公武合体とは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 四字熟語 > 身体 > > 公武合体の意味・解説 

こう ぶがったい [1] 【公武合体】


公武合体 (こうぶがったい)

朝廷(公)と幕府(武)が協力して、政治を行うことを理想とする思想です。この思想を持つ公家などの働きによって、孝明天皇こうめいてんのう]の妹の和宮かずのみや]と将軍徳川家茂とくがわいえもち]が結婚しました。

関連項目

公武合体

読み方:コウブガッタイ(koubugattai)

幕末期朝廷伝統的権威結びつくことで幕藩体制の再強化企図した構想運動


公武合体

作者鳥越一朗

収載図書京都一千年の恋めぐり
出版社ユニプラン
刊行年月2005.11


公武合体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/23 02:25 UTC 版)

公武合体(こうぶがったい)は、幕末1850年代から1860年代)の日本において、朝廷(公)の伝統的権威と、幕府及び諸藩(武)を結びつけて幕藩体制の再編強化をはかろうとした政策論、政治運動をいう。公武合体策[1]公武合体論公武合体運動公武一和(こうぶいちわ)とも呼ばれる。対義語は尊皇攘夷である。


[ヘルプ]
  1. ^ 『社会科 中学生の歴史』(帝国書院。平成17年3月30日文部科学省検定済。教科書番号:46 帝国 歴史-713)p 144に「桜田門外の変ののち, 幕府は, 朝廷を利用して権威の回復をめざす公武合体策をうち出し, 孝明天皇の妹を14代将軍徳川家茂の夫人としました。」と記載され、『日本史B』(実教出版。高等学校地理歴史科用。平成14年1月25日発行。平成9年3月31日 文部科学省検定済。教科書番号:7実教 日B582)p 225に、「大老を暗殺された幕府は, 朝廷との関係を回復して反幕勢力をおさえるため, 朝廷と幕府の融和をめざす公武合体策をすすめた。」と記載されている。
  2. ^ 家近編2001、pp.37-38。
  3. ^ 1858年(安政5年)頃、大老井伊直弼の腹心である彦根藩長野義言と、同藩士宇津木景福との間の手紙に示された、朝廷統制策が起源と考えられている。小西1984、p.208。
  4. ^ 佐々木1998、p.29。
  5. ^ 井上2006、pp.52-53。
  6. ^ 井上2006、p.68。
  7. ^ 佐々木1998、p.72。
  8. ^ 佐々木1998、p.74。
  9. ^ 公式記録への記述にはなく証言は茂勲のもののみ。詳しくは小御所会議を参照。


「公武合体」の続きの解説一覧





公武合体と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「公武合体」の関連用語

公武合体のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



公武合体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2018,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの公武合体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS