小唄とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 芸能 > 小唄 > 小唄の意味・解説 

こ‐うた【小唄】

小歌(こうた)3」に同じ。

三味線音楽一種端唄(はうた)から変化した、三味線つま弾き伴奏とする短い歌曲江戸末期発生し、現代に及ぶ。江戸小唄。早間(はやま)小唄。

明治末期から昭和にかけて、主にレコードで用いられた流行歌謡の分類俗曲・小唄2民謡などの調べを持つもののほか、新作多く内容多様


小唄


小唄/小歌(こうた)

口説き」と並んで、盆踊りの際に歌われる代表的ジャンル
①「小歌」は中世に発達した歌謡であるが、歌詞内容などはまだ上流階級性を残すものだった形式も7775のいわゆる近世小唄形式にはかたまらず、自由律を残している。資料としては16世紀初頭の「閑吟集」が代表的なもの。

近世初頭に、7775の近世小唄形式確立江戸時代通じて全国的普及して「小唄」と呼ばれるようになった江戸時代後期都々逸どどいつ)も、同じ流れをくむ。代表的江戸民衆文化一つであり、盆踊り歌としても大い発達した。

よく引かれるのは次の例。
 恋に焦がれて  鳴く蝉よりも  鳴かぬ蛍が   身を焦がす
 こいにこがれて なくせみよりも なかぬほたるが みをこがす
    7       7       7       5 

江戸時代の小唄の資料としては、「隆達小唄集」「松の葉」などの歌集のほか、全国盆踊り小唄を集めた「山家鳥虫歌」(さんかちょうちゅうか。別名諸国盆踊歌集:岩波文庫所収)などが有名。


小唄

江戸端歌から発生した三味線音楽のひとつ。

小唄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/20 13:08 UTC 版)

小唄(こうた)は、もともと端唄から派生した俗謡である。 一般には江戸小唄とされる端唄の略称。略称として定着したのは、明治・大正年間である。






「小唄」の続きの解説一覧



小唄と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小唄」の関連用語

小唄のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小唄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
湘南盆踊り研究会湘南盆踊り研究会
Copyright (c)2021 bonodori.net
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2021 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小唄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS