虫の音とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音響 > > 虫の音の意味・解説 

むし‐の‐ね【虫の音】

鳴く声。特に、秋のにいう。《 秋》「―に折々わたる嵐かな/青

地歌箏曲(そうきょく)の曲名明和安永1764~1781)ごろ、藤尾勾当作曲歌詞謡曲松虫」などにより、手事(てごと)に虫の声を表す旋律がある。松虫


虫の音

作者平岩弓枝

収載図書初春の客御宿かわせみ傑作
出版社文藝春秋
刊行年月2004.1

収載図書二十六夜待の殺人御宿かわせみ 11 新装
出版社文藝春秋
刊行年月2005.3
シリーズ名文春文庫


虫の音

読み方:ムシノネ(mushinone)

俳句または和歌などで、秋鳴く虫。しかも鳴く虫といってセミ仲間加えられておらず、秋の草むらにすだく

季節

分類 動物


虫の音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/19 14:27 UTC 版)

虫の音(むしのね)とは鳴き声のことである[1]。この項では、セミコオロギキリギリスなどの昆虫の成虫が同種個体間でのコミュニケーションのために発する音、ならびにそれら虫の音を聞き分け、季節や情緒を感じ、鑑賞する文化についても述べる。


  1. ^ a b デジタル大辞泉、精選版 日本国語大辞典. "虫の音". コトバンク. 2019年10月28日閲覧
  2. ^ a b c d e f g 奥山風太郎『図鑑 日本の鳴く虫』エムピージェー、2018年8月8日。ISBN 9784904837672
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 大阪市立自然史博物館・大阪自然史センター 編『鳴く虫セレクション』東海大学出版会〈大阪市立自然史博物館叢書4〉、2008年10月、246-327頁。ISBN 978-4-486-01815-5
  4. ^ a b c d e f g 高嶋清明『鳴き声から調べる昆虫図鑑』文一総合出版、2018年10月。ISBN 978-4-8299-8812-1
  5. ^ a b c 林正美 佐藤有恒『セミの生活を調べよう』さ・え・ら書房、1984年6月、23-24頁。ISBN 4378038129
  6. ^ a b c 高嶋清明『鳴き声から調べる昆虫図鑑 おぼえておきたい75種』文一総合出版、2018年9月17日、6頁。ISBN 9784829988121
  7. ^ 岡島秀治『こん虫のふしぎ 3 こん虫のことば』偕成社、2011年11月、18頁。ISBN 9784034145302
  8. ^ a b c 高嶋清明『鳴く虫の科学』誠文堂新光社、2013年6月29日、52,53,58。ISBN 9784416113523
  9. ^ ジャン=アンリ・ファーブル『ファーブル昆虫記 第5巻 下』集英社、2007年、168~171。
  10. ^ 梅谷献二編著『虫のはなしⅡ』技報堂出版、19851025、64-70頁。ISBN 4-7655-4312-9
  11. ^ 小田英智 松山史郎『自然の観察辞典●40鳴く虫観察辞典』今村正樹、2007年、5頁。
  12. ^ デジタル大辞泉(コトバンク)”. 2019年10月28日閲覧。
  13. ^ 生物季節観測平年値”. 理科年表オフィシャルサイト. 2019年10月28日閲覧。
  14. ^ a b デジタル大辞泉(コトバンク)”. 2019年10月28日閲覧。
  15. ^ 花咲一男『大江戸ものしり図鑑』主婦と生活社、2000年、360頁。ISBN 9784391123869
  16. ^ 高橋幹夫『江戸あきない図鑑』青蛙房、2015年12月25日、247頁。ISBN 9784790508830
  17. ^ a b 小西正泰『虫の文化史』朝日新聞社、1977-21-20、29頁。
  18. ^ 瀬川千秋『闘蟋 中国のコオロギ文化』大修館書店、2002年10月10日、56-60頁。ISBN 4469231851
  19. ^ 奥山風太郎『図鑑 日本の鳴く虫』エムピージェー、2018年8月8日、152頁。ISBN 9784904837672
  20. ^ 角田忠信『日本人の脳 脳の働きと東西の文化』大修館書店、1978年。ISBN 4469210684
  21. ^ 人の脳の非対称性と脳幹センサーの意義 (PDF)”. 角田,忠信. 2019年10月27日閲覧。
  22. ^ On the Grasshopper and Cricket / JOHN KEATS”. POETRY FOUNDATION. 2019年10月27日閲覧。
  23. ^ 三宅 志穂 (2009). “鳴く虫5種に対する日本人と外国人への「好き」「嫌い」調査--2009年度予備調査結果”. 神戸女学院大学論集 神戸女学院大学論集 57. 
  24. ^ 鈴木健一『鳥獣虫魚の文学史 3虫の巻』三弥井書店、2013年1月5日、136頁。ISBN 9784838232178
  25. ^ 「閑かさ」の表情 様々に 山寺のセミ(山形市)”. asahi.com. 2019年10月28日閲覧。
  26. ^ 佐成謙太郎『謡曲大観 第五巻』(明治書院 1931)p2854
  27. ^ a b 松虫 | 銕仙会 能楽事典”. www.tessen.org. 2020年3月6日閲覧。
  28. ^ 佐成謙太郎『謡曲大観 第五巻』(明治書院 1931)p2865
  29. ^ 図書新聞 思考の隅景色 60 (PDF)”. 」『図書新聞』 2522号、 2001年2月11日. 2020年3月7日閲覧。
  30. ^ 国立国会図書館. “男性の同性愛が扱われている物語で現代小説以外のものを知りたい。古典や明治・大正時代の小説、海外の小説...” (日本語). レファレンス協同データベース. 2020年3月6日閲覧。
  31. ^ いきている能としての '松虫' (PDF)”. ケネス・リチャード. 2020年3月7日閲覧。
  32. ^ 佐成謙太郎『謡曲大観 第五巻』(明治書院 1931)pp2853–2868
  33. ^ 京舞井上流の真髄を味わう-11月舞踊公演《京舞》- - 文化庁広報誌 ぶんかる”. www.bunka.go.jp. 2020年3月6日閲覧。
  34. ^ 堀内敬三・井上武士編『日本唱歌集』岩波書店、1958年。ISBN 9784003109212
  35. ^ Lewisohn, Mark (1988). The Complete Beatles Recording Sessions. Hamlyn / EMI. ISBN 978-0-600-55784-5. 
  36. ^ Bielen, K. (2011). The Words and Music of Billy Joel. ABC-CLIO. pp. 59-60. ISBN 9780313380167. 
  37. ^ 道灌山 | 錦絵でたのしむ江戸の名所” (日本語). www.ndl.go.jp. 2020年3月6日閲覧。
  38. ^ 荒川ゆうネットアーカイブ > 特集 > 荒川区再発見5「西日暮里」 > 道灌山遺跡”. www.city.arakawa.tokyo.jp. 2020年3月6日閲覧。
  39. ^ 江戸散策 │ 第31回 │ クリナップ”. cleanup.jp. 2020年3月6日閲覧。
  40. ^ 阿倍野の地名・町名の由来” (日本語). 大阪市. 2020年3月6日閲覧。
  41. ^ 神戸新聞NEXT|阪神|市街地で虫の鳴き声楽しんで 伊丹郷町館を中心に催し” (Japanese). www.kobe-np.co.jp. 2019年10月29日閲覧。
  42. ^ 鳴く虫と郷町について | 鳴く虫と郷町” (日本語). nakumushi.com. 2020年4月19日閲覧。
  43. ^ 第6回地域再生大賞” (日本語). 47NEWS. 2020年4月19日閲覧。


「虫の音」の続きの解説一覧



虫の音と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「虫の音」の関連用語

虫の音のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



虫の音のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本音楽国際交流会日本音楽国際交流会
Copyrigrht for The Association for Intenational Exchange of JapaneseMusic
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの虫の音 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS