志願とは? わかりやすく解説

し‐がん〔‐グワン〕【志願】

読み方:しがん

[名](スル)自分から進んで願い出ること。ある事を望み願うこと。「―して入隊する


志願

作者小川国夫

収載図書止島
出版社講談社
刊行年月2008.5


志願制度

(志願 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/11 16:13 UTC 版)

志願制度(しがんせいど)または募兵(ぼへい)は、強制徴兵せずに志願者達だけで軍隊を維持する兵役制度である。英語では「オール・ボランティア・ミリタリー・システム(All volunteer military system)」と呼ぶ。国民に軍務に服する義務を課す徴兵制度に対し、それをせず当人の自由意思に任せる制度である。アメリカ合衆国イギリスカナダドイツインドなどがその例である。主に個人自由が最高の権利と考える自由主義者反軍国主義者が支持する兵役制度である。




「志願制度」の続きの解説一覧

志願

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 05:08 UTC 版)

海軍兵学校 (ギリシャ)」の記事における「志願」の解説

士官候補生選考は、ギリシャすべての大学受験生が受ける国家試験制度に基づいて行われるが、海軍兵学校では、さらに健康診断知能検査運動能力検査実施される合計で約400程度士官候補生が学ぶ。授業はすべてギリシャ語行われ基礎訓練4年間行われる。 ギリシャ国民は、体操身体心理テストを含む予備試験への合格と、教育省実施する年次国家試験への合格両方経て海軍兵学校入学することができる。入学者数は、国防省毎年募集行い、常に海軍必要性に応じて決定される外国人は、ギリシャ国との二国間協定に基づき、主に出身国政府によって選抜される候補者は、特定の士官学校選抜されたことを示す自国政府発行確認書提出し出生証明書健康診断書ギリシャ高等教育機関大学)への入学必要なギリシャ中等教育証明書同等の教育証明書所持してなければならないギリシャ到着後、留学生1年間準備コース参加する初級レベル授業は、アラビア語、英語、フランス語行われるこの間学生ギリシャ語数学物理化学基礎コース受講し軍事訓練も受ける。準備期間の後、外国人士官候補生は、ギリシャ人士官候補生と同じプログラム義務に従って学問軍隊4年制コース参加する教育費奨学金賄われ宿泊費授業料訓練費、衣服費が含まれますが、ギリシャとの往復旅費含まれない

※この「志願」の解説は、「海軍兵学校 (ギリシャ)」の解説の一部です。
「志願」を含む「海軍兵学校 (ギリシャ)」の記事については、「海軍兵学校 (ギリシャ)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「志願」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

志願

出典:『Wiktionary』 (2021/12/11 00:32 UTC 版)

名詞

(しがん)

  1. ある物になることを望むこと。自らの意志願い出ること。

関連語

動詞

活用


「志願」の例文・使い方・用例・文例




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「志願」の関連用語

志願のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



志願のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの志願制度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの海軍兵学校 (ギリシャ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの志願 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS