公比とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 算数・数学用語 > 公比の意味・解説 

こう ひ [1] 【公比】

等比数列において、相隣り合う二項の間の比。

公比

数列で、初項につぎつぎと掛けられる一定の数のことをいう。


等比数列

(公比 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/24 14:06 UTC 版)

等比数列(とうひすうれつ、または幾何数列(きかすうれつ)、: geometric progression, geometric sequence)は、数列で、隣り合う二項のが項番号によらず一定であるようなものである。言い換えると、n の繰り返しで離れている数列である。その冪乗の始まりとなる数値を公比(こうひ、: common ratio)という。


  1. ^ r > 0 のとき b比例中項と呼ばれる。a:b = b:c = r




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「公比」の関連用語

公比のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



公比のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
数理検定協会数理検定協会
Copyright©2019 数理検定協会 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの等比数列 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS