赤穂浪士とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 赤穂浪士の意味・解説 

あこう‐ろうし〔あかほラウシ〕【赤穂浪士】


赤穂浪士

作者阿井渉介

収載図書大江戸ひっくり返史―露八史
出版社河出書房新社
刊行年月2007.3


赤穂浪士

読み方:アコウロウシ(akouroushi)

作者 大仏次郎

初出 昭和2~3年

ジャンル 小説


赤穂事件の人物一覧

(赤穂浪士 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 14:57 UTC 版)

赤穂事件の人物一覧(あこうじけんのじんぶついちらん)では、赤穂浪士(あこうろうし)をはじめとした、赤穂事件に関連する人物に関して記載する。


注釈

  1. ^ 一般的に仇と言われることが多いが、浅野長矩は殿中抜刀の罪で切腹になったのであり、吉良義央に殺されたわけではない。
  2. ^ 当時は武家においては現代と同様に午前0時が1日の始まり、庶民においては日の出が1日の始まりとされていた。そのため、討ち入りは武家の時法では12月15日未明であるが、庶民の時法では12月14日深夜となる。
  3. ^ たとえば四十七士の一人である小野寺十内は義兄(妻の兄)が脱盟したため義兄を義絶したが、その結果として小野寺の妻「おたん」は兄を頼る事ができなくなり、おたんは討ち入り後、京都で自害している[4]

出典

  1. ^ a b c 谷口 & pp164-171.
  2. ^ a b c d 山本 2012b, §1.3.
  3. ^ 谷口, pp. 108–117.
  4. ^ a b 谷口, pp. 134–135.
  5. ^ a b 宮澤(1999) p159
  6. ^ 「本所方ニハ死人十五人、手負二十三人に候」(『上杉家文書』より「米沢塩井家覚書」)
  7. ^ a b 佐々木, pp. 385–386.
  8. ^ a b c d 佐々木, pp. 390–391.
  9. ^ 山本 2012a, §6.3.
  10. ^ 『忠臣いろは実記』文化デジタルライブラリー
  11. ^ 『四十七石忠箭計』近代デジタルライブラリー
  12. ^ 野口(1994) p85
  13. ^ 山本 2012a, §2.2.
  14. ^ 山本 2012a, §2.4.
  15. ^ a b c d e 宮澤(1999) p72
  16. ^ 佐々木, pp. 360.
  17. ^ 谷口, pp. 159.
  18. ^ 谷口, p. 167.
  19. ^ a b c d e 山本 2012b, §2.3.
  20. ^ 佐々木, p. 400.
  21. ^ 山本 2012a, §3.4.
  22. ^ a b 田口(1998) 第五章1節「女でしくじった男の話」
  23. ^ a b 佐々木, p. 418.
  24. ^ 宮澤(1999) p134-136
  25. ^ 宮澤(1999) p105
  26. ^ 田口(1998) 第三章2節「妻たちの苦悩」
  27. ^ 田口(1999) p32
  28. ^ 田口(1999) p32
  29. ^ a b c 『忠臣蔵-その成立と展開-』松島栄一著 岩波新書 p109
  30. ^ a b 田口(1998) 第五章2節「 心乱るる庄左衛門」
  31. ^ 佐々木, pp. 365.
  32. ^ 谷口, p. 123.
  33. ^ 谷口, p. 124.
  34. ^ 谷口, p. 131.
  35. ^ a b c d 佐々木, p. 398.
  36. ^ a b 山本 2012a, §5.2.
  37. ^ 赤穂義士史料上(1931) p263
  38. ^ 野口(1994) p140
  39. ^ 山本 2013, p. 67.
  40. ^ 山本 2013, p. 159.
  41. ^ 山本 2013, pp. 193–196.
  42. ^ 佐々木, p. 439.
  43. ^ 山本 2012a, §1.2.
  44. ^ a b c 宮澤(1999) p49


「赤穂事件の人物一覧」の続きの解説一覧

赤穂浪士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/14 04:14 UTC 版)

いずれも第1巻登場大石内蔵助おおいし くらのすけいわゆる四十七士首魁本作では、藩主浅野内匠頭城中刃傷原因が、彼の異常な潔癖短気によるものだと見抜き過去判例に照らして幕府裁定正当だ認めている。しかし、このままでは内匠頭家臣たちが物笑いになると恐れて浅野家再興の道が閉ざされた後、生き証人である吉良上野介抹殺することを決意した討ち入り決定前の放蕩については、本作では、偽装ではなく本当の遊びだったとされている討ち入り直前垣見五郎兵衛(かけひ ごろべえ)という偽名平間滞在した際、用心棒として雇われ又八郎と対面した史実こちらのページ堀部安兵衛ほりべ やすべえ長江左衛門という偽名使い道場主に身をやつしていた。相模屋を通じ又八郎に一時的な代稽古依頼してきた。その道場の母屋には、武士町人など雑多な人々出入りしていたが、又八郎はそこが赤穂浪士一党巣窟であることに気づく史実こちらのページ吉田忠左衛門(よしだ ちゅうざえもん) 又八郎が備前屋女房おちせの警護をした際、寺でおちせと話をしていた人物。その話を盗み聞きした又八郎は、備前屋が赤穂浪士の支援をしていることを知る。後に長江左衛門の家に現れたことで、又八郎は長江道場一党拠点であると気づき平間にも現れたことで、警護対象の垣見五郎兵衛大石内蔵助だと分かった密偵おりんの話では、田口一真という偽名使い新麹町で兵学者をしている。 史実こちらのページ神崎与五郎かんざき よごろう) 父である半右衛門が、細谷と共に津山藩森家仕えていた。津山藩つぶれて右衛門浪人となったが、与五郎赤穂藩仕官した美作善兵衛という偽名使い吉良家すぐそば相生町に、木綿物を扱う「米屋という名の商店開いている長江道場頻繁に出入りしている。そして、道場探っていた密偵、朝次を暗殺したが、又八郎はその場面を密かに目撃した史実こちらのページ茅野和助(かやの わすけ) 神崎与五郎と同様津山藩離れた後、赤穂藩仕官した史実こちらのページ岡野 正体本作では明らかにしていないが、岡野金右衛門のことと思われる神崎と共に密偵暗殺した山本長左衛門 偽名正体本作では明らかにしていないが、富森正因と思われる新麹町で町人身をやつしている。長江左衛門堀部安兵衛)の推薦で、大石内蔵助警護又八郎に依頼してきた。また、又八郎と細谷吉良家用心棒入った際、又八郎の知人である土屋清之進を通じて討ち入りの日を知らせそれまでに立ち去るよう暗に勧めてきた。

※この「赤穂浪士」の解説は、「用心棒日月抄の登場人物」の解説の一部です。» 「用心棒日月抄の登場人物」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

赤穂浪士

出典:『Wiktionary』 (2020/06/02 13:16 UTC 版)

固有名詞

(あこうろうし)

  1. 元禄15年12月14日1703年1月30日)の深夜[1]旧主浅野長矩仇討ちとして吉良義央らを殺害した旧赤穂藩士、大石良雄47人の武士

同義語

脚注

  1. ただし真夜中を過ぎて翌朝になったので、現在のとなえかたによればその翌日となる。

「赤穂浪士」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

赤穂浪士のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



赤穂浪士のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの赤穂事件の人物一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの用心棒日月抄の登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの赤穂浪士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS