傭兵とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 軍事 > > 傭兵の意味・解説 

傭兵

読み方:ヨウヘイ(youhei)

金銭報酬条件に、契約基づいて軍務服する


【傭兵】(ようへい)

Mercenary.

正当な利害関係のない第三者紛争金銭目的参画する人間、及びその集団
単独活動する者は特に「殺し屋」「ヒットマン」などと呼ぶ事もある。

徴兵制自発的志願によって自国を守るために正規軍所属して給与得ている者、または外人部隊軍事顧問と言う名目正規軍招き入れられた外国籍人間含まない
一方、(自治活動思想活動延長線上にある民兵が傭兵の範疇含まれるか否かについては現在も議論の余地がある

男性が「己の肉体だけを『元手』として開業できる」職業であることから、古代より職業として存在し、国家総力戦実現する近世までの戦争では、必要な兵力臨時雇い入れた傭兵で賄う事がごく一般的に行われていた。
しかし、兵站指揮系統半ば以上独立している事になるため、雇い主は常に裏切りの危険にさらされる一方、傭兵たち自身雇い主不誠実態度にしばしば翻弄され、経済的窮地追い込まれた挙句アウトロー集団化すこともある。

基本的に傭兵は長く続けるのが難し職業であり、人的資源農業などで吸収できるだけ豊かな財源を持つ国では傭兵業が育たない。
そうした国は、成年国民に「市民権に伴う義務」として軍務課す徴兵制)か、あるいは奴隷制に近い民兵制度を持つ。
一方山岳地や乾燥地帯など農業に適さず自然環境厳しい国は「屈強だが飢えている若い男」を多数輩出する事になるため、傭兵業が発達しやすい
また、そのような国家安全保障のために「我々の兵を雇わないならば隣国雇われ事にする」というような砲艦外交訴える事が多く、この態度今日における傭兵への嫌悪醸成したものと見る向きもある。
とはいえ、ある国が雇わないなら他の国が雇うのは恫喝するまでもなく必然であり、作戦上必要であろうなかろうと傭兵を雇う事が国防有益であった事だけは間違いない
そうした状況が続かなかったのは、大国小国との間に横たわる人口生産力格差拡大した事、つまり傭兵が脅威ならないほど巨大中央集権国家出現主要な原因と見られる

関連外人部隊 民間軍事会社

「傭兵」のパブリック・イメージと実態

前述のように、傭兵と雇用主の関係は非常に不安定で、相互に不信感抱えた危うい関係になることがままあった。

そうした面から、傭兵には
「金や状況次第で、雇い主を平気で裏切一匹狼
戦いが終わった途端に強盗群れに変わる荒くれ男たち」
というイメージ根強くある。
しかし、前者については、傭兵自身が「仕事」をもらうためには、自らとかかわりのある組織やかつて行動を共にした仲間からの「紹介」を受けるのが主流であるため、兵士としての技量さりながら、「雇用主同業者との間に構築された信頼関係」「一定の対人スキル」も求められるのが実情で、それらに欠け人物排除されるという。

後者については「傭兵であれ正規軍であれ『自国民に』刃を向ける事は滅多にないが、『現地民間人』は、傭兵にとっての自国民ではない」という話であり、すべての傭兵がモラルを欠いているわけではない
しかし、雇い主側から見れば「『戦いが終わった途端に強盗群れに変わる』のであれば戦いが終わる前に可能な限り痩せ衰えさせておきたい」と考えるのが人情であろう
そうして、雇用主不誠実態度翻弄された挙句経済的窮状から強盗同然行い余儀なくされることがままあったという。

現代における傭兵

現代国際法は、傭兵が戦争参画する事を認めておらず、ジュネーブ条約ハーグ陸戦条約捕虜に関する規定適用されない単なる犯罪者」として扱われる。
自国民が傭兵となる事を禁止する国も多く外国籍滞在者が軍事物資所有する事を認めない国はさらに多い。
傭兵として紛争参加して敵を殺害した場合帰国後、殺人罪問われることもある。

ただし治安の悪い発展途上国ではこの原則曲げられ、不足している軍事力を補うために正規政府武装勢力が傭兵を雇い入れる事は暗黙のうちに許可されている。
しかし、この場合でも傭兵の国際的違法性変わりはない。

ジュネーブ条約における「傭兵」の定義

ジュネーブ条約では、以下の要件全て満たす者を「傭兵」と定義している。


傭兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/19 00:41 UTC 版)

傭兵(ようへい、: mercenary)は、金銭などの利益により雇われ、直接に利害関係の無い戦争に参加するまたはその集団である。


  1. ^ 新・ことば事情 4313「『傭兵』と『雇い兵』」読売テレビ道浦俊彦TIME、2010年2月23日)
  2. ^ ロバート・ヤング・ペルトン 『ドキュメント 現代の傭兵たち』 角敦子(訳)、原書房、2006年ISBN 4562040440
  3. ^ 鈴木直志 『ヨーロッパの傭兵』 山川出版社〈世界史リブレット〉、2003年ISBN 4634348004 30-31ページ
  4. ^ Wise, Terence (1982). Armies of the Carthaginian Wars 265-146 BC. Osprey Publishing. ISBN 0850454301. 
  5. ^ 二木謙一 『大坂の陣—証言・史上最大の攻防戦』 中央公論社、1983年ISBN 4121007115
  6. ^ 笠谷和比古 『関ヶ原合戦と大坂の陣』 吉川弘文館〈戦争の日本史〉、2007年ISBN 4642063277
  7. ^ a b c 福田豊彦福田豊彦(編)、1993、「戦士とその集団」、『いくさ』、中央公論新社〈中世を考える〉 ISBN 4642027041 pp.72-81.
  8. ^ a b 阿部琢磨「民間軍事会社の世界展開」、『軍事研究2008年6月号』、ジャパン・ミリタリー・レビュー、2008年6月1日
  9. ^ #菊池
  10. ^ #シンガー


「傭兵」の続きの解説一覧





傭兵と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「傭兵」の関連用語

傭兵のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ピレネースプリット

F-22

フォーポイントロール

あすか

M500

F-86

Ju87

FLAK





傭兵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの傭兵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS