ヤクザ映画とは? わかりやすく解説

ヤクザ映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/10 00:57 UTC 版)

ヤクザ映画(ヤクザえいが)は、犯罪映画の中でも日本ヤクザ暴力団の対立抗争任侠などをモチーフとするカテゴリーである[出典 1]


注釈

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 任侠映画 にんきょうえいが- コトバンク”. 朝日新聞社. 2021年3月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 轟夕起夫・森直人、久野剛士・原里実(CINRA, Inc.)編 (2021年9月30日). “ヤクザ映画入門前編:ヒーローからアンチヒーローへ”. JFF Plus. 国際交流基金. 2022年8月日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 佐藤忠男、金澤誠「【特集】 任侠 任侠映画の夢と現実/高倉健/藤純子/鶴田浩二」『東映キネマ旬報 2007年春号 vol.2』2007年、東映ビデオ、1–9頁。 東映キネマ旬報 vol.2
  4. ^ “社会の不条理、いまヤクザ映画で 排除・格差…「はみ出し者」を通して”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2011–05–10). オリジナルの2021年2月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210203003943/https://www.asahi.com/articles/DA3S14786645.html 2021年2月27日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g 土井恵里奈 (2021–09–16). “なぜ、今ヤクザ映画か 東映「孤狼の血」続編から考える”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). オリジナルの2022年8月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220802103252/https://www.asahi.com/articles/ASP9H3H43P93PTFC00R.html?iref=pc_leadlink 2022年8月2日閲覧。 いまヤクザ映画は当たるのか 東映「孤狼の血」プロデューサーに聞く
  6. ^ a b c d e f g h i 伊藤彰彦 (2022年2月26日). “新連載「仁義なきヤクザ映画史」(1) 日本百年の闇をあばく”. 文藝春秋digital. 文藝春秋. 2022年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月2日閲覧。
  7. ^ 山根貞男「東映やくざ映画の最後か 『首領を殺った男』の現場へ」『映画の貌』みすず書房、1996年、194-201頁。ISBN 4-622-04412-9 
  8. ^ 山平重樹『高倉健と任侠映画』徳間書店、2015年、438-446頁。ISBN 978-4-19-907028-0 
  9. ^ a b c d e f g h i 永田 2021, pp. 183–379, 466–471, 「無法者(アウトロー)狂騒曲/東映」
  10. ^ a b c d e f 永田 2021, pp. 13–179, 「仁義に生きる侠客たち」
  11. ^ 傑作選 2018, p. 465
  12. ^ a b 押井守 (2020年4月24日). “押井守の「映画で学ぶ現代史」 映画大量生産時代ならではの傑作「仁義なき戦い」 「仁義なき戦い」(1973)前編”. 日経ビジネス. 日経BP. 2020年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月27日閲覧。
  13. ^ a b c 時代 1998, pp. 11–45
  14. ^ 東映ポスター集 1980, p. 188
  15. ^ a b c d e f g h i j k l m キネ旬1971320 1971, pp. 29–71
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m 歴史|東映株式会社〔任侠・実録〕(Internet Archive)、滅びの美学 任侠映画の世界 - シネマヴェーラ渋谷(Internet Archive)、コラム|東映京撮・盟友対談② | 合同通信オンライン緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(14)東映スターからの転換期隔週刊 東映任侠映画傑作DVDコレクション 特設ページ(Internet Archive)、U–NEXT 東映昭和映画傑作選高倉健、菅原文太と付き合った暴力団幹部は「逃げ切り世代」。それより若い「反社」の今後、どうなる?”. 現代ビジネスプレミアム. 講談社 (2015–01–15). 2022年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年8月22日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h i 『私と東映』 x 沢島忠&吉田達トークイベント(第1回 / 全2回)(Archive)早見俊 (2021年1月23日). “「ヤクザ映画」抜きに東映の成功は語れない理由「仁義なき戦い」を世に出した岡田茂の慧眼”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2021年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月25日閲覧。“岡田茂・東映名誉会長が死去”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2011–05–09). オリジナルの2015年9月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150927124006/https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG09011_Z00C11A5CC0000/ 2021年2月27日閲覧。 “【産経抄】5月14日”. 産経新聞. (2011年5月14日1面、産経抄). オリジナルの2011年5月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110518131744/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110514/ent11051402560000-n1.htm 2021年2月25日閲覧。 “「日本映画界のドン」岡田茂氏逝く”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2011–05–10). オリジナルの2011年5月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110513090859/https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/05/10/kiji/K20110510000789400.html 2021年2月25日閲覧。 樋口尚文 (2020年11月21日). “追悼 岡田裕介さん 東映カラーのルネッサンスを夢見て”. ぴあニュース (ぴあ). オリジナルの2020年11月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201121020103/https://lp.p.pia.jp/shared/cnt-s/cnt-s-11-02_2_7aebdf1a-29cf-493f-bd18-f899af7da94b.html 2021年2月25日閲覧。 伊藤彰彦 (2020年12月14日). “【映画に生きた男 岡田裕介という異才】2代目の悲哀 豪放磊落な父と正反対、しなやかさと忍耐を武器に (1/2ページ)”. 夕刊フジ. 2020年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月25日閲覧。岡田茂 | 時事用語事典 | 情報・知識&オピニオン imidas - イミダス(2011年5月)、【訃報】“任きょう映画の父”が87歳で(Archive)、「やくざ映画の父」東映岡田茂氏死去87歳気配り忘れない繊細な人/岡田さん偲ぶ『私と東映』× 神先頌尚氏インタビュー(第3回 / 全4回)『私と東映』 x 中島貞夫監督 (第5回 / 全5回)金田信一郎「岡田茂・東映相談役インタビュー」『テレビはなぜ、つまらなくなったのか スターで綴るメディア興亡史』日経BP、2006年、211-215頁。ISBN 4-8222-0158-9 NBonlineプレミアム : 【岡田茂・東映相談役】テレビとXヤクザ、2つの映画で復活した(Internet Archive)、 あかんやつら――東映京都撮影所血風録 | 春日太一 | 評者 鈴木毅鈴木毅(進駸堂書店中久喜本店)(Archive)、草柳大蔵「やくざ映画と映画やくざ やくざ映画批判」『キネマ旬報』1966年1月上旬号、キネマ旬報社、73頁。 石井輝男福間健二『石井輝男映画魂』ワイズ出版、1992年、118-119頁。ISBN 4948735086 中原早苗『女優魂 中原早苗』ワイズ出版、2009年、176頁。ISBN 9784898302354 「戦後50年東映・岡田茂会長インタビュー『おもしろおかしく生きて勲二瑞宝』」『AVジャーナル』1995年12月号、文化通信社、27-28頁。 松島利行 (1992年3月17日). “〔用意、スタート〕 戦後映画史・外伝 風雲映画城/54 『人生劇場』で新境地”. 毎日新聞夕刊 (毎日新聞社): p. 5 浜田奈美 (2011年5月17日). “『映画は商品』持論貫く 岡田茂・東映名誉会長”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 1 斉藤勝寿 (2011年9月3日). “(そこに、スターがいた東京撮影所物語:12) 『映画は商品』東映 任侠路線の幕開く/東京都”. 朝日新聞東京版 (朝日新聞社): p. 28 「今週のスクープ最小版 父親の東映社長就任で息子の岡田裕介は…」『週刊平凡』1971年9月9日号、平凡出版、165頁。 三鬼陽之助「三鬼陽之助のトップ会談〈第95回〉 "任侠路線で観客頂戴いたします" ゲスト・東映社長岡田茂氏」『週刊サンケイ』1971年11月5日号、産業経済新聞社、134-137頁。 草壁久四郎「実録/戦後日本映画史 人と事件とー最終回 任侠・実録で血路を開いた東映・岡田 松竹・東宝、日活などの老舗に比べ新参だった東映は、岡田茂を中心に試行錯誤を繰り返しながら逞しく成長してきた...」『宝石』1983年1月号、光文社、201-203頁。 「シリーズ人間の内幕31 ゼニと人情はかりにかけりゃ… 鶴田浩二『只今、帰って参りました』」『週刊サンケイ』1977年1月613日号、産業経済新聞社、52頁。 深作欣二「東映現代劇12年を舞台裏からみれば 昭28~40年-1953~1964-」『映画芸術』1965年8月号 No215、映画芸術社、64頁。 「映画監督 深作欣二の軌跡」『キネマ旬報臨時増刊』第1380号、キネマ旬報社、2003年、152頁。 FB編集同人編「小特集 追悼/笠原和夫・深作欣二 『東映のゴールデン・トライアングル』 文・重政隆文」『FB 映画研究誌』2003年 第18号、行路社、153-154頁。 梅宮辰夫『不良役者 梅宮辰夫が語る伝説の銀幕俳優破天荒譚』双葉社、2019年、94-95頁。ISBN 9784575315035 94. 第5章「映画とテレビでトップをめざせ!不良性感度と勧善懲悪」
  18. ^ a b c d e クロニクル東映1 1992, pp. 170–171, 「証言 製作現場から 『人生劇場 飛車角』監督 沢島正継 監督31本目、起死回生の作品」
  19. ^ a b クロニクル東映2 1992, p. 37, 「1963–1964 『人生劇場 飛車角』を出発点に東映任侠映画、全盛期へ』
  20. ^ a b 東映の軌跡 2016, p. 133, 「鶴田浩二を飛車角に配し『人生劇場 飛車角』公開 任侠路線スタート」
  21. ^ a b c d 松島 1992, pp. 105–109
  22. ^ a b c d 佐藤 2007, p. 122
  23. ^ a b 相原 2015, pp. 69–90
  24. ^ a b c d e f g h i j k l m 北浦 2018, pp. 142–153
  25. ^ 「今月の映画案内『人生劇場 飛車角』」『月刊明星』1963年4月号、集英社、232頁。 
  26. ^ 双葉十三郎「にっぽん・ギャング映画論」『キネマ旬報』1963年3月上旬号、キネマ旬報社、34-38頁。 
  27. ^ a b c 石井 1992, pp. 118–119, 「岡田茂(おかだ・しげる)1924~」
  28. ^ 竹中労「岡田東映社長に聞く」『日本映画縦断 II 異端の映像』白川書院、1975年、31-135,251-267頁。 
  29. ^ a b c d e 岡田1 2001, pp. 136–140
  30. ^ a b c d 岡田2 2004, pp. 153–156
  31. ^ a b c d e f g h 岡田3 2012, pp. 297–300, 312–325
  32. ^ a b 春日 2013, pp. 205–209、215–252
  33. ^ 東映の軌跡 2016, p. 564, 「変革期を見据えて 東映株式会社代表取締役グループ会長 岡田裕介」
  34. ^ 多田憲之 (2023年8月7日). “映画は死なず 実録的東映残俠伝/連載 【五代目社長 多田憲之が見た東映半世紀】 チケットを売るのではない、映画を売るのだ 文=多田憲之(東映株式会社代表取締役会長)”. CONEX ECO-Friends. オリジナルの2023年8月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230818131135/https://conex-eco.co.jp/series/115295/2/ 2023年8月22日閲覧。 
  35. ^ 二階堂 2020, pp. 247–256
  36. ^ a b c 笠原 2003, pp. 11–25
  37. ^ a b c d e 斉藤 2016, pp. 184–189, 「実録路線とブルース・リー 『実録』というウリ」
  38. ^ a b c 渡邊 1991, pp. 101, 139–150
  39. ^ a b c 東映の軌跡 2016, pp. 129–130, 「『暗黒街最後の日』公開とギャング路線の確立」
  40. ^ a b 内藤 2010, pp. 268–270
  41. ^ a b c 小林俊之「八名信夫 【侠気インタビュー】 『不良より悪く』」『実話ナックルズ』第44巻2012年3月号(2012年2月10日発行)、ミリオン出版、65–67頁。 
  42. ^ a b c 東映京都のあゆみ - 東映京都ナビ(Internet Archive)
  43. ^ a b c d e f キネ旬1971810 1971, pp. 116–126
  44. ^ a b 「今月の映画案内『人生劇場 飛車角』」『月刊明星』1963年(昭和39年)4月号、集英社、232頁。 
  45. ^ a b 轟夕起夫 (2021年2月8日). “元ヤクザ者の再起を描く『すばらしき世界』で、西川美和監督が光を当てた“見えない人々””. MOVIE WALKER PRESS. ムービーウォーカー. 2021年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月2日閲覧。
  46. ^ 楠本憲吉編『任侠映画の世界』荒地出版社、1969年。『キネマ旬報増刊』1971年3月20日号「任侠映画大全集」など。
  47. ^ a b c d e f 石堂淑朗「深夜に甦る"やくざな男" 鶴田浩二」『怠惰への挑発』三一書房、1966年、111頁。 
  48. ^ a b c 多田憲之 (2021年8月20日). “第3回〝不良性感度〟という二代目社長岡田茂のビジョン 映画は死なず 実録的東映残俠伝― 五代目社長 多田憲之が見た東映半世紀 1972~2021― 文=多田憲之(東映株式会社代表取締役会長)p.1-2”. CONEX ECO-Friends. オリジナルの2022年1月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220127101615/https://conex-eco.co.jp/column/%E6%9D%B1%E6%98%A0/64647/ 2023年8月22日閲覧。 
  49. ^ 伊藤彰彦 (2022年12月16日). “伊藤彰彦 「山口組の戦後史──日本最大の任侠組織を描いた映画」 仁義なきヤクザ映画史10”. 文藝春秋digital. 文藝春秋. 2022年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月22日閲覧。
  50. ^ 東映ヤクザ映画傑作選”. 日本映画専門チャンネル. 日本映画放送 (2022年). 2022年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月2日閲覧。
  51. ^ 総特集=菅原文太-反骨の肖像- /暴力の使い途 俳優・菅原文太 文・鈴木一誌」『現代思想』2015年4月臨時増刊号、青土社、94頁、ISBN 978-4-7917-1298-4 
  52. ^ a b 女優富司 2013, p. 83
  53. ^ 多田憲之 (2021年6月30日). “第1回 プロローグとしての私小説的映画体験 映画は死なず 実録的東映残俠伝― 五代目社長 多田憲之が見た東映半世紀 1972~2021― 文=多田憲之(東映株式会社代表取締役会長)p2”. コモ・レ・バ? (CONEX ECO-Friends). オリジナルの2022年1月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220127102706/https://conex-eco.co.jp/series/62773/2/ 2023年8月22日閲覧。 
  54. ^ a b c d e f g h i 楊紅雲「任侠映画路線における東映の成功 : テレビに対抗した映画製作 (1963-1972年) を中心に」『多元文化』第4号、名古屋大学国際言語文化研究科国際多元文化専攻、2004年3月、192-201頁、doi:10.18999/muls.4.191ISSN 13463462NAID 1200009748642021年12月1日閲覧 
  55. ^ 俊藤山根 1999, pp. 66–75, 116
  56. ^ マキノ雅弘「マキノ雅裕の映画界内緒ばなし(1)」『週刊文春』1981年9月3日号、文藝春秋、139-142頁。 
  57. ^ a b 佐藤忠男 (2014年12月19日). “佐藤忠男の映画人国記 時代劇に任侠映画 日本映画の歴史を作った京都の監督たち”. WEDGE Infinity. ウェッジ. 2014–12–21時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月27日閲覧。
  58. ^ 楠木建 (2012年9月11日). “楠木建の「戦略読書日記」 『映画はやくざなり』(1)”. PRESIDENT Online. プレジデント社. 2012年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月25日閲覧。
  59. ^ 【特別インタビュー】村上春樹が語った60~70年代、音楽、若者へのメッセージ連載 「RADIO PA PA」スペシャル RADIO PA PA”. AERA dot.. 朝日新聞出版. p. 3 (2023年6月4日). 2023年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月3日閲覧。
  60. ^ 内藤, pp. 281.
  61. ^ 「『われらの時代』 脚本家フリートーク 第3回 師弟対談 柏原寛司×米村正二」『シナリオ』2013年7月号、日本シナリオ作家協会、34頁。 
  62. ^ 仁義なき戦い 2022年9月28日閲覧
  63. ^ a b 東映の軌跡 2016, pp. 134–135, 「『昭和残侠伝』公開東映映画の主力 任侠路線に心血注ぎ」
  64. ^ a b 永田 2021, pp. 483–507, 「無法者(アウトロー)狂騒曲/悪役」
  65. ^ 伊藤博敏 (2014年12月4日). “高倉健、菅原文太の相次ぐ死で甦る東映『やくざ映画』名プロデューサー俊藤浩滋の功績”. 現代ビジネス. 講談社. 2020年8月10日閲覧。
  66. ^ 第19回駒場祭(1968年:昭和43年)”. 駒場際情報館. 2020年11月16日閲覧。
  67. ^ 永田 2021, pp. 461–465, 472–482, 「無法者(アウトロー)狂騒曲/松竹」
  68. ^ 四方田犬彦「第一章 『寅さん、無頼の零落」『日本映画と戦後の神話』岩波書店、2007年、114頁。ISBN 4-00-024254-7 
  69. ^ 永田 2021, pp. 415–460, 「無法者(アウトロー)狂騒曲/日活」
  70. ^ 永田 2021, pp. 508–564, 「無法者(アウトロー)狂騒曲/女侠」
  71. ^ トークセッション「撮影所の流儀・日活篇」【4】 - 日本映画監督協会 - Directors Guild of Japan(Internet Archive)
  72. ^ 西脇 1976, p. 72
  73. ^ 永田 2021, pp. 380–414, 「無法者(アウトロー)狂騒曲/大映」
  74. ^ 閉館のお知らせ”. 中映株式会社 (2012年8月1日). 2012年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月15日閲覧。
  75. ^ “松方弘樹の追悼番組でも出せない……「ヤクザ映画」をめぐるテレビの厳しい現状とは”. 日刊サイゾー (株式会社サイゾー). (2017年2月1日). https://www.cyzo.com/2017/02/post_31320_entry.html 2020年8月10日閲覧。 
  76. ^ a b 伊藤彰彦 (2022年3月17日). “《新連載》仁義なきヤクザ映画史(2)「狐狼の血」”. 文藝春秋digital. 文藝春秋. 2023年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月22日閲覧。
  77. ^ a b 土井恵里奈 (2021–09–22). “「孤狼の血」シリーズ第3弾制作決定 白石和彌監督の語るヤクザ映画”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). オリジナルの2022年8月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210922193029/https://www.asahi.com/articles/ASP9M75J1P93PTFC013.html 2021年9月22日閲覧。 
  78. ^ 沖田臥竜 (2021年2月16日). “『ヤクザと家族』監修者・沖田臥竜が見た『すばらしき世界』とスーパー脇役・北村有起哉の凄み”. 日刊サイゾー. サイゾー. 2021年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月2日閲覧。
  79. ^ 犯罪者を描くことで見えた日本社会の課題。西川美和監督が語る『すばらしき世界』”. JFF Plus. 国際交流基金 (2022年2月14日). 2022年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月2日閲覧。
  80. ^ 総特集=菅原文太-反骨の肖像- /【討議】ヒーローの虚像と実像(1976年)菅原文太+川本三郎」『現代思想』2015年4月臨時増刊号、青土社、35–38頁、ISBN 978-4-7917-1298-4 

出典



「ヤクザ映画」の続きの解説一覧

ヤクザ映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 04:57 UTC 版)

千葉真一」の記事における「ヤクザ映画」の解説

任侠映画子守唄シリーズ』をヒットさせていたが、1973年の映画『仁義なき戦い 広島死闘篇』これまでのイメージかえることとなる。 配役予科練出身ヤクザ山中正治決まりセリフ全て覚えて撮影に入る直前だった。しかし狂犬のようなヤクザ大友勝利を演じることが決まっていた北大路欣也が「大友粗暴で下品すぎて、どうしても自分では演じられない山中やらせてほしい」と言い出したことから、プロデューサー日下部五朗宣伝担当者らは千葉を突然訪ね、「山中大友交代してもらえないか」と依頼してきた。『日本暗殺秘録』に続いて広島死闘篇』の脚本執筆した笠原和夫は、小沼正一面山中キャラクター取り込んでいたこともあり、東映笠原は「小沼好演し受賞した千葉に、山中演じさせよう」とキャスティングしていた。このような経緯から千葉も、小沼山中共通点見出して役作りしてきたため、初め交代難色示したほどなくして深作欣二会議唯一千葉大友演じさせたほうが、絶対おもしろくなる」と主張していたことを知り似たような役を再び演じることは俳優として停滞するではないか再考し、「役作りし直すから、出番を少し後にずらしてほしい」と交代了承した。この時、中島貞夫も「大友をやるべき」と説得しており、「千葉ちゃんサクさん(深作欣二)ともよく付き合っていたけど、肝心なところでは僕の意見聞いてくれた」と話している。北大路に役を譲ったのはこれが初めてでなく、1963年の映画海軍』に続いて二度目であった詳細は「日本暗殺秘録」を参照 詳細は「仁義なき戦い 広島死闘篇」を参照 ブロマイド売上げ俳優部門4年連続No.1アイドルでもあったが、過激なセリフ悩みながら「これまで良い思ったものを全て捨てる」という姿勢で、サングラス常時掛けて眼を隠し、唇を裏返しにして糊付けするなど、役柄にふさわしい演技扮装工夫した。そして作り上げた大友勝利はシリーズ1, 2を争う名キャラクターとして人気つかんでおり、後のヤクザ映画でも「『仁義なき戦い』の千葉真一さんがやった大友勝のような」と影響与え続けヤクザ役のひな型となっている。封切り公開される千葉のイメージチェンジ話題となり、俳優座養成所1期生千葉何度共演している岩崎加根子などからも絶賛され、それを聞いた千葉は「とても自信がついた。悪役妙味を知ることができ、実に大きなものを与えてくれた作品だった」と語っている。大友勝利は人気キャラクターだけあって主人公にした企画出され、『仁義なき戦い 頂上作戦』にも大友出演する予定だったが、『広島死闘篇』と同時進行で『柔道一代シリーズ以来10年ぶりの格闘映画クランクインしたため、『仁義なき戦いシリーズ』の再出演は実現しなかった。(⇒ #転機詳細は「仁義なき戦い#登場人物」を参照 多くのヤクザ映画を手掛けてきた俊藤浩滋は「役者でいうと高倉健タイプかな。(ヤクザ映画で)行動派演じさせれば、ピッと光るものがある」と評している。

※この「ヤクザ映画」の解説は、「千葉真一」の解説の一部です。
「ヤクザ映画」を含む「千葉真一」の記事については、「千葉真一」の概要を参照ください。


ヤクザ映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 06:01 UTC 版)

鈴木智彦」の記事における「ヤクザ映画」の解説

週刊ポスト2014年12月12日号の記事で、ヤクザ映画ベスト5として次の5作品選んだ。『シャブ極道』(1996年大映) 『仁義なき戦い 頂上作戦』(1974年東映) 『博徒七人』(1966年東映) 『博奕打ち いのち』(1971年東映) 『昭和残侠伝』(1965年東映2016年1月ドキュメンタリー映画ヤクザと憲法』(2016年東海テレビ放送)を「現状これ以上映像ドキュメント不可能というレベル作品」と絶賛した同年3月、『血と掟』(1965年松竹)は「『演技ヤクザ』と『本物ヤクザ』の違い理解できる作品」だと述べた

※この「ヤクザ映画」の解説は、「鈴木智彦」の解説の一部です。
「ヤクザ映画」を含む「鈴木智彦」の記事については、「鈴木智彦」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ヤクザ映画」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ヤクザ映画」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヤクザ映画」の関連用語

ヤクザ映画のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヤクザ映画のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヤクザ映画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの千葉真一 (改訂履歴)、鈴木智彦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS