橘花とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > 橘花の意味・解説 

【橘花】(きっか)

日本初にして、旧軍唯一の完成したジェット機

1944年8月日本海軍中島飛行機に対してターボジェットエンジン搭載攻撃機皇国2号兵器」として開発を命じた。
ドイツの「Me262」をもとに開発されたといわれているが、当時日本へもたらされたのは参考図面のみで、実際設計はほとんど中島飛行機技術者たちによっておこなわれた。
ゆえに、本機Me262コピーというのは不適当である。

Me262比べ後退角の非常に浅いテーパー翼や、ずん胴機体形状などが特徴である。
また、資材節約のために軽合金ではなくブリキマンガン鋼などの鋼板鋼材といった代替素材多用されている。
艦載機ではないが、防空壕収納するため主翼折りたたみ式になっている

日本工業地帯アメリカ軍空襲を受けるようになったため、開発群馬養蚕小屋おこなわれた。
当初発動機として「ネ12ターボジェット予定されていたが、比較的強力な「ネ20」が開発されて余力が生じたため設計変更がなされ、1号機完成1945年6月となった。
同年8月7日木更津基地初飛行し、同11日に爆装時の離陸補助火薬ロケット取り付けての飛行試験を行ったが、主脚制動装置零戦のものを流用していたのが災いし、滑走路オーバーランして大破し、そのまま終戦迎えた。

パイロット高岡迪氏の証言によれば離陸速度達したくらいで機体全体前につんのめるような感じになり、ブレーキを踏んだらしい
しかし、同時にそれを外から見ていた人は「前輪は既に浮き上がりかけていて、ましてつんのめってなどいない」と証言している。

推定最高速度時速670kmと決して優れたものではなかったが、物資欠乏した日本では、ガソリンを必要としないジェット機対す期待大きかった。
終戦時点2号機完成直前であり、他24機が製造中であった。
また同機複座化した偵察機型や、エンジンをより強化して機関砲装備した局地戦闘機の「橘花改」も計画されていた。

生産されたうちの1機はアメリカ軍接収し、メリーランド州のパタクセント・リバー海軍基地経てスミソニアン航空宇宙博物館付属ポール・E・ガーバー維持復元保管施設保管されたのち、現在同博物館別館復元ハンガー修復中状態で展示されている。

性能緒元

以下に掲げる諸元は『航空ファン別冊 太平洋戦争日本海軍機』に記載されていたものである。


橘花 (航空機)

(橘花 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/15 14:38 UTC 版)

橘花(きっか)は、第二次世界大戦末期に大日本帝国海軍が開発した双発ジェット戦闘攻撃機[注釈 1]。日本初の純国産ジェット機である。エンジン開発は主に空技廠が担当し、機体を中島飛行機が開発製造。




注釈

  1. ^ a b c d #海軍軍備(6)特攻戦備p.50『橘花|(目的)近距離に近接し來る敵艦船を攻撃するに適し且多量生産に適する陸上攻撃機を得るに在り|(型式)タービンロケット 双發 単葉型|主要寸度(米)極力小型とし折畳時の寸度全幅五.三 全長九.五 全高三.一〇|(装備原動機)TE一二型 二基|(搭乗員)一名|最高速度(節)海面上三三五 高度六〇〇〇米で三六五|(航続力)海面上二〇〇浬 高度六〇〇〇米で三〇〇浬|(上昇力)記載なし|降着速度(節)八〇|爆弾(瓲)五〇〇|(無線兵装)二式一號無線電話機 受話機のみ|担任航空隊(開隊年月日)七二四空(二〇.七.一)|(記事)試作実驗中 豫定期日を約半ヶ年経過したが完成せず』

出典

  1. ^ 光人社,「海軍空技廠: 誇り高き頭脳集団の栄光と出発 - 第 2巻 - 229 ページ」1985
  2. ^ #海軍軍備(6)特攻戦備p.52『(三)特殊機生産実績竝に見透(二〇年七月一五日航本總務二課)』
  3. ^ #海軍軍備(6)特攻戦備p.51『(二)特殊機整備豫定(二〇年六月二〇日航本總務一課)』
  4. ^ a b 昭和20年7月24日(発令7月1日付)海軍辞令公報(甲)第1875号 p.11』 アジア歴史資料センター Ref.C13072106100 
  5. ^ Smithsonian National Air and Space Museum
    The History of Japan’s First Jet AircraftPosted on Wed, September 28 2016 by: Russell Lee
    Nakajima Kikka (Orange Blossom)




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「橘花」の関連用語

橘花のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



橘花のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの橘花 (航空機) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS