石堂淑朗とは?

石堂淑朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/25 00:23 UTC 版)

石堂 淑朗(いしどう としろう、1932年7月17日 - 2011年11月1日)は、日本の脚本家評論家




  1. ^ a b 『帰ってきたウルトラマン大全』(双葉社・2003年) p.273、275
  2. ^ a b c d e f 緑川亨 「〈対談〉石堂淑朗・新藤兼人」『日本映画の現在』 岩波書店〈講座日本映画7〉、1988年、329-336頁。ISBN 4-00-010257-5
  3. ^ a b c 『正論』1997年2月号「私の写真館」
  4. ^ 芹沢博文『指しつ指されつ』(リイド社、1987年)収録の芹沢・石堂対談より
  5. ^ 脚本家の石堂淑朗氏が死去 「日本の夜と霧」「黒い雨」 産経新聞 2011年12月1日閲覧


「石堂淑朗」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石堂淑朗」の関連用語

石堂淑朗のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



石堂淑朗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石堂淑朗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS