尺八とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 尺八の意味・解説 

しゃく はち [0] 【尺八】

長さ一尺八寸基準とするのでいう〕 縦笛の一。簧(した)(リード)はなく、歌口直接唇をあてて吹奏する。古代尺八(雅楽尺八)・一節切ひとよぎり)・普化ふけ)尺八(虚無僧こむそう)尺八)・多孔尺八(新尺八)などがあるが、今日多く使われているのは普化尺八で、太い竹の根元に近い部分作る指孔は五孔。流派としては都山流・琴古(きんこ)流・明暗流がある。竹。
紙・絹などの幅一尺八寸のもの。

尺八(しゃくはち)

名称
尺八
<しゃくはち>

区分
重要無形文化財

保持
青木 静夫
<あおき しずお>
芸名 青木 鈴慕
<あおき れいぼ>
東京都
山本 泰
<やまもと やすまさ>
芸名 山本 邦山
<やまもと ほうざん>
東京都

解説
尺八は縦吹きの管楽器一種で、雅楽使用した「古代尺八」、一般的な尺八より短く近世流行した「一節切」、普化宗使用する「尺八」、さらに普化尺八改革した「新尺八」などがある。普化尺八普化宗法器として普化僧によって演奏され、後に初代黒沢琴古によって集成され琴古流系統となった。明治期には中尾都山により都山流結成され、また箏などとの合奏行われるようになって一層隆盛となり、芸術的にも音楽史的にも重要な、我が国を代表する伝統音楽一つとして現在に至っている。


尺八 (しゃくはち)

北倉20玉尺八 北倉21尺八 北倉22樺纒尺八右より
北倉20玉尺八 北倉21尺八 北倉22樺纒尺八(右より)
●分類: 楽器・楽具 
●倉番: 北倉 21 
●寸法: 長38.2 吹口径2.3 
●説明: 国家珍宝帳所載の品。前面4孔の今日の尺八とは異なる。三節の竹管を用いるのがきまりで、石製でも同じ形につくる。 

尺八

主名称: 尺八
指定番号 908
枝番 00
指定年月日 1959.06.27(昭和34.06.27)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 工芸品
ト書
員数 1管
時代区分 奈良
年代
検索年代
解説文: 奈良作品

尺八

名称: 尺八
ふりがな しゃくはち
芸能工芸区分 芸能
種別 音楽
認定区分 各個認定
指定年月日 1982.04.20(昭和57.04.20)
解除年月日
指定要件
備考
解説文:  尺八は、江戸時代に、主として宗教音楽として演奏されていた。それらは初代黒沢琴古くろさわきんこ】によってまとめられ琴古流系統となった。明治以降になると、広く一般の人によって愛好されるようになり、さらに洗練されるとともに箏などとの合奏行われるようになり、また中尾都山なかおとざん】によって都山流結成されて、いっそう盛んになった。

尺八

日本には、奈良時代中国から唐楽楽器として伝来した。現在では尺八といえば一般的に狭義普化尺八のことを指す。竹製で、管の外側斜め削り落として作った歌口に息を唇から直接吹きつけて音を発する前面に4つ、背面1つ指孔があり、音高変化はその指孔開閉と、息の圧力および角度変化によって得られる。筒音から順に指孔全開または全閉して得られる第1オクターブ(呂または乙)の音(幹音別記譜例)は、同じ指使い鋭く息を吹き入れ発する第2オクターブの音(甲)、独特な指使いで、不完全ながらに得ることができる第3オクターブ大甲)の音を合わせて常用される音域は、ほぼ2オクターブ半に及ぶ。通常右手を下に構えるが、逆でも構わない管長は1尺8寸(約54.5cm)を標準とするが、それを中心に1寸(約3cm)刻み長短各種あって、半音ずつの移調楽器となっている。

尺八

作者子母沢類

収載図書花と蜜蜂
出版社徳間書店
刊行年月2003.11
シリーズ名徳間文庫


尺八

読み方:しゃくはち

  1. 違犯セントスルヲ看守等ニ見認メラルルコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎之部・京都府

分類 京都府


尺八

読み方:しゃくはち

  1. 店舗ニ備附ケタル銀銅貨投入竹筒。〔第六類 器具食物
  2. 田舎商店等にて小銭を入れる為めに作れる尺八類似のもの。

尺八

読み方:しゃくはち

  1. 尺八。女子男陰を舐むること。尺八を吹くに擬す。「尺八を吹いてみないと後妻いひ」。
  2. 口腔陰茎錯綜隠語
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

尺八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/15 07:25 UTC 版)

尺八(しゃくはち)は日本木管楽器の一種である。リードのないエアリード楽器に分類される。中国を起源とし、日本に伝来したが、その後空白期間を経て、鎌倉時代から江戸時代頃に現在の形の祖形が成立した。




  1. ^ a b 月渓恒子 「第16章 尺八楽」『日本の伝統芸能講座』 国立劇場・小島美子、淡交社、2008年、384ページ。ISBN 978-4473034892
  2. ^ 久保田敏子 『よくわかる箏曲地歌の基礎知識』 当道音楽会、白水社、1990年、212ページ。ISBN 9784560036846
  3. ^ a b 月渓恒子 「第16章 尺八楽」『日本の伝統芸能講座』 国立劇場・小島美子、淡交社、2008年。ISBN 978-4473034892
  4. ^ 宮内庁. “尺八”. 2008年11月24日閲覧。
  5. ^ 宮内庁. “彫石尺八”. 2008年11月24日閲覧。
  6. ^ 宮内庁. “玉尺八”. 2008年11月24日閲覧。
  7. ^ 宮内庁. “樺纒尺八”. 2008年11月24日閲覧。
  8. ^ 宮内庁. “刻彫尺八”. 2008年11月24日閲覧。
  9. ^ 久保田敏子 『よくわかる箏曲地歌の基礎知識』 当道音楽会、白水社、1990年、213ページ。ISBN 9784560036846
  10. ^ a b c d 荒木古童(読み)アラキコドウコトバンク
  11. ^ a b c 『1933年を聴く:戦前日本の音風景』齋藤桂 エヌティティ出版 (2017)、第1章「尺八奏者・野村景久による殺人 音楽の合理化と精神論」p16-45
  12. ^ 川瀬順輔(初代)歴史が眠る多磨霊園
  13. ^ 中尾都山(読み)ナカオトザンコトバンク
  14. ^ 新日本音楽(読み)しんにほんおんがくコトバンク
  15. ^ 大橋鯛山. “尺八の物理”. 2008年11月24日閲覧。
  16. ^ 泉州尺八工房. “歌口研究2”. 2008年11月24日閲覧。
  17. ^ 大橋鯛山 (2008年7月18日). “尺八人口”. 2008年11月24日閲覧。
  18. ^ 上参郷祐康「琴古流の始祖 黒沢琴古」、『季刊邦楽』第10号、邦楽社、 12頁。
  19. ^ 尺八 都山流 分裂記録 : 1ページ目 - FC2まとめ” (日本語). summary.fc2.com. 2018年11月5日閲覧。
  20. ^ a b c 月渓恒子 「第16章 尺八楽」『日本の伝統芸能講座』 国立劇場・小島美子、淡交社、2008年、394ページ。ISBN 978-4473034892
  21. ^ Youtube. "鹿の遠音".2011年1月29日閲覧
  22. ^ Youtube."巣鶴鈴慕".2011年1月29日閲覧
  23. ^ 竹盟社.山口五郎師について.2011年1月29日閲覧
  24. ^ NASA.Voyager -Music From Earth-.2011年1月29日閲覧
  25. ^ Youtube.Voyager's Golden Record: Crane's Nest "Tsuru No Sugomori" _Goro Yamaguchi.2011年1月29日閲覧
  26. ^ ここでいう古曲とは、近世邦楽で一中節河東節宮薗節荻江節を指して使用される術語の古曲とは異なる。
  27. ^ Youtube. "Take Five". 2011年1月29日閲覧
  28. ^ 尺八修理工房幻海. “尺八の割れや虫害”. 2011年11月7日閲覧。



尺八

出典:『Wiktionary』 (2011/03/19 12:31 UTC 版)

名詞

しゃくはち

  1. 日本伝統的木管楽器一種

語源

標準長さが、一尺であることから。

訳語

英語:a Shakuhachi

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「尺八」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
90% |||||

4
78% |||||

5
78% |||||

6
78% |||||

7
78% |||||


9
78% |||||


尺八のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



尺八のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright © 2019 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
正倉院正倉院
(C)Copyright(C)2019 Imperial Household Agency. All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2019 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの尺八 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの尺八 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS