CSSとは? わかりやすく解説

チャーグ・ストラウス症候群

読み方:チャーグ・ストラウスしょうこうぐん
別名:シャーグ・ストラウス症候群Churg-Strauss症候群アレルギー性肉芽腫性血管炎多発血管炎合併好酸球性肉芽腫症
英語:Churg-Strauss syndrome、CSS、Allergic granulomatosis AngitisAGAEosinophilic granulomatosis with polyangitisEGPA

全身血管壊死性炎症起こ疾患1951年にジェイコブ・チャーグとロッテ・ストラウスが、喘息好酸球増加症発熱、多臓器における血管炎などの諸症状からなる症候群として定義した

チャーグ・ストラウス症候群は、約120万人1人罹患するとされる稀な疾患で、原因不明難病として知られている厚生労働省難治性疾患克服研究事業では、指定疾患一つ数えられている。

チャーグ・ストラウス症候群の初期症状は、気管支喘息鼻炎などのアレルギー性症状である。その後血液中好酸球異常に増加するとともに、手や足のしびれ(末梢性神経炎)、発熱関節痛紫斑消化管出血など、全身様々な症状が現れる病状進行すると、心筋梗塞脳卒中などの重篤な臓器障害引き起こされることもある。

チャーグ・ストラウス症候群の治療においては、ステロイド剤第一選択となる。重症の場合、免疫抑制剤併用されることもある。ステロイド治療改善されない場合免疫グロブリン大量療法(IVIG)が行われることもある。しかし、運動神経障害症状改善後持続することが多くその場合はリハビリテーション必要とする再発起ここともあり予後一般的に不良である

2014年2月に、ソチオリンピックのノルディックスキージャンプ団体銅メダル獲得した日本選手団一人竹内択は、前の月体調不良入院した際、8割の確率でチャーグ・ストラウス症候群に罹患していると宣告されていたことを明かした

関連サイト
アレルギー性肉芽腫性血管炎 (チャーグ・ストラウス症候群) - 難病情報センター

CSS

コンテンツ・スクランブルシステム。DVD の著作権保護方式。内容をスクランブル状で記録し、正規機器のみで解読・再生できるもの。最近DVD DVD-V 用(CSS1)の仕組みの一部が解読され、DVD-新方式が作成されている最中だ。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 麻倉怜士)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


CSS

フルスペル:Cascading Style Sheets
読み方シーエスエス
別名:カスケーディングスタイルシート

CSSとは、スタイルシート一種で、HTML文書XML文書表示方法指定するためのものとしてW3Cから勧告され仕様のことである。

CSSはWebページレイアウト指定標準的用いられている。単に「スタイルシート」といった場合にCSSのことを指す場合が多い。

CSSでは、文字の色大きさ背景色ボックス描画、といった、文書装飾レイアウト全般に関す指定ができる。文書内でCSSの指定反映させたい箇所に、セレクタ選択子)と呼ばれる識別子与えておくことによって、指定された箇所のみに対象限定しつつ、また同一のセレクタ与えられた箇所一括して表示変更することができる。

CSSを利用することによって、HTMLなどで定義されている文書の構造に関する情報から、装飾レイアウトに関する要素を分離して扱うことが可能となっている。

CSSを記述する方法としては、HTML文書XML文書中に記述する方法と、外部ファイル記述したCSSファイル呼び出方法がある。外部ファイル記述したCSSファイル呼び出方法では、CSSファイル修正加えると、そのCSSファイル呼び出しているすべてのHTML文書変更反映されるという利点がある

なお、WebブラウザのCSSの解釈にはわずかな差があり、ブラウザによってはCSSで指定したとおりに表示反映されないというケースもしばしば存在する

CSSは、1996年W3CによりCSS Level1呼ばれるバージョン勧告され後にその定義を追加拡大したCSS Level 2勧告されている。2008年5月、CSS Level 3策定進められている。


参照リンク
Cascading Style Sheets - W3C英文
WWWのほかの用語一覧
HTML:  アトリビュート  アンカー  C-HTML  CSS  DHTML  em  FBML

Cascading Style Sheets

(CSS から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/01 01:58 UTC 版)

Cascading Style SheetsCSS、カスケーディング・スタイル・シート、カスケード・スタイル・シート)は、HTMLXML の要素をどのように修飾(表示)するかを指示する仕様の一つで、World Wide Web Consortium (W3C) がとりまとめ勧告する。文書の構造と体裁を分離させるという理念を実現するために提唱されたスタイルシートの具体的な仕様の一つ。


注釈

  1. ^ ただし拡張・修正の続いているCSS仕様の全てを完全に実装しているユーザーエージェントは事実上皆無といってよく、実際シェアで多数を占めるユーザーエージェントは部分対応にすぎない。しかし実用上支障のないレベルの実装はされてきており、なおかつ表現の互換性についても考慮されてきている。

出典

  1. ^ en:Internet Explorer box model bug
  2. ^ §2.1 CSS Levels, 『CSS Snapshot 2015』 W3C
  3. ^ All CSS specifications”. W3.org (2014年5月22日). 2014年5月30日閲覧。


「Cascading Style Sheets」の続きの解説一覧

CSS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/29 23:41 UTC 版)

Data URI scheme」の記事における「CSS」の解説

背景画像を含む CSS ルール: ul.checklist li.complete { padding-left: 20px; background: white url('data:image/png;base64,iVB\ORw0KGgoAAAANSUhEUgAAABAAAAAQAQMAAAAlPW0iAAAABlBMVEU\AAAD///+l2Z/dAAAAM0lEQVR4nGP4/5/h/1+G/58ZDrAz3D/McH8\yw83NDDeNGe4Ug9C9zwz3gVLMDA/A6P9/AFGGFyjOXZtQAAAAAEl\FTkSuQmCC') no-repeat scroll left top;} \ + 行末は、次行継続することを表す CSS の機能である。これは CSS 解釈時に除去されて、data URI空白のないよう正しく再構築される。

※この「CSS」の解説は、「Data URI scheme」の解説の一部です。
「CSS」を含む「Data URI scheme」の記事については、「Data URI scheme」の概要を参照ください。


CSS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 08:12 UTC 版)

双方向テキスト」の記事における「CSS」の解説

CSS 2 では direction と unicode-bidi の2つ属性定義されている。direction 属性には値として rtlltrいずれか指定する。unicode-bidi 属性には値として normalembed、bidi-override のいずれか指定するembedUnicode の LRE/RLE による方法、bidi-override は同 LRO/RLO と同様の方法を使用するCSS 3 では unicode-bidi に isolate、isolate-override、plaintext追加されている。

※この「CSS」の解説は、「双方向テキスト」の解説の一部です。
「CSS」を含む「双方向テキスト」の記事については、「双方向テキスト」の概要を参照ください。


CSS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/13 15:33 UTC 版)

海上運賃一覧」の記事における「CSS」の解説

Container Security SurchargeCarrier Security Surchargeの略。

※この「CSS」の解説は、「海上運賃一覧」の解説の一部です。
「CSS」を含む「海上運賃一覧」の記事については、「海上運賃一覧」の概要を参照ください。


CSS(The College of Social Studies)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 05:02 UTC 版)

ウェズリアン大学」の記事における「CSS(The College of Social Studies)」の解説

CSSとはThe College of Social Studiesの略であり、1959年歴史学経済学政治学及び哲学統合して生まれたウェズリアン大学独特の学部である。生徒個人知的独立とともに生徒教授間の協力的社会的関係構築焦点当てている。生徒プログラムの10.5単位(卒業論文を書く者は11.5)のうち5.5を二年生うち取得する二年生の間は西洋近代社会成立歴史的経済的政治的観点から勉強し期末試験総合的なものとなっている。三年生はよりグローバルな視点からの分析となり、四年になると卒業論文もしくは卒業エッセイ執筆課される

※この「CSS(The College of Social Studies)」の解説は、「ウェズリアン大学」の解説の一部です。
「CSS(The College of Social Studies)」を含む「ウェズリアン大学」の記事については、「ウェズリアン大学」の概要を参照ください。


CSS(Content Scramble System)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 02:25 UTC 版)

コピーガード」の記事における「CSS(Content Scramble System)」の解説

CSS(Content Scramble System)は、多くのDVD-Videoソフトで採用されているコンテンツ暗号化システム映像コンテンツ暗号化し、その暗号鍵複製できないエリア記録するもので、これが施されたソフトはパソコンなどで単純にコピーして暗号鍵自体複製できないため再生できないリアルネットワークス子会社DVD-Video再生ソフトウェアにCSSの解除キー暗号化されずに埋め込まれ、これをノルウェー当時16歳少年ヨン・レック・ヨハンセンが解析、1999年にCSS回避ツールDeCSS開発公開した現在ではDeCSS同種のソフトウェア多数インターネットなどで出回り容易にCSSを解除できるようになってしまっている。 なお、日本においては現在のところ、『CSSの位置づけは「アクセスコントロール技術」であり、著作権法保護されているコピーガードには該当しない』というのが、文化庁文化審議会見解である。そのため、2012年6月20日DVDなど用いられる「CSS」などの暗号技術を、著作権法上の対象となる「技術的保護手段」に追加するDVDリッピング違法化を盛り込んだ著作権改正法案可決されている。これに伴い、CSS等の暗号型の保護技術回避してDVDリッピング私的複製対象外となり違法行為となる(ただし、CSS等の保護技術使われていないDVDリッピングについては、改正後従来変わりはない)。CSSを回避するプログラム装置提供することについても規制され刑罰対象となる。 著名なCSS解除ソフトをアップロードしていた者を著作権法違反検挙、また出版社自社ウェブサイトにCSS解除ソフトダウンロード先リンクを掲載していた、出版社従業員1名と編集プロダクション従業員2名も、著作権法違反幇助検挙された。

※この「CSS(Content Scramble System)」の解説は、「コピーガード」の解説の一部です。
「CSS(Content Scramble System)」を含む「コピーガード」の記事については、「コピーガード」の概要を参照ください。


CSS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/03 16:01 UTC 版)

Internet Explorer 9」の記事における「CSS」の解説

CSS は勧告候補となった CSS3 の各モジュール仕様優先的に対応するInternet Explorer 9 では以下の CSS3 Modules対応した CSS3 2D Transforms CSS3 Backgrounds and Borders CSS3 Color CSS3 Fonts CSS3 Media Queries CSS3 Namespaces CSS3 Values and Units CSS3 Selectors CSS2実装他のウェブ ブラウザーより高い互換率を達成している。Internet Explorer 9 Beta における CSS2.1 の互換率は2010年10月1日版W3C 公開テスト スイート用いてテストした際の互換性達成率は 97.7% (テスト項目合計 19403 中 18960 合格) である。

※この「CSS」の解説は、「Internet Explorer 9」の解説の一部です。
「CSS」を含む「Internet Explorer 9」の記事については、「Internet Explorer 9」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「CSS」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

CSSのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



CSSのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2022 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリCSSの記事を利用しております。
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.cssの記事を利用しております。
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2022 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCascading Style Sheets (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのData URI scheme (改訂履歴)、双方向テキスト (改訂履歴)、海上運賃一覧 (改訂履歴)、ウェズリアン大学 (改訂履歴)、コピーガード (改訂履歴)、Internet Explorer 9 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS