童謡とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > 流行歌 > 童謡の意味・解説 

どう‐よう〔‐エウ〕【童謡】

子供口ずさむ歌。また、子供が作った詩歌

民間伝承されてきたわらべ歌

大正期以降子供のために作られた歌。代表的作詞家北原白秋野口雨情ら、作曲家山田耕筰中山晋平らがいる。創作童謡。


わざ‐うた【童謡/謡歌】

上代歌謡一種社会的政治的風刺予言を裏に含んだ、作者不明はやり歌。神が人、特に子供の口を借りて歌わせるものと考えられていた。


どう‐よう ‥エウ 【童謡】

〔名〕

子どもたちによって自然に作られ、歌われる歌。子どもの作った歌や詩など。わらべ歌

柳亭種彦日記文化六年(1809)一二月二六日「此小唄は、ふるき童謡とおもはるれば

② 主に大正期以後、子どもにも理解できる世界を歌った歌曲代表的作詞家北原白秋野口雨情ら、作曲家山田耕筰中山晉平らがいる。

湖畔手記1924)〈葛西善蔵〉「自分も童謡めいたものを書いた」

民衆によっていつのまにか作られはやった歌謡時流対す風刺予言的意味を含んだ歌。もと、神意幼童の口を通して人々に示されると考えたところからいう。はやり唄わざうた俚謡

古事談121215頃)一「有童謡

*蛻巖先生答問書(1751‐64か)下「又謡は童謡とて誰が作ともしれず、其の時はやりうたて候」〔春秋左伝僖公五年〕


わざ‐うた【謡歌・童謡】

〔名〕 (「わざ」は何らかの意図をもって行なわれる行為の意) 政治上の風刺社会的事件予言する意味を付加されて、民衆の間に流行す作者不明はやり歌。もと、隠された神意が人、特に子どもの口を借り人々に示されると考えられたことによる。童謡。

書紀720皇極二年一〇月(岩崎本訓)「時に、童謡(ワサウタ)有り曰く


童謡

読み方:ワザウタ(wazauta)

上代歌謡のひとつ


童謡

読み方:ドウヨウ(douyou)

子供たち日常生活年中行事に唄い継いだ唄。

別名 童唄(わらべうた)


童謡

読み方:ワザウタ(wazauta)

古代流行歌謡。


童謡

子供のためにつくられたうた。

童謡

作者大岡昇平

収載図書少年少女日本文学館 19 母六夜おじさんの話
出版社講談社
刊行年月1986.6


童謡

作者小沼丹

収載図書埴輪の馬
出版社講談社
刊行年月1986.9

収載図書埴輪の馬
出版社講談社
刊行年月1999.3
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書小沼丹全集 第3
出版社未知谷
刊行年月2004.8


童謡

作者吉行淳之介

収載図書少年少女日本文学館 20 サアカスの馬・童謡
出版社講談社
刊行年月1987.4

収載図書子供の領分
出版社集英社
刊行年月1993.9
シリーズ名集英社文庫

収載図書吉行淳之介全集 第2巻 全短篇2
出版社新潮社
刊行年月1997.11

収載図書娼婦の部屋不意の出来事 改版
出版社新潮社
刊行年月2002.6
シリーズ名新潮文庫

収載図書宮城まり子が選ぶ吉行淳之介短編集
出版社ポプラ社
刊行年月2007.7


童謡

作者川端康成

収載図書夕映え少女
出版社新風舎
刊行年月2006.6
シリーズ名新風舎文庫


童謡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 22:08 UTC 版)

童謡(どうよう)とは、広義には子供向けの、または子供が歌う歌を指す。


注釈

  1. ^ 例えば、日本コロムビアから発売されたアルバム『どうようベスト・セレクション』や『どうよう BEST SELECTION』シリーズには、日本国外で作曲された子供向け歌曲も収録されている。
  2. ^ 「童謡」という語をさらに広義にとった例としては寺山修司編著の『日本童謡集』(『日本童謡詩集』)[2]がある。同書では選定基準として「子供とともに在った唄かどうか」ということを挙げており、軍歌、テレビ主題歌、CMソングヤクザ映画の主題歌、春歌なども「童謡」として扱われている。
  3. ^ いわゆる歌謡曲

出典

  1. ^ a b c d ■  〈五線譜の向こうに〉46 林芳輝 「子供には歌えない童謡」盛岡タイムス、2004年9月6日。(インターネットアーカイブ
  2. ^ 『日本童謡集』:1972年光文社カッパ・ブックス)から発売、1995年に光文社(カッパ・ブックス)から再版(ISBN 4-334-04112-4)。『日本童謡詩集』:1992年立風書房から発売(ISBN 4-651-60052-2)。
  3. ^ アサヒグラフ』1954年3月10日号、20頁。(「座談会 近頃の童謡ブームをめぐって」『アサヒグラフ』1954年3月10日号、20-21頁。)
  4. ^ 海沼実『童謡 心に残る歌とその時代』238-244頁。
  5. ^ 童謡祭、日本童謡協会 - 2021年9月6日閲覧。
  6. ^ 「童謡ブーム 主役は大人」『朝日新聞』1988年7月11日付東京朝刊、12版、13頁。
  7. ^ 「おとなたちに静かな童謡ブーム」『朝日新聞』1988年10月26日付東京朝刊、12版、17頁。
  8. ^ 『オリコン年鑑 1988年版』、オリジナルコンフィデンス、1988年、35頁。ISBN 4871310205


「童謡」の続きの解説一覧



童謡と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「童謡」の関連用語

童謡のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



童謡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2021 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの童謡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS