松竹梅とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > > 松竹梅の意味・解説 

しょう‐ちく‐ばい【松竹梅】

【一】と竹と

三つとも寒さ耐えるところから、歳寒の三友とよび、めでたいものとして慶事に使われる。

ウナギ屋で長時間待たされることを「待つ()だけ(竹)うめ()え」と洒落ていう語。

[補説] かつてウナギ蒲焼きは客の注文を受けてからを割き、焼くので時間かかった

【二】

[一]地歌箏曲(そうきょく)。江戸末期大坂三橋勾当(みつはしこうとう)が作曲梅に鶯(うぐいす)、松に鶴、竹に月を配した歌詞で、にぎやかな手事(てごと)がある。

[二]長唄。「室咲(むろざき)松竹梅」「君が代松竹梅」などの通称2世杵屋正次郎作曲の「室咲松竹梅」が最も流行

[三]河東節。4世山彦河良作曲文政10年(1827)初演謡曲老松(おいまつ)」の詞章に竹との詞を添え、郭(くるわ)気分出し御祝儀物。


しょう‐ちく‐ばい【松竹梅】

1 〔名〕

と竹と。冬の寒さに耐えて松・竹は緑を保ち、花を咲かせるので、古来歳寒の三友」と称し、めでたいもののしるしとして、画題祝い事飾り立花などに用いられる。《季・新年

空華集(1359‐68頃)三「和山九峰、春雪松竹梅鈍夫心二老」〔邕‐題画詩〕

品物や席などを三等級に分けたとき、それぞれの等級にかえて用いる語。

2 邦楽曲名。めでたい曲として代表的

[一] 地歌箏曲江戸末期大坂三津勾当(こうとう)作曲梅に鶯松に鶴、竹に月を配したもので、にぎやかな手事(てごと)(=間奏)がある。このあとをうけて「新松竹梅」「明治松竹梅」などが作られた。

[二] 長唄。「室咲松竹梅」「君が代松竹梅」など数曲の通称三世杵屋正次郎作曲の「室咲松竹梅」が最も有名。

[三] 河東節。四世山彦河良作曲文政一〇年(一八二七正月初演。能「老松(おいまつ)」の詞章と竹と添え、郭気分出したもの。


松竹梅(しょうちくばい)について

松竹梅(しょうちくばい) では「歳寒三友」(さいかんのさんゆう)と呼んで画の題材とされていました。それから日本に伝わり、めでたいものとして慶事象徴とされています。

「松竹梅」の順番は、おめでたいものに加わった時代順番になっています。
平安時から
・竹→室町時代から
江戸時代から

また、特にめでたく縁起良い取り合わせとされているのが「松に鶴」「竹に雀」「梅に鴬」です。

お寿司などのランクは、特上や並と呼ぶよりも、松竹梅と示した方が美しということで、使用されてきたそうです


松竹梅

作者服部まゆみ

収載図書金田一耕助捧ぐ九つ狂想曲
出版社角川書店
刊行年月2002.5


松竹梅

読み方:ショウチクバイ(shouchikubai)

初演 寛政2.2(大坂中山一徳座)

音曲 宮薗


松竹梅

読み方:マツタケウメ(matsutakeume)

分野 俳諧

年代 江戸後期

作者 石田則堅〔編〕


松竹梅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/20 14:24 UTC 版)

松竹梅(しょうちくばい)は、慶事・吉祥のシンボルとしての3点を組み合わせたもののことで、日本では祝い事の席で謡われたり、引出物などの意匠にも使われてきた。もともとは中国の「歳寒三友」が日本に伝わったものである。




「松竹梅」の続きの解説一覧



松竹梅と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「松竹梅」の関連用語

松竹梅のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



松竹梅のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本音楽国際交流会日本音楽国際交流会
Copyrigrht for The Association for Intenational Exchange of JapaneseMusic
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2021
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松竹梅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS