士官学校とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 教育 > 学校 > 士官学校の意味・解説 

しかん‐がっこう〔シクワンガクカウ〕【士官学校】

読み方:しかんがっこう

陸軍士官学校」の略。


士官学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/11 15:07 UTC 版)

士官学校(しかんがっこう)とは、軍隊において士官将校)を養成する軍学校




「士官学校」の続きの解説一覧

士官学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 15:16 UTC 版)

カール・フォン・クラウゼヴィッツ」の記事における「士官学校」の解説

クラウゼヴィッツ少尉任官した15歳からの6年間をノイルピーン過ごす。当時連隊長考課表によれば有能かつ熱心、頭脳明晰好奇心旺盛評価されている。そこで連隊長1801年クラウゼヴィッツベルリンの士官学校に送った。そこで後に「父でもあり、心の友であった」と評するシャルンホルスト中佐のもとで軍事学を学ぶ機会を得ただけでなく、シャルンホルスト非公式に設置した軍事学会に入会することができた。この学会論文審査によって入会許され時事的な軍事問題の解決国防意識発揚のための学術的な研究団体として組織されたクラウゼヴィッツはこの学会学術研究の様式を習得し数学論理学地理学歴史学文学一般教養軍事学専門知識深め1803年学校首席卒業した卒業後シャルンホルスト推薦もあって軍事学会の会員でもあったアウグスト親王指揮する近衛大隊副官として勤務することになったクラウゼヴィッツ半年間の試験採用期間を経て正式に副官となってからは宮廷社会に入るようになるこの時期にクラウゼヴィッツシラー文学親しみマキアヴェリモンテスキュー著作読みカント哲学講義にも出席している後に詳述するマリー・フォン・ブリュールと知り合ったのもこの頃で、1805年婚約している。

※この「士官学校」の解説は、「カール・フォン・クラウゼヴィッツ」の解説の一部です。
「士官学校」を含む「カール・フォン・クラウゼヴィッツ」の記事については、「カール・フォン・クラウゼヴィッツ」の概要を参照ください。


士官学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 08:32 UTC 版)

銀河英雄伝説の用語」の記事における「士官学校」の解説

帝国同盟両方存在する軍隊傘下教育機関帝国では「帝国軍士官学校」、同盟では「国防軍士官学校」。4年間で軍隊士官になるための教育を受け、通常卒業する少尉階級任官する同盟士官学校の生徒軍人に準じた扱いあるため授業料寄宿舎費用などは一切無料だが、任官しなかったり何らかの理由で中途退学した場合それまでかかった費用全て返還しなければならないヤン入学した士官学校は同盟首都ハイネセンの隣の惑星テルヌーゼンにあり、エリートコースとされる戦略研究科」、ヤン当初入学した在籍中廃止された「戦史研究科」などの様々なコース存在した。「戦略研究科」は倍率高く、この科の入学試験落ちた者が他の科に流れている模様である。カリキュラムは「戦史」、「戦略論概説」、「戦術分析演習」、「戦闘艇操縦実技」、「機関工学演習」、「射撃実技に加え、「戦略戦術シミュレーション」も行われる教官には現役軍人同盟チュンドーソン帝国シュターデン等)が就き校長中将階級の者が就く(ヤン入学した際の校長シトレ中将であった)。

※この「士官学校」の解説は、「銀河英雄伝説の用語」の解説の一部です。
「士官学校」を含む「銀河英雄伝説の用語」の記事については、「銀河英雄伝説の用語」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「士官学校」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「士官学校」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



士官学校と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

士官学校のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



士官学校のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの士官学校 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカール・フォン・クラウゼヴィッツ (改訂履歴)、銀河英雄伝説の用語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS