講談とは?

こう だんかう- [0] 【講談】

寄席演芸の一。座して、前に置いた釈台張り扇などで打ちながら軍談仇討ち金襖物俠客伝世話物などを、調子をつけて語る話芸元禄1688~1704)頃「太平記読み」から起こったといわれ、江戸時代は、「講釈」といった。


講談

読み方:コウダン(koudan)

歴史物語の類を勇ましく調子をつけて語り聞かせる話術芸能の一。

別名 講釈(こうしゃく)


講談(こうだん)

名称
講談
<こうだん>

区分
重要無形文化財

保持
浅野 清太郎
<あさの せいたろう>
芸名 一龍斎 貞水
<いちりゅうさい ていすい>

解説
講談は、物語などを読み聞かせる芸能で、近世初頭店先などで『太平記』を読んだ太平記読み系統継承している。18世紀以降には江戸京阪繁華街などに講釈専門講釈場出現して多く講釈師輩出し、話芸中心的存在となった。会話口調老若男女読み分けなどに工夫加えられ、題材武芸物、仇討物お家騒動世話物と豊富になった。明治以後世相反映した開化講談が行われるなど、各時代に応じた題材加えられ現在に至っている。また、その演目一部歌舞伎取り入れられるなど他の芸能にも大きな影響与えている。


講談

名称
講談<こうだん> 
区分
記録作成等の措置を講ずべき無形文化財
技芸者等
浜井弘<はまいひろむ>(芸名 神田山陽<かんださんよう>)(東京都
浅井美喜夫<あさいみきお>(芸名 旭堂南陵きょくどうなんりょう>)(大阪府
岩間虎雄<いわまとらお>(芸名 小金井芦州こがねいろしゅう>)(東京都


解説
講談の歴史近世初頭の「太平記読み」にまで遡り18世紀以降には講釈専門講釈場出現して多く講釈師輩出話芸中心的存在となりその演目一部歌舞伎取り入れられるなど他の芸能にも大きな影響与えた。現在では次第に演じられる機会減少しているが我が国芸能変遷過程を知るうえで貴重なのである

講談

名称: 講談
ふりがな こうだん
芸能工芸区分 芸能
種別 演芸
認定区分 各個認定
指定年月日 2002.07.08(平成14.07.08)
解除年月日
指定要件
備考
解説文:  講談は、物語などを読み聞かせる芸能で、室町時代店先などで『太平記』を読んだ太平記読み系統継承している。一八世紀初め江戸京阪繁華街などに講釈場こうしゃくば】が設けられ『太平記』だけでなく『源平盛衰記』や『曽我物語』なども読まれた。一八世紀末には、従来棒読み口調あらためて、会話口調老若男女読み分けなどの工夫加え題材武芸物、仇討物お家騒動物、世話物力士伝、侠客伝きょうかくでん】、白浪物しらなみもの】など)と豊富になった。明治以後時代に応じた題材加えて現在に至っている。講談は、わが国代表的話芸一つである。

講談

名称: 講談
ふりがな こうだん
芸能工芸区分 芸能
種別 演芸
選択年月日 1997.05.27(平成9.05.27)
選択要件
備考
解説文:  講談は、物語などを読み聞かせる芸能で、室町時代店先などで『太平記』を読んだ太平記読み系統継承している。一八世紀初め江戸京阪繁華街などに講釈場こうしゃくば】が設けられ『太平記』だけでなく『源平盛衰記』や『曽我物語』なども読まれた。一八世紀末には、従来棒読み口調あらためて、会話口調老若男女読み分けなどの工夫加え題材武芸物、仇討物お家騒動物、世話物力士伝、侠客伝きょうかくでん】、白浪物しらなみもの】など)と豊富になった。明治以後時代に応じた題材加えて現在に至っている。講談は、わが国代表的話芸一つである。

講談

名称: 講談
ふりがな こうだん
芸能工芸区分 芸能
種別 演芸
選択年月日 1997.05.27(平成9.05.27)
選択要件
備考
解説文:  講談は、物語などを読み聞かせる芸能で、室町時代店先などで『太平記』を読んだ太平記読み系統継承している。一八世紀初め江戸京阪繁華街などに講釈場こうしゃくば】が設けられ『太平記』だけでなく『源平盛衰記』や『曽我物語』なども読まれた。一八世紀末には、従来棒読み口調あらためて、会話口調老若男女読み分けなどの工夫加え題材武芸物、仇討物お家騒動物、世話物力士伝、侠客伝きょうかくでん】、白浪物しらなみもの】など)と豊富になった。明治以後時代に応じた題材加えて現在に至っている。講談は、わが国代表的話芸一つである。

講談

名称: 講談
ふりがな こうだん
芸能工芸区分 芸能
種別 演芸
選択年月日 1997.05.27(平成9.05.27)
選択要件
備考
解説文:  講談は、物語などを読み聞かせる芸能で、室町時代店先などで『太平記』を読んだ太平記読み系統継承している。一八世紀初め江戸京阪繁華街などに講釈場こうしゃくば】が設けられ『太平記』だけでなく『源平盛衰記』や『曽我物語』なども読まれた。一八世紀末には、従来棒読み口調あらためて、会話口調老若男女読み分けなどの工夫加え題材武芸物、仇討物お家騒動物、世話物力士伝、侠客伝きょうかくでん】、白浪物しらなみもの】など)と豊富になった。明治以後時代に応じた題材加えて現在に至っている。講談は、わが国代表的話芸一つである。
芸能のほかの用語一覧
演芸:  講談  講談  講談  上方寄席下座音楽  和妻
音楽:  郁田流箏曲  郁田流箏曲

講談

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/13 04:12 UTC 版)

講談(こうだん)とは、日本の伝統芸能のひとつ。




[ヘルプ]
  1. ^ 講談界に24年ぶり男真打ち誕生”. 東スポWeb (2012年10月17日). 2017年1月31日閲覧。


「講談」の続きの解説一覧





講談と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「講談」の関連用語

講談のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

オオクワガタ

FACOM M-200

アカタン砂防松ヶ端堰堤

桑摘爪

イザリウオ

油圧ショベル

併せ馬

筑後川丸





講談のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright © 2018 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2018 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの講談 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS