四十七士とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 四十七士の意味・解説 

しじゅうしち ししじふしち- [5] 【四十七士】

赤穂浪士七人のこと。

赤穂事件の人物一覧

(四十七士 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/29 21:48 UTC 版)

赤穂事件の人物一覧(あこうじけんのじんぶついちらん)では、赤穂浪士(あこうろうし)をはじめとした、赤穂事件に関連する人物に関して記載する。




注釈

  1. ^ 一般的に仇と言われることが多いが、浅野長矩は殿中抜刀の罪で切腹になったのであり、吉良義央に殺されたわけではない。
  2. ^ 口上書は筺(はこ)に納め、一丈余の青竹に結んで吉良邸玄関に立てた。仇討ち趣意書であり、いわば一党の公式声明書である。また、全員討ち死にした場合を想定した遺書とでもある。一党にとっては重い文書であると言わねばならない。
  3. ^ 内蔵助の再興願いは、弟の大学に浅野家をつがせ、大学が城中に勤めるようになったらそこで人と交わることができるように、内匠頭の刃傷の相手で、無傷でいる吉良方に何らかの処分を願いたいというのであった。だから内蔵助は、弟大学に家名を継がせて浅野家を残すだけでなく、一端薄な割れた、いわば浅野家の名誉を回復することでなければならないと考えていた。
  4. ^ 内匠頭の刃傷から1年4か月経っている。
  5. ^ 当時は武家においては現代と同様に午前0時が1日の始まり、庶民においては日の出が1日の始まりとされていた。そのため、討ち入りは武家の時法では12月15日未明であるが、庶民の時法では12月14日深夜となる。

出典

  1. ^ 藤沢周平著 『藤沢周平全集 第22巻』 文藝春秋 1994年 83ページ
  2. ^ 藤沢周平著 『藤沢周平全集 第23巻』 文藝春秋 1994年 84ページ
  3. ^ 藤沢周平著 『藤沢周平全集 第23巻』 文藝春秋 1994年 84ページ
  4. ^ 藤沢周平著 『藤沢周平全集 第23巻』 文藝春秋 1994年 35ページ
  5. ^ 藤沢周平著 『藤沢周平全集 第23巻』 文藝春秋 1994年 34-35ページ
  6. ^ 藤沢周平著 『藤沢周平全集 第23巻』 文藝春秋 1994年 37ページ


「赤穂事件の人物一覧」の続きの解説一覧





四十七士と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「四十七士」の関連用語

四十七士のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



四十七士のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの赤穂事件の人物一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS