二つ目とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > > 二つ目の意味・解説 

ふたつ‐め【二つ目】

読み方:ふたつめ

順番2番目。また、そのもの

寄席前座次に演じたところから落語家格付けの一。前座一つ上。

二立目(ふたたてめ)」に同じ。


二つ目

読み方:ふたつめ

  1. 噺家力士例えれば、見習い序の口前座が序の二段落語家の二つ目は三段目から幕下二段目人気出たが、まだ真打被露をしていないのが十両真打級が幕の内ということになる。こうして見ると、二つ目は一番巾の広いことになるが、実際二つ目は、前座以上、真打までの間をさしていう称号である。今は前座翌日から真打前日までが二つ目だが、昔は此の間三つ目とか、準真打とか、種々区別されていたようだ。〔芸能寄席落語)〕

分類 寄席落語

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

二つ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 14:40 UTC 版)

落語家」の記事における「二つ目」の解説

前座真打の間。前座続き二番目高座上がるため「二つ目」と呼ばれるかつての上方落語では中座(なかざ)と呼んだ落語家社会の中でようやく一人前みなされる自分の労力時間全て自分のためにだけ使うことが許される師匠宅の雑用寄席の裏仕事もしなくてよい。以下のことが許される紋付を着ること。 番組に名前を出す。 自分の手拭昇進挨拶配ること。 飲酒・喫煙一門による) 自分で落語会開催すること。 自分でテレビ・ラジオ出演営業などへの売り込みをすること。また実際に出演すること。 正規の落語家として寄席落語をして割がもらえるうになる。しかし、定席への出演機会は大変限られているので、仕事基本的に自分で探してなければならなくなる。さもなくば本当に仕事がない態となる。つまり自営業である。前座やってきた雑用免除される代わりに小遣いもなくなるので、経済的に苦しと言われる。ただし、実際にはヨビ呼ばれる仕事」が存在する。これは、代演要員として寄席出勤するというもので、抜いた落語家の穴が埋まらない時に高座上がれる一部除いて、二つ目までは自身の師匠死去した場合には、基本的に別の真打門下に移ることになっている

※この「二つ目」の解説は、「落語家」の解説の一部です。
「二つ目」を含む「落語家」の記事については、「落語家」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「二つ目」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「二つ目」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



二つ目と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「二つ目」の関連用語

二つ目のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



二つ目のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2023 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの落語家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS