ハイテクとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > ハイテク > ハイテクの意味・解説 

ハイ‐テク【high-tech】

読み方:はいてく

ハイテクノロジー」の略。「—機器」「—産業

「ハイ‐テク」に似た言葉

ハイテク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/12 09:57 UTC 版)

ハイテク(: high tech)は、ハイ・テクノロジー: high technology)の略で、先端分野のテクノロジーを指し、主にエレクトロニクス情報処理に関連するテクノロジーを指す。漢字表記にする場合は先端技術とすることが多い。対義語はローテク




「ハイテク」の続きの解説一覧

ハイテク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 02:07 UTC 版)

アーキビスト」の記事における「ハイテク」の解説

日本の現状ではアーキビスト職の確立第一目標であるが、ハイテク知識を持つアーキビスト養成急がれる。オンライン閲覧できるデジタル・アーカイブス公開電子メール電子ファイルといった電磁的記録保存莫大な資料デジタル圧縮保存などアーカイブズ世界でコンピューター化が進む一方である。実際にデジタル移行を行うのは技術者作業者であるが、アーキビストコンピュータ知識なくして閲覧方法指導デジタル処理指示を行うことはできない。 また媒体劣化にともなう資料修復保管に関する化学的物理的な基礎知識必要とされる日本の古文書色あせ虫害少な和紙であり、洋紙の中で劣化が特に激しいサルファイト・パルプ製造導入遅れたという二つ幸運に恵まれ欧米に比べ劣化資料が少ない。しかし江戸時代後期から絵草紙などに用いられ虫喰いにあう劣悪和紙物資少な太平洋戦争直後粗悪な仙花紙その後1980年代中性紙開発されるまで使われていた酸性紙など、今後資料保存していく上で資料劣化問題避けては通れない痛んだ部分修復する技術や、劣化著し資料マイクロフィルム化や光ディスクへのデジタル化に関する知識、更に永続性あり物理的劣化少なくより記録密度の高い媒体開発最先端情報持ち資料閲覧者利用方法とのバランス考えて修復媒体変換提案を出すのもアーキビスト役目である。

※この「ハイテク」の解説は、「アーキビスト」の解説の一部です。
「ハイテク」を含む「アーキビスト」の記事については、「アーキビスト」の概要を参照ください。


ハイテク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/06 00:38 UTC 版)

ファミコンCAP」の記事における「ハイテク」の解説

七三分け眼鏡白衣という博士タイプ人物4人組知識担当ゲーム内情報詳しくキャップ特訓法を考案したりもする。

※この「ハイテク」の解説は、「ファミコンCAP」の解説の一部です。
「ハイテク」を含む「ファミコンCAP」の記事については、「ファミコンCAP」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ハイテク」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ハイテク」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ハイテクと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ハイテク」に関係したコラム

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ハイテクのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ハイテクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハイテク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアーキビスト (改訂履歴)、ファミコンCAP (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのハイテク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS