江戸末期とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 江戸末期の意味・解説 

幕末

(江戸末期 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/11 00:18 UTC 版)

幕末ばくまつは、日本の歴史のうち、江戸幕府政権を握っていた時代(江戸時代)の末期を指す。本記事においては、黒船来航1853年)から戊辰戦争1868年)までの時代を主に扱う。


注釈

  1. ^ 但し、領事裁判権はむしろ幕府が求めたものであり、関税に関してもこの時点では妥当なものであった。むしろ問題は金銀等価交換を認めたことであった→幕末の通貨問題
  2. ^ なお、小笠原としては本気で交渉して鎖港するつもりはなく、横浜の商人に対しては、交易は従来通り許すから安心するよう布告している。
  3. ^ なお、このとき幕権強化を唱えるタカ派の幕閣は、毛利敬親毛利広封父子や五卿を江戸へ送らせようとしたが、慶勝はその指令が届く前に撤兵を命じた。
  4. ^ 在京各藩士には前日に二条城にて諮問していた。

出典

  1. ^ 同日、久里浜浦賀奉行以下60人が大筒ボンベン・モルチール砲の砲撃訓練をしていた。訓練は三日目に入っていた。夕方、異国船4隻が沖合を通り過ぎ、浦賀沖に投錨した。そのうち2隻が蒸気軍艦であった。(井上勝生『幕末・維新』シリーズ日本近現代史① 岩波書店 〈岩波新書1042〉 2006年 2ページ)
  2. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、25-27頁。
  3. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、28-31頁。
  4. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、37-40頁。
  5. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、36-37頁。
  6. ^ 関良基「”不平等”ではなかった日米修好通商条約」『日本を開国させた男、松平忠固 近代日本の礎を築いた老中』作品社、2020年。
  7. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、50-52頁。
  8. ^ a b 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、51-52頁。
  9. ^ a b 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、58頁。
  10. ^ a b 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、59頁。
  11. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、59-60頁。
  12. ^ a b c 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、60頁。
  13. ^ a b c 安政の大獄とは - コトバンク”. 2021年9月17日閲覧。
  14. ^ 飯泉喜内とは - コトバンク”. 2021年9月17日閲覧。
  15. ^ 小林良典とは - コトバンク”. 2021年9月17日閲覧。
  16. ^ 日下部伊三次とは - コトバンク”. 2021年9月17日閲覧。
  17. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、62頁。
  18. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、91頁。
  19. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、92頁。
  20. ^ 『もういちど読む山川日本近代史』鳥海靖
  21. ^ ロシア軍艦対馬占領事件とは - コトバンク”. 2021年9月17日閲覧。
  22. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、93-94頁。
  23. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、86-87頁。
  24. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、82-83頁。
  25. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、83-84頁。
  26. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、104-105頁。
  27. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、94-95頁。
  28. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、95-97頁。
  29. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、105-106頁。
  30. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、106頁。
  31. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、98頁。
  32. ^ a b 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、100頁。
  33. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、108頁。
  34. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、107頁。
  35. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、97-98頁。
  36. ^ 一坂太郎『暗殺の幕末維新史』中央公論新社、2020年、58-61頁。
  37. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、99頁。
  38. ^ 一坂太郎『暗殺の幕末維新史』中央公論新社、2020年、66-68頁。
  39. ^ 一坂太郎『暗殺の幕末維新史』中央公論新社、2020年、106-108頁。
  40. ^ a b c 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、102頁。
  41. ^ a b 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、119-120頁。
  42. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、112-113頁。
  43. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、114-115頁。
  44. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、116-119頁。
  45. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、121-122頁。
  46. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、122-123頁。
  47. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、125-128頁。
  48. ^ a b c 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、129-130頁。
  49. ^ 改税約書とは - コトバンク”. 2021年9月17日閲覧。
  50. ^ a b 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、131-133頁。
  51. ^ a b 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、137-139頁。
  52. ^ a b 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、143-144頁。
  53. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、151頁。
  54. ^ a b 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、146-147頁。
  55. ^ a b 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、152-153頁。
  56. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、151-152頁。
  57. ^ a b 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、161頁。
  58. ^ a b 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、162頁。
  59. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、154-155頁。
  60. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、162-163頁。
  61. ^ A .H.バウマン「19世紀における北海道植民地化計画-3人のドイツ人の試案に関する比較研究-」日本独学史学会論集『日独文化交流史研究』(2004)
  62. ^ 維新期の会津・庄内藩、外交に活路 ドイツの文書館で確認”. 朝日新聞. www.asahi.com (2011年2月7日). 2011年2月9日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「江戸末期」の関連用語

江戸末期のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



江戸末期のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの幕末 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS