赤穂事件とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 赤穂事件の意味・解説 

赤穂事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/06 05:42 UTC 版)

赤穂事件(あこうじけん)は、18世紀初頭(江戸時代)の元禄年間に、江戸城松之大廊下高家吉良上野介(きらこうずけのすけ)義央[注釈 1]に斬りつけたとして、播磨赤穂藩藩主の浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)長矩が切腹に処せられた事件。さらにその後、亡き主君の浅野長矩に代わり、家臣の大石内蔵助良雄以下47人が本所の吉良邸に討ち入り、吉良義央、 小林央通鳥居正次清水義久らを討った事件を指すものである。




注釈

  1. ^ 諱の読みは諸説あるが、愛知県西尾市の華蔵寺に収められる古文書の花押などから「よしひさ」と考察される。
  2. ^ 明治政府による藩札交換率は、薩摩藩の藩札でも33銭3厘、土佐藩も32銭2厘であり[41]、改易藩のものとしては破格の交換条件である。
  3. ^ 浪士らは泉岳寺から仙石邸に一旦移送されていたが、肥後藩細川家は泉岳寺から直接移送と勘違いし、江戸家老三宅藤兵衛の指図によりその旨の準備(17人の預かり担当に対し、警護含む人員847人)が用意されたが、仙石邸からの受取と知って急遽行先を変更した上で、当時としてはかなり夜間となる午後10時に仙石邸から17名の受け取りを行っている。これにより、現場では多少の混乱・情報の錯綜があったことが窺い知れる。
  4. ^ 高家の「今川」における「品川」と同じ扱い。
  5. ^ 義叔の孫に当たる義孚の代に「東条」から「吉良」へ復姓する。
  6. ^ 高家の装束が直垂であることは、神坂次郎著『おかしな大名たち』所収の大沢基寿の史談会での談話に明らかである

出典

  1. ^ 宮澤(1999) p146
  2. ^ 『〈元禄赤穂事件と江戸時代〉スッキリ解決! 忠臣蔵のなぜと謎 (歴史群像デジタルアーカイブス)』(今井敏夫)、『考証 元禄赤穂事件―「忠臣蔵」の虚実』(PHPビジネスライブラリー 稲垣 史生)
  3. ^ 三田村(1930)松島(1964)今尾(1987)宮澤(1999)野口(1994)田口(1999)田原(2006)山本(2012a)渡辺(2013)、『元禄時代と赤穂事件』(大石学、角川選書)、『忠臣蔵の世界: 日本人の心情の源流』(諏訪春雄 大和書房)
  4. ^ 宮澤(2001) p28、p147-151
  5. ^ 例えば1888年の『江戸本所讐討 : 赤穂浪士吉良義英』 森仙吉編、東京屋 近代デジタルイブラリー
  6. ^ 宮澤(2001)山本(2013)
  7. ^ 野口(2015) p70
  8. ^ a b c d e f 山本(2012a) 第一章一節「梶川与惣兵衛の証言」
  9. ^ a b c d e 山本(2012a) 第二章二節「大石の真意」
  10. ^ a b c d e f g h i 山本(2012a) 第二章三節
  11. ^ a b c d 山本(2012a) 第四章二節
  12. ^ a b c d e f 山本(2012a) 第四章三節
  13. ^ a b c d 田口(1999) p181-182
  14. ^ a b c d 宮澤(1999) p146
  15. ^ 宮澤(1999) p215
  16. ^ 宮澤(1999) p225
  17. ^ a b c d e 山本(2012a) 第一章一節「運命の三月十四日」
  18. ^ a b c d e 山本(2012a) 第一章一節
  19. ^ 野口(1994) p56
  20. ^ 山本(2012b) 序章「基礎資料と事件の経過」
  21. ^ 『梶原氏筆記』。山本(2012a) 第一章一節「梶川与惣兵衛の詳言」より重引。現代語訳も同書から引用。
  22. ^ 山本(2012a) 第一章一節「梶川与惣兵衛の詳言」
  23. ^ 現在の東京都港区新橋4丁目
  24. ^ a b c 山本(2012a) 第一章二節「幕府の裁定」
  25. ^ 『一関藩家中長岡七郎兵衛記録』宮澤(1999) p44より重引。
  26. ^ 宮澤(1999) p36-38
  27. ^ 宮澤(1999) p40-41
  28. ^ a b c 山本(2012a) 第一章二節
  29. ^ a b c 宮澤(1999) p43-45
  30. ^ 山本(2012a) 第一章二節「幕府の裁定」より重引。現代語訳も同書から引用。
  31. ^ a b c d 山本(2012a) 第一章三節
  32. ^ a b 山本(2012a) 第一章二節「吉良の家系」
  33. ^ 宮澤(1999) p42
  34. ^ 宮澤(1999) p42
  35. ^ a b c 宮澤(1999) p47-49
  36. ^ 宮澤(1999) p56
  37. ^ 宮澤(1999) p48
  38. ^ a b c d e f g h 山本(2012a) 第二章一節
  39. ^ a b c 山本(2012a) 第二章一節「江戸屋敷と居城の明け渡し」
  40. ^ 山本(2012a) 第二章一節「藩札の処理」
  41. ^ 日本銀行貨幣博物館展示および公式web
  42. ^ a b 宮澤(1999) p53-54
  43. ^ 泉岳寺境内案内
  44. ^ a b 山本(2013) p28
  45. ^ a b c d e f g h i j 山本(2012a) 第二章二節
  46. ^ 山本(2012a) 第二章一節「吉良存命の報」
  47. ^ a b 赤穂市忠臣蔵 第一巻p74-76
  48. ^ a b c d e f 山本(2012a) 第二章四節
  49. ^ 谷口(2006) p44
  50. ^ a b 山本(2012a) 第二章五節
  51. ^ a b 宮澤(1999) p106
  52. ^ a b c 宮澤(1999) p92-83
  53. ^ 宮澤(1999) p87
  54. ^ a b c 山本(2012a)第一章2節「藩主個人との距離」
  55. ^ 山本(2012b) 第四章三節「急進派武士の意地」
  56. ^ 山本(2013) p50-51
  57. ^ a b 山本(2012a) 第三章一節
  58. ^ 山本(2012a) 第三章二節
  59. ^ a b c d 山本(2012b) 第二章3節「旧藩士の身の振り方」
  60. ^ a b c d e f g h 山本(2012a) 第三章三節
  61. ^ a b c 宮澤(1999) p93-p95
  62. ^ a b 宮澤(1999) p97-99
  63. ^ a b c d e 山本(2012a) 第三章四節
  64. ^ a b 宮澤(1999) p100
  65. ^ 宮澤(1999) p108
  66. ^ a b c d 山本(2012a) 第三章四節「山科会議」
  67. ^ 宮澤(1999) p110-111
  68. ^ a b c 宮澤(1999) p116-117
  69. ^ a b 山本(2013) p84-86
  70. ^ a b 宮澤(1999) p112-113
  71. ^ 宮澤(1999) p114
  72. ^ a b 宮澤(1999) p148
  73. ^ a b c 宮澤(1999) p114-118
  74. ^ a b c 谷口(2006) p100
  75. ^ 宮澤(1999) p131
  76. ^ 山形(2014) p110-111
  77. ^ a b c d e 宮澤(1999) p134-136
  78. ^ a b c 山本(2012a) 第五章一節
  79. ^ a b 山本(2012b)第四章1節
  80. ^ a b c 山本(2013) p140-143
  81. ^ a b 山本(2012a) 第五章三節
  82. ^ a b c d e 山本(2012a) 第五章三節「南部坂の別れ」
  83. ^ a b c d e f g 山本(2012a) 第五章四節
  84. ^ 宮澤(1999) p157
  85. ^ 山本(2012a) 第五章四節「吉良邸茶会の情報」
  86. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 山本(2012a) 第五章二節「続出する脱盟者」
  87. ^ 山本(2014)p74-75
  88. ^ a b c 元禄(1999) p64
  89. ^ 山本(2012a) 第五章四節「揺れる討ち入り前の心」
  90. ^ a b c 山本(2012a)第六章一節
  91. ^ 宮澤(1999) p158
  92. ^ a b c 山本(2012a)第六章一節「結実のとき」
  93. ^ a b c 山本(2012a)第六章二節
  94. ^ a b c d 山本(2012a)第六章三節
  95. ^ 野口(1994) p146
  96. ^ 山本(2012b)第四章三節「計画通りの討ち入り」
  97. ^ a b 山本(2012a)第六章二節「吉良邸内の奥へと進む赤穂浪士たち」
  98. ^ 宮澤(1999) p159
  99. ^ 谷口(2006) p175
  100. ^ a b c 山本(2012a)第六章三節「誰が吉良の首を揚げたのか」
  101. ^ 宮澤(1999) p161-162
  102. ^ a b 山本(2013) p166-167
  103. ^ 渡辺(1998) p.207
  104. ^ a b 山本(2013) p174-177
  105. ^ a b c d e 山本(2013) p186-188
  106. ^ a b c d 山本(2013) 188-192
  107. ^ 山本(2012a) 第七章二節「大石内蔵助の最後」
  108. ^ 泉(1998) p.119
  109. ^ 泉(1998) p.120
  110. ^ 赤穂市忠臣蔵 p293
  111. ^ a b 花岳寺「赤穂義士の墓」
  112. ^ 山本(2014) p171
  113. ^ a b c d 山本(2013) p194-196
  114. ^ 山本(2012a) 第七章三節「吉良左兵衛の処分」
  115. ^ 華蔵寺(愛知県西尾市)
  116. ^ a b c 山本(2013) p197
  117. ^ 山本(2013) p202
  118. ^ 泉(1998) p.278
  119. ^ a b 山本(2012a) 第七章三節
  120. ^ 義士銘々傳より(発行:泉岳寺)、wikipedia「浅野長広」項目も参照
  121. ^ 泉(1998) p.122/279
  122. ^ 義士銘々傳より(発行:泉岳寺)
  123. ^ 「赤穂藩森家分限帳集」(天保3年)
  124. ^ 寛政重修諸家譜』(巻第九十二)
  125. ^ 『旧高旧領取調帳』など
  126. ^ 赤穂事件リアルタイム記録 西本願寺で文書見つかる
  127. ^ 「吉良殿御痛も軽ク」… 刃傷事件直後の記録見つかる[リンク切れ]
  128. ^ 「浅野内匠頭殿 乱心」 京都・西本願寺で文書発見 真相は……やはり謎
  129. ^ 宮澤(1999) p209
  130. ^ 宮澤(1999) p225
  131. ^ 宮澤(1999) p215
  132. ^ a b c d e f g h i j k l m n 宮澤(1999) p214-229
  133. ^ a b c d 赤穂市忠臣蔵 第一巻p347-349
  134. ^ 宮澤(1999) p172
  135. ^ 川平敏文「室鳩巣『赤穂義人録』論-その微意と対外意識-」井上泰至 編『近世日本の歴史叙述と対外意識』勉誠出版、2016年7月 ISBN 978-4-585-22152-4 P117-142
  136. ^ 宮澤(1999) p5
  137. ^ a b c d e f 谷口(2006) p164-171
  138. ^ a b c 山本(2012b) 第一章3節「新参者と元藩士」
  139. ^ 山本(2012b) 第一章3節「討ち入り参加者の特徴」
  140. ^ a b c 佐々木(1983) p203-206
  141. ^ a b 佐々木(1983) p318-322
  142. ^ a b 佐々木(1983) p259-262
  143. ^ a b 山本(2012a) 第六章三節「寺坂吉右衛門の行方」
  144. ^ a b 佐々木(1983) p294-301
  145. ^ a b 佐々木(1983) p290-293
  146. ^ a b c d e f 野口(2015) p52-54
  147. ^ a b c 佐々木(1983) p287-288
  148. ^ a b 宮澤(1999) p159
  149. ^ a b c 佐々木(1983) p313-314
  150. ^ 谷口(2006) p142
  151. ^ a b c 山本(2012b) 第三章2節「安兵衛の焦り」
  152. ^ a b 野口(2015) p54-56
  153. ^ a b c d e f g 谷口(2006) p108-117
  154. ^ a b c 谷口(2006) p134-135
  155. ^ 野口(1994) p85
  156. ^ a b c d e 宮澤(1999) p72
  157. ^ <佐々木(1983) p360
  158. ^ a b c 谷口(2006) p159
  159. ^ 谷口(2006) p167
  160. ^ a b c d e f g 山本(2012b)第二章3節「再仕官の悲劇と裏切り」
  161. ^ 佐々木(1983) p400
  162. ^ 山本(2012a)第三章四節「高田郡兵衛の脱盟」
  163. ^ a b c d 田口(1998) 第三章2節「大石ファミリー」
  164. ^ 宮澤(1999) p105
  165. ^ 田口(1998) 第三章2節「妻たちの苦悩」
  166. ^ a b 田口(1998) 第五章1節「女でしくじった男の話」
  167. ^ a b 佐々木(1983) p418
  168. ^ a b 田口(1998) 第五章2節「 心乱るる庄左衛門」
  169. ^ a b c d 『忠臣蔵-その成立と展開-』松島栄一著 岩波新書 p109
  170. ^ 佐々木(1983) p365
  171. ^ 谷口(2006) p123
  172. ^ 谷口(2006) p124
  173. ^ 谷口(2006) p126
  174. ^ 谷口(2006) p131
  175. ^ a b c d 佐々木(1983) p398
  176. ^ 赤穂義士史料上(1931) p263
  177. ^ a b 野口(1994) p140
  178. ^ a b 山本(2012a) 第一章二節「吉良の家系」
  179. ^ 山本(2013) p67
  180. ^ a b 山本(2013) p159
  181. ^ a b 山本(2013) p193-196
  182. ^ a b 佐々木杜太郎、赤穂義士顕彰会 『赤穂義士事典―大石神社蔵』 新人物往来社、1983年(昭和58年)。p385-386
  183. ^ a b c d e 佐々木(1983) p439
  184. ^ a b c d e f 佐々木杜太郎、赤穂義士顕彰会 『赤穂義士事典―大石神社蔵』 新人物往来社、1983年(昭和58年)。 p390-391
  185. ^ 『山本博文 『これが本当の「忠臣蔵」赤穂浪士討ち入り事件の真相』 小学館101新書、2012年(平成24年)。ISBN 978-4098251346。 第六章三節「吉良側の人的損害」
  186. ^ 『忠臣いろは実記』文化デジタルライブラリー
  187. ^ 『四十七石忠箭計』近代デジタルライブラリー
  188. ^ a b c 野口(2015) p33
  189. ^ a b c 宮澤(1999) p49
  190. ^ a b 谷口(2006) p30
  191. ^ 山本(2013) p18
  192. ^ a b c d e f g h i j 山本(2013) p14-16
  193. ^ a b c d 野口(1994) p55
  194. ^ a b 野口(2015) p80
  195. ^ a b c d e f g h i 山本(2013) p21-25
  196. ^ 山本(2012b) 序章「基礎史料と事件の経過」
  197. ^ a b c d e f 野口(1994) p15
  198. ^ 野口(2015) p69-70
  199. ^ a b 谷口(2006) p20-21
  200. ^ a b c 谷口(2006) p20-21
  201. ^ a b 谷口(2006) p31-32
  202. ^ a b c d e f g h i j 宮澤(1999) p26-33
  203. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 佐々木(1983) p26-42
  204. ^ 野口(1994)p22
  205. ^ 『元禄江戸人のカルテ』。野口(1994)p22より重引
  206. ^ a b c d 今尾(1987)、p91。中島陽一郎の『病気日本史』の記述は同書からの重引。
  207. ^ a b 山本(2012a)第一章三節「内匠頭の評判」
  208. ^ a b c 赤穂市忠臣蔵 第一巻p26-27
  209. ^ a b c d e f g h i 赤穂市忠臣蔵 第一巻p25-26
  210. ^ 『<元禄赤穂事件と江戸時代>スッキリ解決! 忠臣蔵のなぜと謎 (歴史群像デジタルアーカイブス)』今井敏夫 「浅野と吉良の間に塩問題は存在したか?」
  211. ^ a b 元禄(1999)p91
  212. ^ 『忠臣蔵の世界: 日本人の心情の源流』 諏訪春雄 大和書房, 1982年。p69
  213. ^ 忠臣蔵文庫(1912)
  214. ^ a b c d e f g h i j k 赤穂市忠臣蔵第一巻 p215-219
  215. ^ a b c 赤穂市忠臣蔵第一巻 p228-229
  216. ^ a b c d e f g h i j k l m n 佐々木(1983) p259-262
  217. ^ a b c d e f g h i 宮澤(1999) p168-172
  218. ^ 赤穂市忠臣蔵第一巻 p219-220
  219. ^ a b c 山本(2012a)第六章三節「寺坂吉右衛門の行方」
  220. ^ a b c 野口(1994) p197-200
  221. ^ a b 松島(1964) p118
  222. ^ a b c d e f g h 赤穂市忠臣蔵 p220-223
  223. ^ 山本(2013) p171
  224. ^ a b 赤穂市忠臣蔵第一巻 p224-229
  225. ^ 山本(2012b) 第一章3節「むしろ多い下級家臣の参加」
  226. ^ 谷口(2006) p20
  227. ^ a b c d e f 宮澤(1999) p23-24
  228. ^ a b c 宮澤(1999) p67-69
  229. ^ a b 宮澤(1999) p102
  230. ^ a b 宮澤(1999) p181-182
  231. ^ a b 渡辺(1998) p.206-207
  232. ^ a b c 宮澤(1999) p188
  233. ^ a b 山本(2013) p184-185
  234. ^ a b 宮澤(1999) p194-195
  235. ^ a b c 赤穂市忠臣蔵 第一巻p269-279
  236. ^ a b c d e f g h 宮澤(1999) p198-199
  237. ^ a b 宮澤(1999) p90
  238. ^ 宮澤(1999) p160
  239. ^ 尾崎(1974) p65
  240. ^ 尾崎(1974) p69
  241. ^ 『<元禄赤穂事件と江戸時代>スッキリ解決! 忠臣蔵のなぜと謎 (歴史群像デジタルアーカイブス)』(今井敏夫)
  242. ^ a b 田口(1998)第三章3節「大石内蔵助の娘」
  243. ^ 斎藤(1975) p.804
  244. ^ 斎藤(1975) p.805-87
  245. ^ 竹田真砂子 浄瑠璃坂の討入り - 忠臣蔵への道 -(1999/3) ISBN 9784087811698 (4087811697)
  246. ^ 佐々木(1983) p336
  247. ^ a b 山本(2012b) 第四章2節「討ち入り直前の飛脚」
  248. ^ a b c 佐々木(1983) p175
  249. ^ a b c 元禄(1999)p118
  250. ^ こよみのページ「暦のこぼれ話」赤穂義士祭
  251. ^ a b c d 宮澤(1999) p166-168






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「赤穂事件」の関連用語

赤穂事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



赤穂事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの赤穂事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS