催馬楽とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 催馬楽の意味・解説 

さいばら [0][1] 【催馬楽

古代歌謡の一。平安時代民謡雅楽風に編曲したもの笏拍子しやくびようし)・和琴わごん)・笛・篳篥ひちりき)・笙(しよう)・箏(そう)・琵琶びわ)などで伴奏した。

催馬楽


催馬楽

読み方:サイバラsaibara

上代民謡歌詞をとり雅楽曲調あてはめたもの。


さいばら 【催馬楽】

平安中期から室町期まで宮中賢所神楽のときうたわれ歌謡。瑟・琵琶・笛笏拍子などで舞楽の譜に合わせてうたう。もと町の歌だったものが宮中に入ったといわれるサイバラ大蔵省貢物を運ぶ馬追い歌の意とも、「我駒」の意とも、雅楽歌曲前張の転とも、諸説がある。

催馬楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/21 07:07 UTC 版)

催馬楽(さいばら)とは、平安時代に隆盛した古代歌謡。元来存在した各地の民謡・風俗歌に外来楽器の伴奏を加えた形式の歌謡である[1]。管絃の楽器笏拍子伴奏しながら歌われた「歌いもの」の一つであり、多くの場合遊宴や祝宴、娯楽の際に歌われた[2][3][4]語源については馬子唄や唐楽からきたとする説などもあるが定かではない。


注釈

  1. ^ そのために、風俗歌が荷前の貢進にともなった東歌の系統に属するのに対し、催馬楽は大嘗祭における稲穂の貢進にともなった風俗歌の系統であるとする推定が生まれている。西村(1966)p.90
  2. ^ 一説には一条雅信(源雅信)によって律呂の譜が定められたといわれている(『奥義抄』など)。

参照

  1. ^ a b c 秋澤(2010)p.65
  2. ^ a b c 増本(1990)p.108
  3. ^ 吉川(1990)p.78
  4. ^ a b c d e f g h i 多田(2004)
  5. ^ a b c 声楽(日本辞典)
  6. ^ a b 西村(1966)pp.90-91。原出典は『折口信夫全集 第14巻』p.185
  7. ^ a b c 増本(1990)p.109
  8. ^ 西村(1966)pp.89-90
  9. ^ 西村(1966)p.90。原出典は藤田『日本文学大辞典』「催馬楽」の項
  10. ^ 西村(1966)p.90
  11. ^ 豊永聡美「平安時代における天皇と音楽」(初出:『東京音楽大学研究紀要』25号(2004年)/改題所収:豊永「鎌倉期以前の天皇と音楽」『中世の天皇と音楽』(吉川弘文館、2006年) ISBN 4-642-02860-9 P31)


「催馬楽」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「催馬楽」の関連用語

催馬楽のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



催馬楽のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの催馬楽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS