左遷とは? わかりやすく解説

さ‐せん【左遷】

読み方:させん

[名](スル)《昔、中国で、右を尊び左を卑しんだところから》低い地位官職におとすこと。左降。「閑職に―される」


左遷

作者高石きづた

収載図書ハイテク坊や
出版社近代文芸社
刊行年月1993.7

収載図書ハイテク坊や
出版社文芸社
刊行年月2007.10


左遷

読み方:させん

  1. 中央の官庁から地方官庁へまはされることをいふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

転勤

(左遷 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/13 03:40 UTC 版)

転勤(てんきん)とは、官公庁または企業における配置転換(人事異動)のうち、勤務地(所属事業所)の変更を伴うものをいう。配置転換のうち、同一事業所内での所属部署の変更である配置換えとは区別される。また勤務地の変更であっても短期間のもの(出張、応援等)は配置転換とは呼ばれない[1]


注釈

  1. ^ a b ここでは沖縄本島を含める。
  2. ^ (転勤が労働者の望まないものであり、また転勤を命じた会社の責任として)一部の企業で引越料金の全額を立て替えることもありえるが、引越料金の負担と義務が法的に明文化されていないため、全ての企業で「引越料金の全額負担」が実施できない。

出典

  1. ^ a b 菅野和夫著『雇用社会の法』有斐閣、1996年。p.100
  2. ^ 『労働市場改革の経済学-正社員保護主義の終わり-』(八代尚宏2009年平成21年))
  3. ^ a b c Eriksson, Tor, and Jaime Ortega. "The Adoption of Job Rotation: Testing the Theories". Industrial and Labor Relations Review 59.4 (2006): 653–666. Web...
  4. ^ a b c Arya, Anil, and Brian Mittendorf. "Using Optional Job Rotation Programs to Gauge On-the-job Learning". Journal of Institutional and Theoretical Economics (JITE) / Zeitschrift für die gesamte Staatswissenschaft 162.3 (2006): 505–515. https://www.jstor.org
  5. ^ McGuire, John H.. “Productivity Gains Through Job Reorganization and Rotation”. Journal (American Water Works Association) 73.12 (1981): 622–623. Web...
  6. ^ Bengt Johnson, “Electromyographic Studies of Job Rotation,” Scandinavian Journal of Work, Environment & Health Vol 14 (May 1988):108-109. https://www.jstor.org/stable/40958847
  7. ^ 「配置転換」に関する具体的な裁判例の骨子と基本的な方向性”. 厚生労働省. 2021年(令和3年)2月21日閲覧。 (日本語)
  8. ^ 北海道コカ・コーラボトリング事件”. 公益社団法人 全国労働基準関係団体連合会. 2021年(令和3年)2月21日閲覧。 (日本語)
  9. ^ 菅野和夫著『雇用社会の法』有斐閣、1996年。p.104
  10. ^ 裁判官の人事評価の現状と関連する裁判官人事の概況
  11. ^ a b Weber, Lauren; Kwoh, Leslie (2012年2月21日). “Co-Workers Change Places”. Wall Street Journal. ISSN 0099-9660. https://www.wsj.com/articles/SB10001424052970204059804577229123891255472 2016年4月28日閲覧。 
  12. ^ Career Development & Internal Mobility, Solved | InnerMobility” (英語). 2019年4月17日閲覧。


「転勤」の続きの解説一覧

左遷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 23:05 UTC 版)

石原莞爾」の記事における「左遷」の解説

1930年代後半から、関東軍主導する形で華北内蒙古国民政府から独立させて勢力圏下とする工作活発化すると、対ソ戦に備えた満州での軍拡目していた石原は、中国戦線大量の人員物資割かれることは看過しがたく不拡大方針立てた1936年昭和11年)、関東軍進めていた内蒙古分離独立工作いわゆる内蒙工作」)に対し中央の統制服するよう説得出かけた時には現地参謀であった武藤章が「石原閣下満州事変当時にされた行動を見習っている」と反論し同席の若手参謀らも哄笑石原絶句したという。 1937年昭和12年)の支那事変日中戦争開始時には参謀本部第一部長(作戦であったが、ここでも作戦課長武藤などは強硬路線主張不拡大参謀本部をまとめることはできなかった。石原無策のままでは早期和平方針達成できない判断し最後の切り札として近首相に北支日本軍山海関の線まで撤退して不戦の意を示し近衛首相自ら南京飛び蒋介石直接会見して日支提携大芝居を打つ。これには石原自ら随行する」と進言したものの、近衛風見章内閣書記官長拒絶された。戦線泥沼化することを予見して不拡大方針唱えトラウトマン工作にも関与したが、当時関東軍参謀長東條英機陸軍中枢対立し9月参謀本部機構改革では参謀本部から関東軍参謀副長として左遷された

※この「左遷」の解説は、「石原莞爾」の解説の一部です。
「左遷」を含む「石原莞爾」の記事については、「石原莞爾」の概要を参照ください。


左遷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/25 14:41 UTC 版)

李勣」の記事における「左遷」の解説

しかし太宗晩年になると李勣の才を恐れ皇太子李治高宗に対して李勣忠誠を誓うか否か心配になり、ある策謀行った。それは李勣畳州都督へと左遷することであった太宗李治に対して「もし李勣左遷されて、任地行くこと渋るようであれば即座に殺せ。もし任地へと素直に赴くようであれば、お前が即位した後に中央に呼び戻してやれ。左遷者を登用する事は大恩であり、それにより恩に感じて前に対して忠誠尽くしてくれるだろう」と言い残して死去した李勣太宗思惑察知していたので、この詔勅出た後に家にも帰らずその足で任地へと赴いた李治即位して高宗になるとすぐに李勣呼び戻され中書門下三品とされ、一躍朝廷重鎮のひとりとなる。

※この「左遷」の解説は、「李勣」の解説の一部です。
「左遷」を含む「李勣」の記事については、「李勣」の概要を参照ください。


左遷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/04 19:01 UTC 版)

レオデガル (オータン司教)」の記事における「左遷」の解説

レオデガルは宮廷とどまり若い王補佐した。しかし673年675年聖人伝によればキルデリク2世といとことの結婚反対したためレオデガルもリュクスイユ=レ=バン送られた。 彼はアウストラシア貴族影響下収めており、政敵にとっては極めて危険人物として陰謀対象となったのである673年キルデリク2世不満分子暗殺されると、テウデリク3世ネウストリア王に即位し、レウデシウスが宮宰となった。この混乱の中リュクスイユ=レ=バンでは、ライバルであるエブロインとレオデガルが相手先んじて宮廷舞い戻ろうと競っていた。間もなくエブロイン陰謀によりレウデシウスの暗殺成功し宮宰返り咲いたが、相変わらずレオデガルは彼にとって最大の政敵であった

※この「左遷」の解説は、「レオデガル (オータン司教)」の解説の一部です。
「左遷」を含む「レオデガル (オータン司教)」の記事については、「レオデガル (オータン司教)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「左遷」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「左遷」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「左遷」の関連用語

左遷のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



左遷のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2023 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの転勤 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの石原莞爾 (改訂履歴)、李勣 (改訂履歴)、レオデガル (オータン司教) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS