門下とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 門下の意味・解説 

もん‐か【門下】

読み方:もんか

師の門に入り教えを受けること。また、その人門人門弟。「—に入(い)る」

門の下。また、のもとに近く伺候すること。転じて食客

「—の人より折三かう」〈御湯殿上日記


門下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 23:45 UTC 版)

石坂宗哲」の記事における「門下」の解説

中山宗淑 - 石坂宗哲の「第一門人」と記載される事もある鍼医、妻の宗寿は水戸藩侍医江戸本家石坂流が途絶えたとされる事が多い。本家明治政府医療法改正により医師のみが鍼を行うことが出来るようになりを廃業して按摩ニンニク灸を行う。現在石坂流を伝えるのはこの家系ある町田家とされる事が多い。宗淑の子が、中山浅之進、その子中山けざし、その夫が町田繫吉(-1931)、その子が、町田吉雄(1915-)、町田栄治(1922-)。 田中信行 - 鍼灸説約のあとがきに見える門人あとがきには「門人 江左里正 田中信行識」とあり、当時としては貴重な約2ページに及ぶあとがき任されている事から、かなりの高弟と思われるはっきりしない鍼灸説約のあとがき記述日時は「文化壬申9年)夏五月」で、東都書舗版、蜜月堂版共に記載がある。 斎藤宗甫 - 鍼灸説約の校正石坂宗貞と共に行った甲斐門人川俣文哲 土橋 土橋保輔 乙黒 岩下 吉田秀哲 中山浅之進

※この「門下」の解説は、「石坂宗哲」の解説の一部です。
「門下」を含む「石坂宗哲」の記事については、「石坂宗哲」の概要を参照ください。


門下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 17:09 UTC 版)

山内豊健」の記事における「門下」の解説

京都山内派の居合伝系としては、第17代宗家大江正路、第18代・山内豊健、第19代・河野兼光、第20代尾上政美、第21代・関口高明などが知られている

※この「門下」の解説は、「山内豊健」の解説の一部です。
「門下」を含む「山内豊健」の記事については、「山内豊健」の概要を参照ください。


門下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 09:23 UTC 版)

板垣與一」の記事における「門下」の解説

大川政三一橋大学名誉教授)、松田賀孝(琉球大学名誉教授)、間谷榮(亜細亜大学教授)、長尾眞文(広島大学名誉教授)等。

※この「門下」の解説は、「板垣與一」の解説の一部です。
「門下」を含む「板垣與一」の記事については、「板垣與一」の概要を参照ください。


門下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 09:15 UTC 版)

小島清 (経済学者)」の記事における「門下」の解説

弟子山澤逸平一橋大学名誉教授)、池間誠一橋大学名誉教授元日本国経済会理事長)、小田正雄(元関西大学教授)、唐澤延行元中大学教授)、佐竹正夫東北大学名誉教授)、トラン・ヴァン・トゥ早稲田大学教授)、中沢進一青山学院大学教授)、久保田肇北海道大学教授)、鈴木典比古(第11代国基督教大学第2代国際教養大学学長)、松田智(北九州市立大学)、高山晟南イリノイ大学教授)等。

※この「門下」の解説は、「小島清 (経済学者)」の解説の一部です。
「門下」を含む「小島清 (経済学者)」の記事については、「小島清 (経済学者)」の概要を参照ください。


門下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 15:32 UTC 版)

上泉信綱」の記事における「門下」の解説

免状を信綱から与えられたのは、疋田景兼柳生石舟斎丸目蔵人佐香坂要だという。また信綱の息子名前不詳)も大形伝えられたという。 疋田景兼 鈴木意伯(神後宗治柳生石舟斎 丸目蔵人佐 上泉孫四郎(「兵法由来覚」によると信綱の孫、父も弟子だが名は不詳という) 駒川国吉 奥山休賀斎 野中新成常 宝蔵院胤栄

※この「門下」の解説は、「上泉信綱」の解説の一部です。
「門下」を含む「上泉信綱」の記事については、「上泉信綱」の概要を参照ください。


門下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 09:34 UTC 版)

大久保怜」の記事における「門下」の解説

喜劇俳優大村崑彼の一番弟子である。ほかにも久保田進(サウンドコピー)、坂田良、あおきあいがいる。

※この「門下」の解説は、「大久保怜」の解説の一部です。
「門下」を含む「大久保怜」の記事については、「大久保怜」の概要を参照ください。


門下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 01:57 UTC 版)

上原専禄」の記事における「門下」の解説

西洋史学者の増田四郎一橋大学名誉教授)、阿部謹也一橋大学名誉教授)、弓削達東京大学名誉教授)、今野国雄(元青山学院大学教授)、渡辺金一一橋大学名誉教授)、中村恒矩(法政大学名誉教授)、石川操(青山学院大学名誉教授)、東洋史学者増淵龍夫一橋大学名誉教授)、小説家のモリテル(元日本大学教授)などが上原ゼミ出身

※この「門下」の解説は、「上原専禄」の解説の一部です。
「門下」を含む「上原専禄」の記事については、「上原専禄」の概要を参照ください。


門下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 08:08 UTC 版)

吾妻光俊」の記事における「門下」の解説

ゼミ指導学生蓼沼謙一第8代一橋大学学長、元労働法学会代表理事)、横井芳弘中央大学名誉教授、元労働法学会代表理事)、坂本重雄静岡大学名誉教授、元労働法学会代表理事)、喜多実(元南山大学教授)、本田尊正(元青山学院大学教授)、早川章(元運輸省地域交通局長、元東京空港交通会長)、竹内規浩(元スクワイヤー・サンダース・デンプシー(現スクワイヤ・パットン・ボッグス弁護士、元米国ブリヂストン社長)、大前和俊(元横浜地方裁判所横須賀支部長)など。

※この「門下」の解説は、「吾妻光俊」の解説の一部です。
「門下」を含む「吾妻光俊」の記事については、「吾妻光俊」の概要を参照ください。


門下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 03:52 UTC 版)

増淵龍夫」の記事における「門下」の解説

非常に謹厳な性格で、後進育成するつもりはなかったものの、同僚の村松祐次教授留学することとなったため、代わりに中国経済史中川学一橋大学名誉教授)を指導し育てた[要出典]。指導学生には他に三谷孝一橋大学名誉教授石原享一神戸大学名誉教授)、(北海道教育大学教授 夏井春喜)、(駿河台大学教授 井上久士)、伊東昭雄横浜市立大学名誉教授)など。

※この「門下」の解説は、「増淵龍夫」の解説の一部です。
「門下」を含む「増淵龍夫」の記事については、「増淵龍夫」の概要を参照ください。


門下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/28 15:13 UTC 版)

竹内愛二」の記事における「門下」の解説

倉田和四生 - 竹内社会学者としての門下で、都市社会学専門関西学院大学名誉教授(元、社会学部長)。元、吉備国際大学教授副学長順正短期大学第8代学長

※この「門下」の解説は、「竹内愛二」の解説の一部です。
「門下」を含む「竹内愛二」の記事については、「竹内愛二」の概要を参照ください。


門下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/17 06:42 UTC 版)

池内友次郎」の記事における「門下」の解説

1955年には門下生による作曲家グループである「深新会」が結成される箕作秋吉 小倉朗 尹伊桑 島岡譲 貴島清彦 乾春雄 別宮貞雄 宍戸睦郎 石井歓 石井眞木 松村禎三 黛敏郎 諸井誠 池野成 永冨正之 湯山昭 篠原眞 端山明 山本直間宮芳生 林光 矢代秋雄 三善晃 野田暉行 廣瀬量平 越部信義 高橋裕 池辺晋一郎 西村朗

※この「門下」の解説は、「池内友次郎」の解説の一部です。
「門下」を含む「池内友次郎」の記事については、「池内友次郎」の概要を参照ください。


門下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 05:38 UTC 版)

片岡寛光」の記事における「門下」の解説

早大での門下としては、辻隆夫早稲田大学)、縣公一郎早稲田大学)、藤井浩司(早稲田大学)、平石正美国士舘大学)、篠田徹(早稲田大学)、香川正俊(熊本学園大学)、島袋純(琉球大学)、西東克介(弘前学院大学)、久邇良子東京学芸大学)、風間規男同志社大学)、安章浩(尚美学園大学)、岩本諭(佐賀大学)、熊達雲山梨学院大学)、松田憲忠青山学院大学)、上崎哉(近畿大学)、中沼丈晃(摂南大学)、宗像優(九州産業大学)、久保木匡介(長野大学)、大藪俊志(佛教大学)、堀田学新島学園大学)、原田徹佛教大学)らを輩出している。

※この「門下」の解説は、「片岡寛光」の解説の一部です。
「門下」を含む「片岡寛光」の記事については、「片岡寛光」の概要を参照ください。


門下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 08:14 UTC 版)

賀茂真淵」の記事における「門下」の解説

真淵教育者としても長じ、門下には本居宣長荒木田久老加藤千蔭村田春海楫取魚彦塙保己一内山真龍うちやままたつ)、栗田土満森繁子などがおり、県居学派呼ばれる高名な弟子として特に優れた女性3人県門の三才女けんもんのさんさいじょ)、特に優れた男性4人を県門の四天王けんもんのしてんのう)と称した

※この「門下」の解説は、「賀茂真淵」の解説の一部です。
「門下」を含む「賀茂真淵」の記事については、「賀茂真淵」の概要を参照ください。


門下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/31 03:54 UTC 版)

杉村広蔵」の記事における「門下」の解説

東京商科大学助教授としては後に総理大臣となった大平正芳らを教えた。特に大平には大きな影響与えており、後年大平は「わたしの思想というものが仮にあるとすれば杉村先生思想が)それをつくるものの考え方素材となっている」と述べ杉村著書経済倫理構造』は大平亡くな直前まで傍らに置かれていた。

※この「門下」の解説は、「杉村広蔵」の解説の一部です。
「門下」を含む「杉村広蔵」の記事については、「杉村広蔵」の概要を参照ください。


門下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 07:44 UTC 版)

植松正」の記事における「門下」の解説

弟子福田雅章一橋大学名誉教授)、日高義博(元専修大学学長)、齊藤誠二筑波大学名誉教授)、村井敏邦一橋大学名誉教授)、神山敏雄(岡山大学名誉教授)、庭山英雄(元専修大学教授弁護士)、野村幸雄(元国連アジア極東犯罪防止研修所教官)等。居林次雄(元経済広報センター事務局長)なども植松ゼミ出身

※この「門下」の解説は、「植松正」の解説の一部です。
「門下」を含む「植松正」の記事については、「植松正」の概要を参照ください。


門下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 03:19 UTC 版)

大塚金之助」の記事における「門下」の解説

主な弟子高島善哉一橋大学名誉教授)、水田洋名古屋大名誉教授)、杉山忠平元一大学教授)、末永隆甫(神戸商科大学元学長北九州市立大学元学長)、都築忠七一橋大学名誉教授)、富永祐治大阪市立大学名誉教授)、良知力元一大学教授)、津田内匠一橋大学名誉教授)などが挙げられる他にゼミ出身者として、江田三郎(元社会民主連合代表、元参議院議員)、安居喜造(元東レ会長、元経団連副会長)、永井大三元朝日新聞社常務)、土肥東一郎(元監査法人中央会事務所代表社員)など。

※この「門下」の解説は、「大塚金之助」の解説の一部です。
「門下」を含む「大塚金之助」の記事については、「大塚金之助」の概要を参照ください。


門下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/09 01:25 UTC 版)

木村元一」の記事における「門下」の解説

大川政三一橋大学名誉教授)、石弘光一橋大学学長放送大学学長歴任)、林正寿早稲田大学名誉教授)、花角和男(元税務大学校長)、西山一郎(元香川大学教授)、松田忠三千葉大学名誉教授)等。

※この「門下」の解説は、「木村元一」の解説の一部です。
「門下」を含む「木村元一」の記事については、「木村元一」の概要を参照ください。


門下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 06:00 UTC 版)

杉浦重剛」の記事における「門下」の解説

文士三羽烏 巖谷小波 - 作家児童文学者江見水蔭 - 小説家編集者大町桂月 - 詩人歌人随筆家評論家。 その他 古島一雄 - ジャーナリスト政治家岩波茂雄 - 出版人岩波書店創業者横山大観 - 日本画家美術家佐佐木信綱 - 歌人国文学者鏑木清方日本画家高山樗牛- 文芸評論家長谷川如是閑- ジャーナリスト朝永三十郎- 哲学者物理学者ノーベル賞受賞者朝永振一郎の父。 荻野久作- 産婦人科医医学博士オギノ式 丸山千里- 丸山ワクチン発明者小西得郎- 昭和初期のプロ野球監督野球解説者入江啓四郎- 国際法学者吉村公三郎- 映画監督小川琢治 - 地質学者地理学者湯川秀樹ら「小川兄弟」の父。 吉田茂 - 外交官内閣総理大臣河野一郎- 政治家 政治家自由民主党実力者河野洋平の父。 河野謙三- 政治家参議院議長飯山正秀- ドイツ語翻訳家独逸学協会機関誌学林編集人晴- 眼科医。黒田麹廬従甥にあたる私立眼科病院に泊塾を開設した

※この「門下」の解説は、「杉浦重剛」の解説の一部です。
「門下」を含む「杉浦重剛」の記事については、「杉浦重剛」の概要を参照ください。


門下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/13 08:49 UTC 版)

土橋亭里う馬 (初代)」の記事における「門下」の解説

3代目司馬龍生 2代目土橋亭里う馬 3代目土橋亭里う馬 土橋亭里ん この項目は、落語家関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:舞台芸術/PJ:お笑い)。

※この「門下」の解説は、「土橋亭里う馬 (初代)」の解説の一部です。
「門下」を含む「土橋亭里う馬 (初代)」の記事については、「土橋亭里う馬 (初代)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「門下」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「門下」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



門下と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

門下のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



門下のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの石坂宗哲 (改訂履歴)、山内豊健 (改訂履歴)、板垣與一 (改訂履歴)、小島清 (経済学者) (改訂履歴)、上泉信綱 (改訂履歴)、大久保怜 (改訂履歴)、上原専禄 (改訂履歴)、吾妻光俊 (改訂履歴)、増淵龍夫 (改訂履歴)、竹内愛二 (改訂履歴)、池内友次郎 (改訂履歴)、片岡寛光 (改訂履歴)、賀茂真淵 (改訂履歴)、杉村広蔵 (改訂履歴)、植松正 (改訂履歴)、大塚金之助 (改訂履歴)、木村元一 (改訂履歴)、杉浦重剛 (改訂履歴)、土橋亭里う馬 (初代) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS