プロパティとは? わかりやすく解説

プロパティ

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

プロパティ

読み方ぷろぱてぃ
【英】: property

英米法において財産資産あるいは財産権などと訳される広範な法的意味をもつ用語。
これには有体物である不動産動産にかかる有体財産(corporeal property)と、特許権著作権・商標権などの無体物のほかリースとか地役権とかを含む無体財産権(incorporeal property)が含まれる土地に関する不動産権については古くから法理論展開されてきた。かつ、実体的に有体物対象としているという意味real property とか real estate といわれるが、コモン・ローでは埋蔵鉱物土地一部してみなされ、かつその採掘権土地から独立した不動産権対象なり得るとされているしたがって、このことに立脚して取り引きされ譲渡される埋蔵鉱物mineral rights)や石油・ガスリースもプロパティとして取り扱われる。現在も鉱物採掘権に関してコモン・ロー法理適用されている国は米国とカナダである。米国連邦所得税法において石油・ガス採掘に関する所得税課税所得算定方法も独特かつ複雑であり、またディプリーション・アローワンス(減耗控除という所控除適用されるが、その対象は「プロパティからの総所得となっている。1964 年改正歳入法ではその定義は「当該納税者独立土地区割ないし土地部分ごとに有する操業鉱物権益(operating mineral interest)すべてを一つのプロパティとして取り扱う」としている。操業鉱物権益ワーキング・インタレスト税法用語であるが、さらに米国歳入庁規則では、「納税者投資によって埋蔵鉱物なんらかの権益取得した場合」と規定しており、石油・ガスに関する連邦所得税法上のプロパティの概念は、不動産法におけるよりも柔軟かつ広範になっている、とみることができる。

プロパティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/28 09:56 UTC 版)

プロパティ: property)は物体の特性・特質を意味する言葉である。


  1. ^ マーチン・ファウラー『UML モデリングのエッセンス 第3版』翔泳社、2005年。ISBN 978-4798107950


「プロパティ」の続きの解説一覧

プロパティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/19 07:37 UTC 版)

スタイルシート」の記事における「プロパティ」の解説

スタイルシート言語には、要素を表示する際の変化与えプロパティの概念が備わっている上記の例ではCSSfont-size プロパティが使われている。一般的なスタイルシート言語には約50のプロパティがある。

※この「プロパティ」の解説は、「スタイルシート」の解説の一部です。
「プロパティ」を含む「スタイルシート」の記事については、「スタイルシート」の概要を参照ください。


プロパティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 13:44 UTC 版)

キーワード (C Sharp)」の記事における「プロパティ」の解説

C#では専用構文でプロパティ宣言を行う。 Delphi (Object Pascal) ではpropertyキーワードを利用する VB.NETではPropertyキーワードを利用する

※この「プロパティ」の解説は、「キーワード (C Sharp)」の解説の一部です。
「プロパティ」を含む「キーワード (C Sharp)」の記事については、「キーワード (C Sharp)」の概要を参照ください。


プロパティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/07 07:21 UTC 版)

デトネーションナノダイヤモンド」の記事における「プロパティ」の解説

デトネーション後のダイアモンド収量は、合成条件、特にデトネーションチャンバー内の冷却媒体空気CO 2など)の熱容量大きく依存します冷却能力が高いほど、ダイヤモンド収率高くなり、90%に達す可能性あります合成後はダイヤモンド強酸溶けない事を利用して中で長時間(約1〜2日沸騰させる高温高圧装置オートクレーブ)を使用してススからダイヤモンド抽出します。沸騰により、チャンバー材料に起因するほとんどの金属汚染と非ダイヤモンドカーボンが除去されます。 X線回折高分解能透過型電子顕微鏡法を含むさまざまな測定により、すす中のダイヤモンド粒子サイズ直径5 nm分布していることが明らかになりました粒子凝集に関して不安定であり自発的にマイクロメートルサイズのクラスター形成します上のを参照)。接着力強く数個ナノ粒子間の接触により、基板に付着したマイクロメートルサイズのクラスター保持できます。 ナノサイズのダイヤモンドは相対表面積が非常に大きくなっていますその結果、その表面自然に周囲の大気から炭化水素分子付着させます。 ただし、適切な取り扱いを行うことで、きれいなナノダイヤモンド表面を得ることができますデトネーションナノダイヤモンドは、ほとんどがダイヤモンド立方格子持ち構造的に不完全です。高分解能透過型電子顕微鏡示唆されているように、主な欠陥双晶です。 ダイヤモンド合成の炭素源であるTNT / RDX爆発性混合物窒素豊富ですが、ダイヤモンド粒子内の常磁性窒素濃度100万分の1(ppm未満です。 常磁性窒素ダイヤモンド格子炭素置換する中性窒素原子)は、ダイヤモンド窒素主要な形態あるためデトネーションナノダイヤモンド窒素含有量はおそらく非常に低いです

※この「プロパティ」の解説は、「デトネーションナノダイヤモンド」の解説の一部です。
「プロパティ」を含む「デトネーションナノダイヤモンド」の記事については、「デトネーションナノダイヤモンド」の概要を参照ください。


プロパティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/19 17:13 UTC 版)

X Window System コアプロトコル」の記事における「プロパティ」の解説

ウィンドウには、事前定義され属性群とプロパティ群があり、サーバ全て格納されクライアントからは適当な要求アクセスできる。属性ウィンドウに関するデータであり、サイズ位置背景色などがある。プロパティはウィンドウアタッチされた任意のデータである。属性とは対照的に、プロパティはXコアプロトコルレベルでは何の意味もないクライアントウィンドウのプロパティとして任意のデータを格納できる。 プロパティには、名前、データ型、値がある。プロパティは命令型プログラミングにおける変数に似ていて、クライアントが名前とデータ型指定して生成でき、任意のを格納できる。プロパティはウィンドウ対応しているため、同じプロパティ名を複数ウィンドウそれぞれで使いそれぞれ異なる型の異なる値を格納できる。 プロパティの名前、データ型、値は全て文字列である。より正確に言えば、これらは全てアトムであり、サーバに格されている文字列対応していて、クライアントからはその識別子アクセス可能である。クライアントはあるプロパティに対して、その名前を格納したアトム識別子使ってアクセスする。 プロパティは主にクライアント間通信使われる例えば、WM_NAME という名前のプロパティ(正確には、"WM_NAME" という文字列に対応したアトムをプロパティ名とするプロパティ)にはウィンドウの名前が格納される。ウィンドウマネージャは、一般にこのプロパティを読みタイトルバーウィンドウ名を表示するクライアント間通信には、ルートウィンドウのプロパティを使ったものもある。例えば、freedesktop.orgウィンドウマネージャ仕様によればウィンドウマネージャ現在のアクティブウィンドウ識別子をルートウィンドウの _NET_ACTIVE_WINDOW というプロパティに格するべきとしている。プログラムパラメータを含むXリソースもルートウィンドウのプロパティとして格納されるそうすることで、(別のコンピュータ上で動作していても)全てのクライアントがそれらにアクセスできる。 xprop プログラム指定されたウィンドウのプロパティ一覧を表示する。xprop -root とすれば、ルートウィンドウの各プロパティの名前、型、値を表示する

※この「プロパティ」の解説は、「X Window System コアプロトコル」の解説の一部です。
「プロパティ」を含む「X Window System コアプロトコル」の記事については、「X Window System コアプロトコル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「プロパティ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

プロパティ

出典:『Wiktionary』 (2021/02/14 10:51 UTC 版)

語源

英語 property からの借用語。の音写

名詞

プロパティ

  1. 財産所有
  2. 特性特質
  3. 属性

「プロパティ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

プロパティのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プロパティのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社
© 2022 Microsoft.All rights reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプロパティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスタイルシート (改訂履歴)、キーワード (C Sharp) (改訂履歴)、デトネーションナノダイヤモンド (改訂履歴)、X Window System コアプロトコル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのプロパティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS