命されます。 関連する職業

裁判官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/19 00:03 UTC 版)

裁判官(さいばんかん)とは、司法権を行使して裁判を行う官職にある者をいう。


注釈

  1. ^ 例えば、アイヌ民族では「ちゃらんけ」と呼ばれたが、徹底した討論によって問題解決を目指すという文化を持つ集団もあり、この場合は、「仲裁者」という役割は存在しなかった。
  2. ^ 5年以上10年未満の裁判官経験者又は10年以上20年未満の法律専門家経験者(検察官、弁護士、簡易裁判所判事、大学法学部教授、大学法学部准教授)であっても、判事補、裁判所調査官、最高裁判所事務総長、裁判所事務官、司法研修所教官、裁判所職員総合研修所教官、法務事務次官、法務事務官又は法務教官の職に在ったときは、その在職についても法律専門家(検察官、弁護士、簡易裁判所判事、大学法学部教授、大学法学部准教授)の在職とみなして在職日数を計算することができる。簡易裁判所判事、検察官、弁護士及び判事補、裁判所調査官、最高裁判所事務総長、裁判所事務官、司法研修所教官、裁判所職員総合研修所教官、法務事務次官、法務事務官又は法務教官の職に在った年数は、司法修習生の修習を終えた後の年数に限り、これを当該職に在った年数とする。3年以上大学の法律学の教授又は准教授の職に在った者が簡易裁判所判事、検察官又は弁護士の職に就いた場合においては、その簡易裁判所判事、検察官又は弁護士の職に在った年数については適用しない。
  3. ^ 沖縄の復帰に伴う法務省関係法令の適用の特別措置等に関する政令第1条により、沖縄の法令の規定により禁錮以上の刑に処せられた者も対象。刑法第34条の2により、刑期満了後に罰金以上の刑に処せられないで10年を経過した時は、欠格事由の対象外となる。
  4. ^ 但し、退官した裁判官が、かつて自身が担当していた事件の記録を公開したケースは存在する[48]
  5. ^ 尤も、かつては、世間の注目を集めた事件などで、裁判官が判決後に記者会見に応じることがあった[49]

出典

  1. ^ 太田, 松村 & 岡本 (2000), p.p. 40 - 41.
  2. ^ What Does It Take to Be a Judge? Job Description and Career Profile”. thebalance.com. 2017年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月18日閲覧。
  3. ^ “Judicial Compensation” (英語). United States Courts. http://www.uscourts.gov/judges-judgeships/judicial-compensation 2018年8月20日閲覧。 
  4. ^ ドイツにおける裁判官任用制度の概要 (PDF)”. 裁判官の人事評価の在り方に関する研究会. 最高裁判所 (2001年10月23日). 2017年11月5日閲覧。 ※ 現在はインターネットアーカイブ内に残存
  5. ^ ドイツ(州レベル)における裁判官の人事制度 (PDF)”. 裁判官の人事評価の在り方に関する研究会. 最高裁判所 (2001年10月23日). 2017年11月5日閲覧。 ※ 現在はインターネットアーカイブ内に残存
  6. ^ 福田剛久 (2001年10月23日). “ドイツの裁判官制度の実情について”. 裁判官の人事評価の在り方に関する研究会. 最高裁判所. 2017年11月5日閲覧。 ※ 現在はインターネットアーカイブ内に残存
  7. ^ 下級裁判所裁判官指名諮問委員会(裁判所) - 裁判所(最高裁判所)Webサイトより《2017年11月5日閲覧;現在はインターネットアーカイブ内に残存》
  8. ^ 兼子一 『裁判法』竹下守夫共著(第3版)、有斐閣法律学全集〉、1994年3月、224頁。ISBN 978-4641007345全国書誌番号:94039486 
  9. ^ 岩瀬達哉 2020, p. 3.
  10. ^ 裁判所における手続の迅速化に関する意見募集の結果概要- 首相官邸・司法制度改革推進本部、2003年。
  11. ^ 平成30年11月30日改正 裁判官の報酬等に関する法律官報
  12. ^ 山形道文『われ判事の職にあり』(文藝春秋)昭和57年、31頁
  13. ^ 裁判官給与初めて減額へ 最高裁、合憲と容認 - 共同通信47NEWS)・ 2002年9月4日付け《2017年11月5日閲覧;現在はインターネットアーカイブ内に残存》
  14. ^ 第183回国会 法務委員会 第4号 (階委員の質問に対する谷垣大臣の答弁)”. 2018年11月30日閲覧。
  15. ^ Transparency International, GLOBAL CORRUPTION REPORT 2007: CORRUPTION AND JUDICIAL SYSTEMS、2007年(アーカイブ)。51頁「According to the Japanese Federation of Bar Associations, high salaries are guaranteed by the constitution and ‘judges feel little motivation to become engaged in corrupt activities that would put them at risk of losing this amount of income'. But high judicial salaries can have a contrary and unwelcome effect.」
  16. ^ 懲戒処分の公表指針 - 最高裁判所
  17. ^ 平成10(分ク)1号裁判官分限事件の決定に対する即時抗告事件、平成10年12月1日判決 - 最高裁判所
  18. ^ 裁判官の分限事件手続規則 (PDF) - 最高裁判所規則
  19. ^ 朝日新聞 1986年02月20日
  20. ^ 各種資料、統計集 訴追委員会
  21. ^ 牧野 2012, pp. 127–131.
  22. ^ 牧野 2010a, p. 1
  23. ^ a b 牧野 2010a, p. 2
  24. ^ a b 牧野 2010a, p. 3
  25. ^ 牧野 2012, p. 133.
  26. ^ 牧野 2010a, p. 5
  27. ^ 牧野 2012, p. 131.
  28. ^ 牧野 2010a, p. 4
  29. ^ 牧野 2012, pp. 133–140.
  30. ^ 牧野 2010b, p. 1
  31. ^ a b 牧野 2010b, p. 2
  32. ^ a b 牧野 2010b, p. 5
  33. ^ 牧野 2010b, p. 6
  34. ^ 牧野 2012, pp. 128–131.
  35. ^ 牧野 2012, pp. 137–139.
  36. ^ 牧野 2010b, p. 3
  37. ^ 牧野 2010b, p. 4
  38. ^ 『日本の有罪率はどうしてこれほど高いのか?』(仮)(英語)、J.M.ラムジヤー、2001年 - Social Science Research Network
  39. ^ 安倍晴彦 『犬になれなかった裁判官―司法官僚統制に抗して36年』NHK出版、2001年5月。ISBN 978-4140806098全国書誌番号:20178487 ”など
  40. ^ “榎井村再審請求事件裁判官忌避申立却下に対する特別抗告棄却決定について” (プレスリリース), 日本弁護士連合会, (1992年4月30日), https://web.archive.org/web/20060110170919/http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/statement/1992_5.html 2009年10月16日閲覧。  ※ 現在はインターネットアーカイブ内に残存
  41. ^ 秋山賢三 『裁判官はなぜ誤るのか』岩波書店岩波新書〉、2002年10月18日。ISBN 978-4004308096全国書誌番号:20342299 
  42. ^ 「枕営業は不貞とはいえない」の迷裁判官!法廷でも仰天発言「ソープランドと同じ。請求なんてできない」 - J-CASTニュース、2015年6月5日
  43. ^ “第193回国会 衆議院 法務委員会 第21号 平成29年6月7日” (PDF). 21. 第193回国会. 衆議院事務局. (2017-06-27). p. 34. https://kokkai.ndl.go.jp/#/detailPDF?minId=119305206X02120170607&page=1&spkNum=0&current=-1. "HTML版→当該ページ後半掲載の「池内委員」答弁の後半部分”きょうお配りの配付資料を・・・・・・つまり、深刻なジェンダーバイアスがあるのではないか。これは最高裁と刑事局長にお聞きします。”など" 
  44. ^ a b 司法制度改革審議会 集中審議第3日 議事概要”. 司法制度改革審議会. 首相官邸 (2000年8月9日). 2009年10月16日閲覧。
  45. ^ 『裁判官がおかしい』という週刊新潮の短期集中連載記事及び『裁判官はなぜ誤るのか』(岩波新書)を読んで (PDF)”. みのる法律事務所便り「的外(まとはずれ)」第151号. みのる法律事務所 (2002年11月). 2017年11月4日閲覧。
  46. ^ 「常識」の通じない裁判はなぜ続くのか”. ブログ「夏炉冬扇の記」. 門田隆将オフィシャルサイト(kadotaryusho.com) (2013年6月7日). 2017年11月4日閲覧。
  47. ^ 杉浦太一 (2009年2月9日). “特集vol.39 森達也(作家・映画監督)インタビュー/ぼくらが人を殺すかもしれないというリスク”. CINRA.NET. CINRA. p. 2. 2017年11月5日閲覧。 “全3頁構成(→p.1p.3)” ※ 現在はインターネットアーカイブ内に残存
  48. ^ 酒鬼薔薇の報道についてBLOGOS、2015年4月11日)
  49. ^ 1967年3月29日付朝日新聞東京夕刊11面、恵庭事件での裁判官の会見の様子を伝える記事
  50. ^ “なぜ裁判官は裁判員みたいに記者会見しないの?=回答・北村和巳”. 毎日新聞. (2009年10月3日). https://web.archive.org/web/20091004053324/http://mainichi.jp/select/wadai/naruhodori/news/20091003ddm003070079000c.html 2017年11月5日閲覧。  ※ 現在はインターネットアーカイブ内に残存
  51. ^ 黒木亮 (2007年12月14日). “日本の裁判官がおかしい”. 日経ビジネスオンライン. 日経BP社. 2009年10月16日閲覧。



裁判官

出典:『Wiktionary』 (2021/06/19 12:44 UTC 版)

名詞

   (さいばんかん)

  1. 裁判権行使し、裁判事務を行う国家公務員

翻訳


「裁判官」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



裁判官と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「裁判官」の関連用語

裁判官のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



裁判官のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
総務省総務省
Copyright(c)2022 総務省 統計局 All rights reserved
政府統計の総合窓口(e-Stat)
職業図鑑職業図鑑
All contents Copyright(C)2022 Foundation.,All rights reserved.
A six Japan職業図鑑
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの裁判官 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの裁判官 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS