厳島とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地形 > > 厳島の意味・解説 

いつくしま 【厳島】 ◇

広島湾西部の島。最高所弥山みせん)。島をおおう原始林は国の天然記念物神の島とされ、出産埋葬を忌んだ。北西岸に厳島神社があり、日本三景の一。宮島

厳島

名称: 厳島
ふりがな いつくしま
種別 特別史跡
種別2: 特別名勝
都道府県 広島県
市区町村 佐伯郡宮島町
管理団体 広島県(昭6・727)
指定年月日 1923.03.07(大正12.03.07)
指定基準 史2,史3,名8
特別指定年月日 昭和27.11.22
追加指定年月日
解説文: 島ノ形状長方形ニシテ對岸宮島驛ト一水道ヲ隔テ其ノ狹キ所ハ五六ナリ島ノ最高峯御山ニシテ頂上ヨリ瀬戸内海風景一眸ノ中ニ收ムルコトヲ得ヘク島中ニハ瀑布アリ砂丘アリ奇岩アリ更ニ森林風致ヲ備フルアリ秋季ニハ紅葉美觀ヲ添フルモノアリ海中ニ立ツ大鳥居ハ島ノ一偉觀ニシテ廻廊海中ニ築營セラレ恰モ海上ニ浮フカ如ク日本三景ノ一トシテ人口膾炙平氏崇敬ニ因リテ建テラレタル巌島神社社殿ハ今仍ホ莊麗後白河法皇高倉上皇御幸ヲ始メトシ歴代武將參詣相次ケリ其ノ附近一帶古來史蹟ニ富ミ毛利元就陶晴賢ヲ討チシ古戦場尤モ世ニ名高
広島湾西北部に当り大野瀬戸を以て本土隔る長方形の島でその厳島峰の頂上からは瀬戸内海風景一望し、島内に滝、砂丘寄岩、原等あり風致に富む。
厳島神社社殿廻廊及び大鳥居海中築造されて、あたかも海上浮ぶ如く背後の島の自然とよく調和した特有の表現日本三景の一としての名に恥じない
厳島神社社殿また荘麗極め附近には毛利元就陶晴賢との古戦場その他の史跡に富む。
史跡名勝記念物のほかの用語一覧
特別史跡:  中尊寺境内  五稜郭跡  原の辻遺跡  厳島  吉野ヶ里遺跡  名古屋城跡  名護屋城跡並陣跡

厳島

島嶼名辞典では1991年10月時点の情報を掲載しています。

厳島

作者江戸美保

収載図書翳り
出版社乃村工藝社MEDIA2u
刊行年月2002.12


厳島

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

厳島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/05 16:45 UTC 版)

厳島(いつくしま)は、日本の広島県廿日市市宮島町にある島。瀬戸内海西部、広島湾の北西部に位置する。通称は宮島(みやじま)。また安芸の宮島ともいう。




注釈

  1. ^ 廿日市市発表による2008年の宮島地区への入り込み観光客数は343万人。1998年から2006年までは300万人を割り込んだが、2007年(307万人)以降は再び300万人台となっている。
  2. ^ 汚れ(けがれ)と穢れ(けがれ)。
  3. ^ 神社では神の名に尊称を付けるが、ここでは重要ではなく冗長さを増すだけなので、「イチキシマヒメノミコト(市杵島姫命)」なら「イチキシマヒメ(市杵島姫)」、「スサノオノミコト(素戔男尊)」なら「スサノオ(素戔男尊)」と記すこととする。また、宗像三女神の記載順は厳島神社に準拠する。
  4. ^ ウェブサイトやブログ等、ネットで餌やりを公言している団体だけでもNPO法人アニマルライツセンター、日本動物愛護協会、岡山動物愛護会、宮島の鹿愛護会など多数ある。
  5. ^ わずかに大川浦から「石棒の可能性が想定される」片岩製の石製品2点が採集されているが、いずれも破片であり、明確に石棒と言えるものではない。また、片岩製の粗製石棒は西日本の縄文晩期末~弥生前期初頭の遺跡に普遍的に見られ、厳島信仰の存在を示す特異な遺物とは言えない。
  6. ^ 『棚守房顕覚書』は、説明を付して1975年(昭和50年)に宮島町から出版されている。

出典

  1. ^ 日本離島センター (2004). 日本の島ガイド『SHIMADAS(シマダス)』 (第2版 ed.). 日本離島センター. ISBN 9784931230224. 
  2. ^ a b 厳島の最高峰「弥山(みせん)」の標高値が変わります”. 国土地理院 (2005年10月6日). 2009年9月20日閲覧。
  3. ^ トリップアドバイザー「外国人に人気の日本の観光スポット」トップ20を発表 最も人気の高い日本の観光スポットは、広島県の宮島(厳島神社)に!
  4. ^ 日本の9湿地を登録 広島・宮島など ラムサール条約 Archived 2012年12月19日, at Archive.is, 産経新聞2012年7月3日付.
  5. ^ [1][リンク切れ]
  6. ^ 一部参考:宮島の浮世絵ギャラリー
  7. ^ 江戸時代には広島城や草津村(現・広島市西区)からの渡航が主であり、宮島口という地名は存在していない。JR宮島口駅は開設当初「宮島駅」(当時は国鉄に買収される前の山陽鉄道)、広電宮島口駅は「電車宮島駅」といった。
  8. ^ 江戸幕藩体制の実態が無くなってからも、行政町村(近代行政町村)が制度として整備される1889年(昭和22年)までは“藩政村的な自然町村”が事実上存続していた。それは、中世の自然村でも近代の行政町村でもない。
  9. ^ a b 宮島の地理 - 廿日市市
  10. ^ [2] 中日新聞2010年2月21日付
  11. ^ 宮島のシカの食害/広島大学大学院附属宮島自然植物研究所,2002年。2013年10月20日閲覧
  12. ^ たとえば宮島のシカ削減へ 観光客を角で突く、フン害絶えず/読売新聞広島版、2008年6月20日付。閲覧は獣害を裏返せ - gooブログより、2013年10月20日閲覧
  13. ^ 宮島シカ、市街地海側で半減/中国新聞2012年8月30日付、閲覧は宮島シカ、市街地海側で半減/47ニュース、2013年10月20日閲覧
  14. ^ 希少 中国南部が原産/ミヤジマトンボ 中国新聞1997年11月8日付。2011年11月23日閲覧
  15. ^ ミヤジマトンボ生息地を調査 中国新聞2011年9月16日付。2011年11月23日閲覧
  16. ^ a b 荒木亮司・三枝健二「宮島町下室浜遺跡のナイフ形石器」『研究紀要』第5集(2005) 広島県立歴史民俗資料館
  17. ^ a b c d e 古瀬清秀他「厳島における考古学的踏査とその検討(1)」『内海文化研究紀要』第34号(2006) 広島大学大学院文学研究科付属内海文化研究施設
  18. ^ a b c "古瀬清秀他「厳島における考古学的踏査とその検討(2) - 大川浦遺跡に関する考古学的検討-」『内海文化研究紀要』第35号(2007)  広島大学大学院文学研究科付属内海文化研究施設
  19. ^ 中越利夫「大野瀬戸周辺の遺跡・遺物(2)-宮島町上室浜遺跡採集の石鏃について」『内海文化研究紀要』第24号(1995) 広島大学文学部内海文化研究施設
  20. ^ 時枝務『山岳霊場の考古学的研究』 株式会社雄山閣 2018
  21. ^ 河瀬正利「広島県佐伯郡廿日市町地御前南遺跡出土の遺物について」『広島大学文学部帝釈峡遺跡群発掘調査室年報VII』(1984) 広島大学文学部帝釈峡遺跡群発掘調査室
  22. ^ 中越利夫「大野瀬戸周辺の遺跡・遺物(1)」『内海文化研究紀要』第23号(1994) 広島大学文学部内海文化研究施設
  23. ^ 荒木亮司「下室浜採集の遺物について」『宮島自然植物実験所ニュースレター』第6号(2005) 広島大学大学院理学研究科付属宮島自然植物実験所
  24. ^ 妹尾周三「安芸、厳島における新発見の祭祀遺跡-弥山の中腹で発見された岩塊群の検討-」『MUSEUM 東京国立博物館研究誌』No.639(2012) 東京国立博物館学芸企画部企画課出版企画室
  25. ^ 妹尾周三「安芸厳島(伊都岐島)弥山水精寺の創建について」『佛教藝術』第304号(2009) 毎日新聞社
  26. ^ 『週刊朝日百科 日本の国宝 28(厳島神社)』(朝日新聞社、1997)、pp.2, 231
  27. ^ 『菩提院遺跡発掘調査報告 - 宮島町立歴史民俗資料館収蔵庫建設に伴う発掘調査の記録』(2005) 宮島町教育委員会
  28. ^ 『台風被災復興支援 厳島神社国宝展』(2005) 奈良国立博物館
  29. ^ 村上勇・西尾克己「中国地域の経塚出土陶磁-貿易陶磁の出土状況と様相について-」『貿易陶磁研究 第24号』(2004) 日本貿易陶磁研究会
  30. ^ 国指定文化財等データベース:紙本墨書尊海渡海日記, 文化庁.
  31. ^ 辻星児「『尊海渡海日記』に記された朝鮮語について」(全文PDFあり), 紀要「文化共生学研究」Vol.5, No.1(2007), 岡山大学.
  32. ^ 愛知学院大学貴重資料デジタルギャラリー テイセラ日本図。正確には、アブラハム・オルテリウスがテイセラの原図を基に「世界の舞台」1595年版に収録したもの。
  33. ^ 『祝師屋敷跡発掘調査報告書』(1995) 祝師屋敷跡地内埋蔵文化財発掘調査団
  34. ^ 旧暦和暦)の慶応2年8月1日と8月30日(同月最終日)は、西暦グレゴリオ暦)では1866年9月9日と10月8日。
  35. ^ 日本土木学会『日本の近代土木遺産』2005年版p220-221(日本土木学会出版)
  36. ^ 廿日市市統計書(2010年版)H.運輸・通信
  37. ^ a b 宮島で遭難相次ぐ/広島・本年度29件救助/ルート外は深い原生林『東京新聞』朝刊2018年1月26日(特報面)
  38. ^ 宮島検定(廿日市商工会議所)
  39. ^ a b 宮島 アクセス
  40. ^ 宮島行大鳥居遊覧航路”. アクアネット広島. 2015年6月19日閲覧。
  41. ^ http://www.miyajima.or.jp/timetable/newryoukin2.pdf
  42. ^ 交通アクセス - 宮島ロープウェイ





厳島と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「厳島」の関連用語

厳島のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



厳島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2020 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの厳島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS