情報処理とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 情報処理の意味・解説 

じょうほう‐しょり〔ジヤウホウ‐〕【情報処理】

与えられた情報から目的に添った情報導き出すこと。

コンピューター使用して行う処理一般のこと。


情報処理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/04 16:41 UTC 版)

情報処理(じょうほうしょり、: information processing)は、元の「情報」から、計算により加工・抽出などをおこない、別の形の情報を得る手続き(処理(プロセス))である。利用・活用が可能な付加価値を目的とすることが多いが、定義としてはそれが目的でなくてもいっこうにかまわない。日本語としては、情報処理学会設立前夜の頃、IFIP設立など国際的に意識が高まりつつあったInformation Processingの(直)訳として使われ始めた語である[1]


  1. ^ (PDF)情報処理学会50年誌 第1編 1章 1.1 より
  2. ^ 機械式計算機と区別して「電子式計算機」を「コンピュータ」とする流儀が過去の一時期にあり、そのため機械式アナログ計算機に対して電子式アナログ計算機を「アナログコンピュータ」としたことがあった。いずれにしてもアナクロな用語法である。ICが発達した以降は単にオペアンプと呼ばれ近年ではブラックボックス的に扱われることも多いが、真空管時代には設計も製造も使用法も大変な装置であった。
  3. ^ http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51292634.html


「情報処理」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「情報処理」の関連用語

情報処理のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



情報処理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの情報処理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS