方響とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 方響の意味・解説 

ほう きょう はうきやう [0] 【方響】

古代打楽器の一。音律異なる、方形金属一六二段にして木製)に吊り下げたもの。二本ばち)で打って鳴らす。中国起源で、日本には奈良時代に伝わり、鎌倉時代まで唐楽に用いた。正倉院に九鉄板が残る。方磬ほうけい)。

方響

読み方:ホウキョウ(houkyou)

雅楽楽器の一。

別名 方磐


方響

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/26 15:09 UTC 版)

方響(ほうきょう)は、中国の伝統的な体鳴楽器である。編磬と同様の台に音高の異なる複数の長方形の鉄板を並べてぶらさげ、バチで叩くことによって旋律を奏でることができる。八音では「金」に属する。現代中国ではほとんど使われていない。韓国に伝播した。日本にも伝播したが滅んだ。


  1. ^ 陳暘 『楽書』巻125・方響。「『大周正楽』載、西涼清楽方響、一架十六枚、具黄鍾・大呂二均声。」
  2. ^ 『旧唐書』音楽志二「梁有銅磬、蓋今方響之類。方響、以鉄為之。修八寸、広二寸、円上方下。架如磬而不設業、倚於架上以代鐘磬。人間所用者纔三四寸。」
  3. ^ 楊(1980) pp.254-255
  4. ^ 『続日本紀』天平七年夏四月「辛亥、入唐留学生従八位下下道朝臣真備献(中略)鉄如方響写律管声十二条。」
  5. ^ 西川明彦 「《正倉院宝物関連資料紹介》東京国立博物館所蔵金工・刀剣模造品」、『正倉院紀要』第19号39頁、1997年http://shosoin.kunaicho.go.jp/ja-JP/Bulletin/Pdf?bno=0333030062 
  6. ^ 楊(1980) p.414
  7. ^ 楊(1981) p.725
  8. ^ 楊(1981) p.1006


「方響」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「方響」の関連用語

1
100% |||||

2
8% |||||

3
6% |||||

4
6% |||||

5
6% |||||


7
4% |||||

8
4% |||||


10
2% |||||

方響のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



方響のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの方響 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS