荻江節とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > > 荻江節の意味・解説 

おぎえ‐ぶし〔をぎえ‐〕【×荻江節】

三味線歌曲の一。明和5年(1768)以降荻江露友始めた郭(くるわ)内の座敷芸風の長唄が独自の音楽様式確立して成立。現在は古曲一つ数えられている。


荻江節

読み方:オギエブシ(ogiebushi)

三味線音楽の一。


荻江節

名称: 荻江節
ふりがな おぎえぶし
芸能工芸区分 芸能
種別 音楽
認定区分 総合認定
指定年月日 1993.04.15(平成5.04.15)
解除年月日
指定要件 荻江節保存会会員立唄立三味線演奏するものであること。
備考
解説文:  荻江節は三味線音楽歌いもの一つで、十八世紀後半に、もと市村座長唄唄方として立唄をつとめた初世荻江露友【ろゆう】が、劇場引退後に長唄お座敷風に歌い始めて独特のものとし、その後に引き継がれ、幕末になって地唄の曲を取り入れ、また新曲加えて、さらに独自性高め今日至っている。
 荻江節は長唄をもとに生まれたが、長唄劇場伴奏音楽として派手で、その三味線舞踊助けるために器楽的に活躍し、また長唄本格的演奏は笛や鼓、太鼓囃子を伴うのに対し、荻江節は控え目で、三味線も複雑な技巧避けて唄の伴奏役という地位守り、荻江節では囃子を用いないのが原則というように、荻江節はお座敷唄として工夫され洗練されたところが特色である。なお大正以降一中節河東節宮薗節合わせて古曲と呼ばれ、ともに、その保存伝承がはかられてきた。
 荻江節は、わが国芸能史上重要な地位占めとともに日本音楽の中で芸術上高度な価値有する

荻江節

名称: 荻江節
ふりがな おぎえぶし
芸能工芸区分 芸能
種別 音楽
選択年月日 1955.06.19(昭和30.06.19)
選択要件
備考
解説文:  荻江節は三味線音楽歌いもの一つで、十八世紀後半に、もと市村座長唄唄方として立唄をつとめた初世荻江露友【ろゆう】が、劇場引退後に長唄お座敷風に歌い始めて独特のものとし、その後に引き継がれ、幕末になって地唄の曲を取り入れ、また新曲加えて、さらに独自性高め今日至っている。
 荻江節は長唄をもとに生まれたが、長唄劇場伴奏音楽として派手で、その三味線舞踊助けるために器楽的に活躍し、また長唄本格的演奏は笛や鼓、太鼓囃子を伴うのに対し、荻江節は控え目で、三味線も複雑な技巧避けて唄の伴奏役という地位守り、荻江節では囃子を用いないのが原則というように、荻江節はお座敷唄として工夫され洗練されたところが特色である。なお大正以降一中節河東節宮薗節合わせて古曲と呼ばれ、ともに、その保存伝承がはかられてきた。
 荻江節は、わが国芸能史上重要な地位占めとともに日本音楽の中で芸術上高度な価値有する
芸能のほかの用語一覧
音楽:  肥後琵琶  胡弓  胡弓  胡弓  荻江節  郁田流箏曲  郁田流箏曲

荻江節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/17 23:51 UTC 版)

荻江節(おぎえ-ぶし)は長唄を母体として発達してきた三味線音楽の一種。現在[いつ?]では一中節河東節宮薗節と並んで「古曲」と総称される。1993年平成5年)4月15日に国の重要無形文化財に指定された。現在[いつ?]では「荻江節保存会」を中心として活動する。




  1. ^ 長唄集 : 新撰節入杵屋露友 撰 (春江堂, 1916)
  2. ^ 金谷丹前日本大百科全書


「荻江節」の続きの解説一覧



荻江節と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「荻江節」の関連用語

荻江節のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



荻江節のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2020 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの荻江節 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS