内侍とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 詰め所 > 内侍の意味・解説 

ない‐し【内侍】


うち‐さぶらい〔‐さぶらひ〕【内侍】


うち‐さぶらい ‥さぶらひ 【内侍】

〔名〕 主殿東西板敷きの場所。警護武士などの詰所。うちざむらい。⇔外侍(そとさぶらい)。

大斎院御集(11C前)「うちさぶらひのまへにたたみしきてゐたり」


ない‐し【内侍】

〔名〕

令制で、内侍司(ないしのつかさ)の女官総称古くは、内侍所にも奉仕した。

万葉(8C後)一九・四二六八題詞黄葉沢蘭一株抜取内侍佐々貴山君

② 「ないし(内侍)のじょう」の略。

九暦九条殿記五月節・天慶七年(944)三月二日「内侍二人侍御剣・契御筥等

斎宮寮(さいぐうりょう)の女官一つ

源氏100114頃)澪標女別当・内侍などいふ人々

古今著聞集(1254)一「荒祭宮斎宮の内侍に御詫宣あり」

安芸国広島県厳島神社奉仕した巫女(みこ)。

梁塵秘抄口伝集(12C後)一〇「安芸厳島へ、建春門院相具して参る事ありき。〈略〉その国の内侍二人、くろ、釈迦なり」


内侍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/17 23:32 UTC 版)

内侍(ないし)は近代以前の日本の女性職の1種である。内侍には以下のものがある。


  1. ^ 「内侍」とは第二義的に専らこの掌侍を指した。


「内侍」の続きの解説一覧



内侍と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「内侍」の関連用語

内侍のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



内侍のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの内侍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS