かいとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 下位 > かいの意味・解説 

かい かひ [0]・詮・効

その行為値するだけのしるし。また、それだけ値打ち効果。せん。 頑張った-があった 苦労の-がないがい甲斐

かい かひ甲斐 ◇

旧国名の一。山梨県全域にあたる。甲州

かい かひ

たまご。また、そのから。かいご。 -のうちに命こめたる雁の子は/宇津藤原

かい かひ [1]

かたい貝殻かいがら)をもった軟体動物総称二枚貝巻貝まきがい)・角貝つのがい)などを含む。多く水中にすむ。
貝殻細工
ほらがい -をにはかに吹き出でたるこそ/枕草子 120
貝合わせ」の略。 -の御勝負御湯殿文明一九
[句項目] 貝になる 貝を作る

かい かひ [0][1]

交()ひ同源
山と山との間の狭く細長い土地狭き山の-に出でぬ/即興詩人 鷗外

かい かひ

もと貝殻を用いたところから
さじ。 箸(はし)・-など、取りまぜて鳴りたる、をかし/枕草子 201

かい [0]

「かゆ」の転。 ヘボン

かい かひ [0]買い

買うこと。 安物
相場値上がり予想して買うこと。
▽⇔ 売り

かい [1]

搔 ()きの転
船具の名。をかいて船を進めるのに使う。木製上半分は丸い棒、水中に入る部分は平らに削ってある。和船用のものは握る側に T 字形の短い柄がある。
醬油・酢などを造る時、中の原料をかきまぜる木製用具
家紋の一。組み合わせたもの。三違みつちがいかい)・五違など。
[句項目] 櫂は三年櫓は三月

かい くわい

[1]
ある事柄反復して行う時の一つまとまり -を重ね
接尾
助数詞。数または順序に関する語に付いて、度数順序数えるのに用いられる。 五-

支い、飼い、交い、買い

読み方:かい

ワ行五段活用動詞支う」「飼う」「交う」「買う」の連用形である「支い」「飼い」「交い」「買い」、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

下医

読み方:かい

診断治療の腕が劣る医者のこと。

カイ(かい)

業界用語で「買い注文」または「買い建玉」のことをいいます。例えば、「東工金3月限を成り行きで3カイ」などと用います。
反意語ヤリ

追撃売り、買い(ついげきうり、かい)

売り(買い)相場成功し、市況がますます下落上昇)していくと思われるとき、更に売り(買い)物注文出し一段と売り(買い)の目的達しようとすることをいいます。

買い(かい)

買うこと。取引用語で、相場騰貴見越して買うこと。売り反対コレクター古本屋も、この言葉を使う。一部買い切り新刊書もあるが、新本屋は売れない商品取次に返せばいい。古本屋は、価値を見きわめて買いに回る。目利きであることが求められる


かい 【貝】

古代には美しい貝を装飾貨幣賞品などに用いたため、宝のイメージ生まれ西洋神の持ち物になる例がある。法螺貝の吹き鳴らしは、ヒンドゥー教儀礼用に用い、仏教では仏の説法にたとえ、千手観音持ち物でもある。日本修験者には必携法具(悪を追うため)。貝の形が女陰似ているので、妊娠安産御守りするところもある。大ヤコブ帆立貝殻食器に持って巡礼したといい、これが聖地巡礼の表標になっており、十字軍記章採用。→ ヤコブ

かい

  1. 六。〔生魚商〕

分類 生魚


かい

  1. おけ()の事、肥前国方言
  2. の事。〔熊本方言

分類 熊本方言肥前国


カイ

読み方:かい

  1. 男ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・岡山県

分類 岡山県


会又は市

読み方:かい

  1. 衣類市場
  2. 書画市場

分類 市場



読み方:かい

  1. 手錠。②女性器のこと。

読み方:かい

  1. 被告人戒具手錠。〔第六類 器具食物
  2. 手錠を云ふ。

貝、開

読み方:かい

  1. 女性器のこと。上開、妙開などと用いられる。この字を書いて、ボボと読ますことも多い。〔風流

読み方:かい

  1. 買といふ意味。
  2. 単に「かい」と云へば万引窃盗者の事にして接尾詞として用いられる時、例へば「おきかい、おかるかい」等の時の「かい」=(買)は窃取行為を意味する。「かいものにゆく」(買物に行く)と云へば窃盗為しに行くの意。
  3. 単に「かい」は万引窃盗接尾詞として用いられるとき例えば「おきかい、おかるかい」などの「かい」は窃取行為を意味する。

分類 相場

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
かい

読み方
かい

読み方
かい

読み方
かい

甲斐

読み方
甲斐かい

読み方
かい

読み方
かい

鹿井

読み方
鹿井かい

かい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/31 17:59 UTC 版)

かい

関連項目



かい

出典:『Wiktionary』 (2011/05/15 02:44 UTC 版)

名詞:櫂

かい

  1. 船を前に進めるために使う道具オールとも。

関連語

成句

名詞:貝

かい

  1. 軟体動物のうち、貝殻を持つものの総称。または、貝殻のようなものを持つ生物のこと。
  2. 貝殻の略。
  3. 液体粉末などをすくう道具

関連語

道具

名詞:卵

かい】(歴史的仮名遣い:かひ)

  1. たまごやその(から)のこと。

名詞:甲斐

かい甲斐】(歴史的仮名遣い:かひ)

  1. 甲斐)ある行為対す価値効果
    苦労した甲斐があった」
    それを見給ひて、「あな、かひなのわざや。」と宣ひけるよりぞ、思ふに違ふことをば「かひなし」といひける。
    石上中納言が)それ(手には子安貝無く燕の糞しかなかった)をみて、「ああ、貝がないのであるな」と仰ったときから、思い通りいかないことを「甲斐無し」というようになった(『竹取物語』)。
  2. 甲斐日本旧国名のひとつ。甲斐国甲州とも。現在の山梨県
  3. 甲斐山梨県甲斐市
  4. 甲斐日本人のひとつ。

名詞:粥

かい

  1. 「かゆ」が訛ったもの。

名詞:買い

かいい】

  1. 買うこと。特になどの値上がり見越して買うこと。

対義語

動詞

かい歴史的仮名遣い:かひ)

  1. ワ行五段活用動詞古語ではハ行四段活用)の「買う」、「飼う」、「支う」、「交う」の連体形

助詞

終助詞である「か」と「い」がつながったもの。主に話し言葉で使われる。

  1. 文末につき、質問疑問勧誘驚きなどの意味を強め
    昨日はどこに行ったのかい
    一緒にやらないかい
    ああ、そうかい結局おまえもかい

同音異義語

かい

参照

関連語







※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



かいと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かい」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||


8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



かいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2020 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
正文堂正文堂
© SEIBUNDO, 2020
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのかい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのかい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS