プロダクトとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 生産 > プロダクトの意味・解説 

プロダクト

英語:product

金融業界の中でも主に投資銀行業において、個別案件実際に推し進めていく担当者あるいはその業務を意味する語。担当する正確な業務合わせてM&A引受といった複数部署分かれていることが多い。一般的に顧客との話し合い案件をとってくる担当者である「カバレッジと共に案件を進める。

プロダクト

別名:プロダクツ
英語:product

プロダクト(英: product)とは、マーケティングの用語で、製品を指す語である。その製品によりもたらされる便益強く意識させる言い方である。広義では、製品付随するサービスをも含める。「プロダクツ」ともいう。

「プロダクト」は、英語のproduct由来する言葉である。productは、生産すること、創作することなどを意味する動詞produce名詞形で、製品成果などを意味する。

プロダクトは、マーケティング戦略重視すべきとされる4P、すなわち製品product)、価格price)、流通place)、販売促進promotion)のうちの1つである。顧客のプロダクトの選択行動モデル化する際の考え方である属性アプローチでは、プロダクトは顧客ニーズ満たす属性個別機能仕様価格など)の束であると捉えられ、属性を軸にとった属性空間にプロダクトを配するプロダクトポジショニングに基づいてマーケティング戦略立案される。

プロダクトの用例


執筆稲川


プロダクト

【英】product

9Pのひとつ。マーケティング用語としては、どのような製品商品販売するかの方針立てることを意味する。個別製品商品あるいはサービス、または製品商品ラインについて方向性検討し、製品商品あるいはサービス企画開発を進めること。

プロダクト

【英】product

9Pのひとつ。マーケティング用語としては、どのような製品商品販売するかの方針立てることを意味する。個別製品商品あるいはサービス、または製品商品ラインについて方向性検討し、製品商品あるいはサービス企画開発を進めること。

プロダクト

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 22:43 UTC 版)

名詞

  1. 生産生産品。

語源

関連語




プロダクトと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プロダクト」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||




6
生成物 国語辞典
74% |||||

7
産品 国語辞典
74% |||||

8
産物 国語辞典
74% |||||

9
製品 国語辞典
74% |||||


プロダクトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



プロダクトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2020by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2020by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2020 横浜美術学院 AllRights Reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのプロダクト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS