プロダクトとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 生産 > プロダクトの意味・解説 

プロダクト

別名:プロダクツ
英語:product

プロダクト(英: product)とは、マーケティングの用語で、製品を指す語である。その製品によりもたらされる便益強く意識させる言い方である。広義では、製品に付随するサービスをも含める。「プロダクツ」ともいう。

「プロダクト」は、英語のproduct由来する言葉である。productは、生産すること、創作することなどを意味する動詞produce名詞形で、製品成果などを意味する

プロダクトは、マーケティング戦略重視すべきとされる4P、すなわち製品product)、価格price)、流通place)、販売促進promotion)のうちの1つである。顧客のプロダクトの選択行動モデル化する際考え方である属性アプローチでは、プロダクトは顧客ニーズ満たす属性個別機能仕様価格など)の束であると捉えられ属性を軸にとった属性空間にプロダクトを配するプロダクトポジショニングに基づいてマーケティング戦略立案される。

プロダクトの用例


執筆稲川智樹


プロダクト【product】

読み方:ぷろだくと

生産また、生産品

「プロダクト」に似た言葉

プロダクト


プロダクト


製品

(プロダクト から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/20 06:11 UTC 版)

製品(せいひん、プロダクト: product)とは、主に工業において原材料を加工した後の完成品のこと。




「製品」の続きの解説一覧

プロダクト (product)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/06 22:33 UTC 版)

Microsoft Windows Installer」の記事における「プロダクト (product)」の解説

単独で動作する一つプログラム(または、プログラム集合)をプロダクトと呼ぶ。たとえば、Microsoft Officeなどの単一プロダクトがWindows Installerのプロダクトとなる。プロダクトも全世界一意識別子であるGUIDProductCodeプロパティ)で識別される。プロダクトとパッケージとは別の単位で、一つMSIパッケージ複数のプロダクトをインストールすることが可能である。たとえば、あるプログラムフランス語版英語版とを一つMSIインストールできるようにする場合各言語版プログラム別々のプロダクトとなる。

※この「プロダクト (product)」の解説は、「Microsoft Windows Installer」の解説の一部です。
「プロダクト (product)」を含む「Microsoft Windows Installer」の記事については、「Microsoft Windows Installer」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「プロダクト」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

プロダクト

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 06:43 UTC 版)

語源

名詞

プロダクト

  1. 生産生産品

関連語


「プロダクト」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



プロダクトと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

プロダクトのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プロダクトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2022 横浜美術学院 AllRights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの製品 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのMicrosoft Windows Installer (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのプロダクト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS