所有物とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 所有物の意味・解説 

しょゆう‐ぶつ〔シヨイウ‐〕【所有物】

所有しているもの。所有権のある物件


所有権

(所有物 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/22 07:45 UTC 版)

所有権(しょゆうけん)とは、の全面的支配すなわち自由に使用・収益・処分する権利[1]。日本の民法においては206条以下に規定がある。


  1. ^ 近江幸治著 『民法講義Ⅱ 物権 第3版』 成文堂、2006年5月、214頁
  2. ^ 近江幸治著 『民法講義Ⅱ 物権 第3版』 成文堂、2006年5月、177・179頁
  3. ^ 近江幸治著 『民法講義Ⅱ 物権 第3版』 成文堂、2006年5月、215-216頁
  4. ^ 遠藤浩・川井健・原島重義・広中俊雄・水本浩・山本進一著 『民法2 物権 第4版』 有斐閣〈有斐閣双書〉、1996年12月、170頁
  5. ^ 近江幸治著 『民法講義Ⅱ 物権 第3版』 成文堂、2006年5月、216頁
  6. ^ 遠藤浩・川井健・原島重義・広中俊雄・水本浩・山本進一著 『民法2 物権 第4版』 有斐閣〈有斐閣双書〉、1996年12月、170頁
  7. ^ 近江幸治著 『民法講義Ⅱ 物権 第3版』 成文堂、2006年5月、216頁
  8. ^ 遠藤浩・川井健・原島重義・広中俊雄・水本浩・山本進一著 『民法2 物権 第4版』 有斐閣〈有斐閣双書〉、1996年12月、170頁
  9. ^ 近江幸治著 『民法講義Ⅱ 物権 第3版』 成文堂、2006年5月、215-216頁
  10. ^ 近江幸治著 『民法講義Ⅱ 物権 第3版』 成文堂、2006年5月、216頁
  11. ^ 近江幸治著 『民法講義Ⅱ 物権 第3版』 成文堂、2006年5月、216頁
  12. ^ 近江幸治著 『民法講義Ⅱ 物権 第3版』 成文堂、2006年5月、216頁
  13. ^ 近江幸治著 『民法講義Ⅱ 物権 第3版』 成文堂、2006年5月、220頁
  14. ^ 近江幸治著 『民法講義Ⅱ 物権 第3版』 成文堂、2006年5月、220頁
  15. ^ 近江幸治著 『民法講義Ⅱ 物権 第3版』 成文堂、2006年5月、218頁
  16. ^ 近江幸治著 『民法講義Ⅱ 物権 第3版』 成文堂、2006年5月、218頁
  17. ^ 遠藤浩・川井健・原島重義・広中俊雄・水本浩・山本進一著 『民法2 物権 第4版』 有斐閣〈有斐閣双書〉、1996年12月、170頁


「所有権」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「所有物」の関連用語

所有物のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



所有物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの所有権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS