三津山とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 邦楽古典作品一覧 > 三津山の意味・解説 

三津山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/11 14:10 UTC 版)

三津山(みつやま)は、光崎検校作曲の三下がり手事物に、八重崎検校の手をつけた京風手事物である。[1]。大和三山の妻争いの説話に基づく長大な歌詞をもつ[2]


[ヘルプ]
  1. ^ 田中義一『現代三曲展望』日本尺八社、1973年43ページ
  2. ^ 当道音楽会(編)/久保田敏子『よくわかる箏曲地歌の基礎知識』白水社、2000年260ページ


「三津山」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三津山」の関連用語

三津山のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



三津山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本音楽国際交流会日本音楽国際交流会
Copyrigrht for The Association for Intenational Exchange of JapaneseMusic
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三津山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS