仇討ちとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 仇討ちの意味・解説 

あだ うち [0][3] 【仇討ち】

自分主君・父などを殺害した者を仕返しに殺すこと。かたきうち意趣討ち武家時代には儒教的・武士道観念から盛んに行われたが、1873年明治6)太政官布告により禁止された。


仇討ち

作者佐伯泰英

収載図書橘花の仇―鎌倉河岸捕物控
出版社角川春樹事務所
刊行年月2001.3
シリーズ名ハルキ文庫

収載図書橘花の仇―鎌倉河岸捕物控 1の巻 新装
出版社角川春樹事務所
刊行年月2008.5
シリーズ名時代小説文庫


仇討ち

作者火坂雅志

収載図書骨董屋次郎京暦
出版社実業之日本社
刊行年月2004.4

収載図書骨董屋次郎京暦
出版社講談社
刊行年月2007.4
シリーズ名講談社文庫


仇討ち

作者ひしぬま良秋

収載図書近松二枚絵心中―尼崎有情
出版社新人物往来社
刊行年月2005.5


仇討ち

作者秋山香乃

収載図書新撰組捕物帖―源さん事件簿
出版社河出書房新社
刊行年月2005.10


仇討ち

作者板野

収載図書星になった少女
出版社新風舎
刊行年月2005.10


仇討ち―野人刺客

作者北山悦史

収載図書紅蓮の剣―書下ろし時代小説傑作選 5
出版社ミリオン出版
刊行年月2005.9
シリーズ名大洋時代文庫


仇討ち?

作者金堀常美

収載図書ジ・エキセントリック&オーディナリーテールズ
出版社新風舎
刊行年月2005.6
シリーズ名新風舎文庫


敵討

(仇討ち から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/03 16:23 UTC 版)

敵討(かたきうち)、または仇討ち(あだうち)は、直接の尊属を殺害した者に対して私刑として復讐を行う中世日本の制度。武士が台頭した中世期からの慣行であり、江戸期には警察権の範囲として制度化された。基本的に、子が親の仇を討つなど、血縁関係がある目上の親族のために行う復讐を指した。


  1. ^ 宮澤(1999) p146
  2. ^ 山口博 『日本人の給与明細 古典で読み解く物価事情』 角川ソフィア文庫 2015年 p.167.
  3. ^ 山口博 『日本人の給与明細 古典で読み解く物価事情』 p.169.
  4. ^ a b 謎解き!江戸のススメ2014年5月26日放送分”. BS-TBS. 2017年3月18日閲覧。


「敵討」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「仇討ち」の関連用語

仇討ちのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



仇討ちのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの敵討 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS