甲斐とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 甲斐 > 甲斐の意味・解説 

がい〔がひ〕【×斐】

語素名詞「かい(甲斐)」から》

動詞連用形動作性の名詞などに付いて、その行為をした効果効験の意を表す。「生き甲斐」「働き甲斐

主として人間関係を表す名詞に付いて、その人間関係の効果発揮する意を表す。…としてのよしみ。「友達甲斐

打消し希望助動詞などに付いて、動作や状態の程度を表す。

理窟につまって、あげくには死なず—な目にあうて、一分(いちぶん)はすたった」〈浄・曽根崎


かい〔かひ〕【甲斐】

[一]旧国名の一。現在の山梨県にあたる。甲州

[二]山梨県中西部、釜無(かまなし)川東岸にある市。武田信玄が築いた信玄堤遺構がある。江戸時代には綿花栽培が盛んで、現在はぶどうなど果樹栽培のほか、電子産業発達平成16年2004竜王町敷島(しきしま)町、双葉(ふたば)町が合併して成立人口7.42010)。


かい〔かひ〕【×斐/詮/効】

行動結果として現れるしるし。努力した効果。「我慢した—があった」

期待できるだけ値うち。「生きている—がない」→がい(甲斐)


かい かひ 【甲斐・詮】

〔名〕 (四段動詞「かう(代)」の連用形名詞化したもので、代わりとなるべき事、物の意から。→がい〔語素〕)

① ある行為値するだけのしるし。ききめ。効果また、ある行為をしたことに対する、自身の心の満足。

万葉(8C後)一六三八一〇「味飯(うまいひ)をに醸(か)みなし我が待ちし代(かひ)はさね無し直(ただ)にしあらねば」

② ある行為代わり得る価値があること。また、そのもの代価代償また、一般的に価値値打

霊異記810‐824)上「寺の物に貪(ふけ)り犢(うしのこ)に生まれて債(もののカヒ)を償(つぐの)ひ〈興福寺訓釈 債 毛乃可比乎〉」


かい かひ 【甲斐】

[一] 東海道一国。東は武蔵相模、南、西は駿河、北は信濃に囲まれた山国平安末期源義光が甲斐守となり、その孫信義武田氏を称し、守護世襲した。江戸時代は、幕府直轄領か親藩譜代大名が封ぜられ、廃藩置県後、甲府県を経て山梨県となる。甲州

[二] 山梨県中部地名甲府市の西に隣接し、宅地化が進む。南部の釜無(かまなし)川には信玄堤がある。平成一六年(二〇〇四)市制


甲斐

読み方:カイkai

その行為価するだけのしるし


甲斐

名字 読み方
甲斐かい、かひ、こうひ
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

甲斐

読み方
甲斐かい
甲斐かいざき
甲斐かひ
甲斐こうひ

甲斐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/18 14:15 UTC 版)

努力した効果や、期待できるだけの値うちという意味の語[1]


  1. ^ 甲斐(かい)の意味 - goo国語辞書” (日本語). goo辞書. 2020年5月8日閲覧。


「甲斐」の続きの解説一覧

甲斐

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 08:30 UTC 版)

固有名詞

 (かい)

  1. 旧国名東海道位置する。甲斐国。ほぼ現在の山梨県一致
  2. 地名山梨県甲斐市

関連語

人名

 (かい)

  1. 日本人のひとつ。

和語の漢字表記

 (かい)

  1. かい(あることをする見返り)の漢字表記

別表記




甲斐と同じ種類の言葉


品詞の分類

接尾語  ぐち  甲斐  がる  こそ

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「甲斐」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

甲斐のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



甲斐のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2022 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの甲斐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの甲斐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS