鈴木俊継とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 鈴木俊継の意味・解説 

鈴木俊継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/20 01:14 UTC 版)

鈴木 俊継(すずき としつぐ[1]1934年1月8日[2] - 没年不明)は、日本テレビ演出家。演出家となる前は鈴木 孝次(すずき こうじ)名義で俳優として活動していた[3][4][5][6]。妻は円谷プロダクションのスタッフだった宍倉徳子[7][8]関東学院大学中退[2]


注釈

  1. ^ ノンクレジット。

出典

  1. ^ 資料室 東宝WEB SITE”. 2014年2月4日閲覧。
  2. ^ a b DVD『シルバー仮面フォトニクル2』 2015年12月18日発売 発売元-デジタルウルトラプロジェクト DUPJ-137 pp.84-85 「コダイグループ資料冊子」
  3. ^ a b 怪奇大全 2001, p. 72.
  4. ^ a b c d e モスラ映画大全 2011, p. 71, 「脇役俳優辞典25」
  5. ^ a b c d e f g h i 「友井健人「鈴木俊継監督 その知られざる実像」」『ウルトラセブン研究読本』洋泉社、2012年11月29日、138-139頁。ISBN 978-4-8003-0027-0 
  6. ^ a b c d e 初代ゴジラ研究読本 2014, p. 114, 「オール初代ゴジラ俳優大図鑑」
  7. ^ ミラー大全 2004, p. 40.
  8. ^ 「Pickup Interview 宍倉徳子」『別冊映画秘宝 円谷プロSFドラマ大図鑑』洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2013年、141頁。ISBN 978-4-8003-0209-0 
  9. ^ a b c d マガジン2020 2020, p. 62, 「ウルトラ雑学2 円谷プロダクション Who's Who?」
  10. ^ a b c d UPM vol.17 2021, p. 31, 「ウルトラ監督列伝」
  11. ^ a b 「STAFF INTERVIEW 満田かずほ」『ウルトラセブンイズム』辰巳出版〈タツミムック〉、2002年11月15日、61-62頁。ISBN 4-88641-779-5 
  12. ^ 「エピソードガイド第32話」『ウルトラマン研究読本』洋泉社、2013年12月2日、188-189頁。ISBN 978-4-8003-0262-5 
  13. ^ 怪奇大全 2001, p. 125.
  14. ^ ミラー大全 2004, p. 246.
  15. ^ a b c 東宝特撮映画全史 1983, pp. 535–536, 「主要特撮作品配役リスト」
  16. ^ 空の大怪獣ラドン”. 東宝 WEB SITE. 東宝. 2022年2月28日閲覧。
  17. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 33, 「『大怪獣バラン』作品解説/俳優名鑑」


「鈴木俊継」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鈴木俊継」の関連用語

鈴木俊継のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鈴木俊継のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鈴木俊継 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS