地歌とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > > 地歌の意味・解説 

じ うた ぢ- [0] 【地歌・地唄】

その土地の歌。俗謡
近世邦楽一種目。三弦三味線)の弾きうたいの歌曲様式江戸時代初期以来,京坂地方中心に盲人音楽家専門芸として伝承され,箏曲不可分結合して三弦と箏の合奏盛んに行い多様な曲種を生んで家庭音楽として一般人の間に普及した。上方かみがた歌。法師歌京歌

じ うた ぢ- [0] 【地歌】

和歌で,平凡な歌。平安中期以後百首などの定数歌詠む場合所々秀歌ちりばめるのがよいとされたが,その「地」となる目立たぬ歌をいう。

地歌


地歌

名称: 地歌
ふりがな じうた
芸能工芸区分 芸能
種別 音楽
認定区分 各個認定
指定年月日 2009.09.02(平成21.09.02)
解除年月日
指定要件
備考
解説文: 地歌は,地唄とも表記され,室町時代末期頃から始まった三絃三味線)の流行とともに職業音楽家によって京阪地方発達した三味線歌曲であり,17世紀中頃形式が整えられ,箏曲とも密接に関わって継承されてきた。
 その内容は,現在も伝承されている三味線歌曲としては最古のものとされる三味線組歌くみうた】をはじめ,歌【うた】もの,語【かた】りもの,滑稽内容の作【さく】もの,器楽合奏主とする手事【てごと】ものなど,多種多様で,芸術上特に価値があるばかりでなく,音楽史的にも重要な地位占めるものである

地歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/07 22:25 UTC 版)

地歌(ぢうた、地唄)は、江戸時代には上方を中心とした西日本で行われた三味線音楽であり、江戸唄に対する地(地元=上方)の当道という視覚障害者の自治組織に属した盲人音楽家が作曲、演奏、教授したことから法師唄ともいう。長唄と共に「歌いもの」を代表する日本の伝統音楽の一つ。また三曲の一つ。











地歌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「地歌」の関連用語

地歌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

RSS

奈多・狩宿海水浴場

ミヤマイラクサ

アエオリディオプシス ランソンイ

Gallardo Spyder

オーバーバーデン圧

BRUTALE-910S

ミシシッピーワニ





地歌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2018 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地歌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS