連続テレビ小説とは? わかりやすく解説

連続テレビ小説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/25 08:24 UTC 版)

連続テレビ小説』(れんぞくテレビしょうせつ)は1961年度(昭和36年度)から放送されているNHKテレビドラマシリーズ(帯ドラマ形式の連続ドラマ)。通称:朝ドラ(あさドラ)[1]


注釈

  1. ^ 新型コロナウイルスにより6月末-9月中旬に初回生放送が中断(この間再放送実施)、また終了が2020年11月まで延期
  2. ^ 新型コロナウイルスにより2020年12月-2021年5月まで放送時期を延期
  3. ^ 新型コロナウイルスにより放送開始を2021年5月-10月まで放送時期を延期
  4. ^ 新型コロナウイルスにより放送開始を2021年11月-2022年4月まで放送延期。
  5. ^ 2022年4月2日までラジオ第2放送で放送されていた朗読とは別枠。
  6. ^ 放送時間が変更された2010年度以降も、前放送日の本放送や再放送が休止・中断された場合は、8時 - 8時15分の枠を前話の本放送もしくは再放送に充て、8時15分 - 8時30分の枠で本放送が実施される場合もある。
  7. ^ おんなは度胸』(1992年度前期)から『ぴあの』(1994年度前期)にかけては、『君の名は』(1991年度)が1年作品であった関係から、前期(4月 - 9月)放送作品がNHK大阪放送局制作、後期(10月 - 3月)放送作品がNHK放送センター制作と、逆パターンになっていた。
  8. ^ 東日本大震災の発生によりアナログ放送終了延期に伴う
  9. ^ 当初は23分。
  10. ^ 当時、本作品のみ例外的に大阪制作となった理由として、NHK放送センターのスタッフの大部分が1964年東京オリンピックの取材に回されたために人的資源が不足していたことがある。時間帯や局は異なるが、フジテレビ系で放送されていた昼の帯ドラマ東海テレビが制作していたのも同じ理由による。
  11. ^ ただし今作品は小説家・川端康成によるもので、脚本家による書き下ろし作品は『』が最初。
  12. ^ ただし2015年上半期の『まれ』と2015年下半期の『あさが来た』、2016年下半期の『べっぴんさん』、2017年下半期の『わろてんか』は例外的にシネライクガンマは非採用。
  13. ^ 2002年の「さくら」においても、日系人がヒロインであったが、純粋な外国人ヒロインは初めてとなる。
  14. ^ ただしNHKの公式回答では「最終回後の桜子は生死不明」とされている。
  15. ^ 前者は『おしん』や『梅ちゃん先生』、後者は『鳩子の海』や『おかえりモネ』など。
  16. ^ ゲゲゲの女房』、『花子とアン』、『とと姉ちゃん』など登場人物のほとんどが実名の作品は、エンディング画面下部に「このドラマはフィクションです」との断り書きが表示された。
  17. ^ マー姉ちゃん』(田河水泡菊池寛)、『ハイカラさん』(津田梅子山川捨松)、『よーいドン』(人見絹枝)、『ゲゲゲの女房』(水木しげる)、『花子とアン』(村岡花子)『あさが来た』(土方歳三五代友厚)『カムカムエヴリバディ』(平川唯一)など、実名を用いている作品もある。
  18. ^ 実際『らんまん』の主人公のモデルになった人物は、幕末生まれで「日本の植物学者の父」と呼ばれている、牧野富太郎とNHKは公言している[19]
  19. ^ ふたりっ子』、『まんてん』、『おかえりモネ』、現代劇ではないが『カムカムエヴリバディ』は放送当時より先の未来が描かれた。
  20. ^ ただし、出典には載っていないが『ウェルかめ』、『エール』、『おちょやん』は、それぞれ「浜本波美の就職先」、「古山裕一・音夫妻の駆け落ち先」、「竹井千代の夜逃げ先」として、それぞれ東京と京都の地を踏んでいることが明確になっているため、カウントしている。
  21. ^ 今後、そうなる可能性がある他県は、茨城県石川県徳島県宮崎県がある。
  22. ^ 厳密にはオーディションではなかったという樫山の本人談もある(田幸、253 - 254頁)。
  23. ^ 『ちりとてちん』では五十代の主人公がナレーションで過去を振り返る設定であるが、劇中は声のみで出演(別役で本人役の出演)のため「主演」には該当しない。
  24. ^ 『カムカムエヴリバディ』では劇中で別役が主人公と同一人物と明かされた。
  25. ^ NHK大阪放送劇団」「関西芸術座」「劇団そとばこまち」「劇団立身出世劇場」など。
  26. ^ 特に、お笑い芸人の藤井隆内場勝則は、自らの所属事務所創設者のモデルが主人公の『わろてんか』に序盤から最終回までレギュラー出演した。
  27. ^ 山本耕史土方歳三ディーン・フジオカ五代友厚だが、放送順で『新選組!』(2004年)→『あさが来た』(2015 - 16年)→『青天を衝け』(2021年)となる。
  28. ^ 徳島県を除くNHK教育が未開局の地域では、『娘と私』の再放送時間帯には学校放送番組が放送されていた。
  29. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 本編が週5回となった『エール』より『カムカムエヴリバディ』まで、土曜日(テレビジャパン、JSTVのグリニッジ標準時採用地域(=イギリスなど。夏時間時除く)は時差の関係で金曜)は後述する週間ダイジェストと次週の予告となっていた(金曜日での次週予告はない)。
    『ちむどんどん』より金曜日の本編終了時に次週予告が入るようになった。
  30. ^ a b BSプレミアムでは独自のポイントサービスであるBSマイル対象番組の一つとして扱われていた(2016年終了)。
  31. ^ a b c d JSTV2の放送は日本の総合テレビジョンとの同時生放送である。
  32. ^ 本来の放送時間(2009年度までは8時15分 - 8時30分、2010年度以降は8時 - 8時15分)に緊急・重大ニュースなどが発生して放送が休止された場合、この枠を本放送の代替放送に充てる場合もある。
  33. ^ なお2016年以降の夏の甲子園決勝戦は選手の健康面を考慮し14時開始だったため、通常と同じ時間の再放送だった。
  34. ^ 1994・1995年度はBS2で23時台を基調とした夜間の再放送があったが、開始時間が不安定だったため、その代替として新設された。
  35. ^ a b 土曜15分ダイジェスト・次週予告の再放送がBSプレミアムと4Kでは行われなくなった。
  36. ^ 2019年度までは原則11時 - 11時20分
  37. ^ 当初は『ちむどんどん』開始後の4月18日早朝から開始予定だった。なお出典に上げた関係者向け資料として配布された番組表は月曜早朝扱いであるが、新聞では5時の『NHKニュースおはよう日本』(第1部)を1日の基点としているため、日曜深夜最終番組の扱いとされている。
  38. ^ 日曜討論』、『春・夏の高校野球』など
  39. ^ a b 『スカーレット』まで、土曜日の本編放送回の枠。
  40. ^ 『おちょやん・第X週』は、本編でもナレーターを担当した桂吉弥が兼任した。
  41. ^ 『とっておきサンデー』はリアルタイム字幕放送を使用(微妙な遅延はあるものの、予め入力したものをタイミングに合わせて表示)。『とっておきサンデー』休止による単独番組扱いの場合、字幕放送は収録番組と同様、予め入力したものをタイムラグなしで表示。5分版は2011年度は字幕を放送しなかった(ただし『とっておきサンデー』の放送がある時はリアルタイム字幕あり)が、2012年度から実施された。
  42. ^ 7時46分 - 8時1分(7時30分からの朝ドラ最新作の先行放送枠の直後の放送)
  43. ^ 総合テレビにて、月 - 金 16時30分 - 17時放送(2話連続放送)ただし、総合テレビ枠であるため、国会・大相撲・高校野球中継などの場合は休止するなど、番組編成は総合的に判断する[39]
  44. ^ 7時15分 - 7時30分(7時30分からの朝ドラ最新作の先行放送枠の直前の放送)
  45. ^ 本作のみ8時30分から。
  46. ^ NHKニュースおはよう日本』放送時間拡大に伴い、枠を廃止。
  47. ^ BS-hi、月曜1時10分 - 2時40分(日曜25時10分 - 26時40分)に1週6日間まとめて再放送。
  48. ^ BSプレミアム、日曜10時 - 11時30分に1週6日間まとめて再放送。
  49. ^ a b 本来朝のアンコールでは『カーネーション』(大阪制作)を、夜のアンコールでは『純情きらり』(東京制作)を再放送としていたが、『カーネーション』に出演していた俳優が不祥事により逮捕されたため、急きょ変更された。(俳優逮捕でNHK朝ドラ再放送差し替え - デイリースポーツ、2013年3月6日)
  50. ^ 土曜18時から一週間分の再放送あり
  51. ^ 2018年4月10日から10月29日まで放送
  52. ^ 2018年11月6日から2019年6月12日まで放送
  53. ^ 2019年6月17日から2020年1月10日まで放送
  54. ^ 2020年1月28日から7月2日まで放送
  55. ^ 2020年7月8日から2021年1月8日まで放送
  56. ^ 2021年1月26日から9月8日まで放送
  57. ^ この作品よりBSプレミアムとBS4Kで同時放送
  58. ^ 2021年9月27日から2022年4月26日まで放送。
  59. ^ 2022年5月23日より放送。
  60. ^ 災害による特番の場合、災害が発生した県もしくはその県が属するブロックのみ特番を優先し、他の県・ブロックでは朝ドラを放送するケースもある。
  61. ^ 2010年までは、広島・岡山・松江・山口の各局は8時50分頃からの放送、鳥取局は他地域と同じ8時35分頃からの放送であった。
  62. ^ 2022年大会は、Eテレで12時25分~13時05分までリレー中継扱いで放送。
  63. ^ 主に『「臨時枠移動された前放送日の再放送」+「15分押しとなった当日の本放送」』・『「臨時枠移動された前放送日の本放送」+「15分押しとなった当日の本放送」』・『「臨時枠移動された前放送日の再放送」+「当日の再放送」』・『「臨時枠移動された前放送日の再放送」+「(前放送日の本放送の後に13時のニュースを挟むことで)20分押しとなった当日の再放送」』のいずれのケースが該当。
  64. ^ 特番により、総合テレビでは9時40分から19時までほぼ全ての通常番組が休止された。
  65. ^ 2015年上期の『まれ』(主題歌『希空〜まれぞら〜』)では、1番をヒロイン・土屋太鳳が、2番を一般公募による作詞をした。
  66. ^ ロマンス』が歌詞入りの朝ドラオープニングタイトル第1号ともいわれる。(歴代の『朝ドラ』主題歌 - アカイさんノートNHKブログ
  67. ^ 2022年現在、『舞いあがれ!』までで『あまちゃん』が最後のインストゥルメンタル曲。
  68. ^ 主人公の南田のぞみ(松嶋菜々子)の日常の描写を、テーマソング「ドリーミングガール」のイントロダクションの部分で10秒程度表現していた簡易版だった。
  69. ^ 例外として『第71回NHK紅白歌合戦』は2020年度前期『エール』の主題歌、GReeeeNの『星影のエール』が選ばれている。
  70. ^ 1991年度1年を通して放送された『君の名は』でも、途中からサブタイトルが付けられ、数か月を一括りとして「第2部」「第3部」…と表示された。
  71. ^ a b 作品によっては「おわり」「おしまい」など。
  72. ^ NHKが2021年度の番組からエンドカードでの「終」の表記を廃止したことによる。
  73. ^ 2人はドラマ「釣りバカ日誌」で恋人を演じており、濱田は釣竿を持って登場し釣りバカ日誌の恒例のセリフを織り交ぜた漫才風に次週を紹介した。
  74. ^ その際に使用されていたテロップは『あさイチ』(総合テレビ版本放送の後座番組)で使用されている名前・予告表示のテロップだった。
  75. ^ 実際には、1983年度下半期=同10月(『おしん』途中)から試験放送として実施、本放送は1985年11月からである。
  76. ^ 物語がある程度進んだ頃に、オープニングで2番目に出てくる登場人物がほとんど。
  77. ^ 非常に稀な例として、主人公交替制を取り入れた『カムカムエヴリバディ』は、初代主人公・橘安子は黄色、2代目・雉真るいは水色、3代目・大月ひなたは緑で表示されたため、語りは白だった。なお、安子は物語の終盤「アニー・ヒラカワ」と名乗っており、ネタバレを防ぐため、上記の名前だった時は白、彼女の役名が「安子・ローズウッド」になった最終回のみ黄色に戻っている。
  78. ^ 常時ではないものの、日本テレビ(関東ローカル)『ゴゴドラ』(ドラマ再放送枠)でも一部の作品で実施していた。
  79. ^ 1978年の年間視聴率は、全日帯ではNHK総合とTBSとが10.1%で同率1位であった。なお、この年(1978年)にはTBSが年間視聴率で3冠王を獲得している。
  80. ^ 『ひまわり』は2週単位(12回)。
  81. ^ 2013年の『あまちゃん』では通称「あま絵」と呼ばれて注目され、以降「◯◯(作品の略称)絵」という呼び方が定着する。
  82. ^ 少女編を抜粋して2001年7月に放送
  83. ^ 少女編である第1・2週を抜粋して2022年6月に放送
  84. ^ 1994年4月 - 9月は『おはよう!ナイスデイ』を8時開始としたほか、1998年10月 - 1999年3月は同番組を8時25分開始としていた。
  85. ^ 「○○」には題名の略称が入る。

出典

  1. ^ a b c “NHK、朝ドラ週5日への短縮を正式に発表 来春から”. 朝日新聞デジタル. (2019年7月24日). https://www.asahi.com/articles/ASM7S621CM7SUCVL01P.html 2019年7月24日閲覧。 
  2. ^ ビデオリサーチ NHK朝の連続テレビ小説 過去の視聴率データ
  3. ^ “NHK 朝ドラ週5日策「さまざまな選択肢を検討中」 4K制作は時間かかる”. デイリースポーツ online. (2018年5月22日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/05/22/0012354601.shtml 2019年5月24日閲覧。 
  4. ^ “NHK働き方改革 朝ドラ放送枠を週5日に短縮へ 来春「エール」から土曜放送なし検討”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年5月23日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/23/kiji/20190522s00041000394000c.html 2019年5月24日閲覧。 
  5. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'69』日本放送出版協会、1969年、170頁。 
  6. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'76』日本放送出版協会、1976年、123頁。 
  7. ^ NHK放送文化研究所 編集 『NHK年鑑2003』日本放送出版協会、2003年、160頁。 
  8. ^ NHK放送文化研究所 編集 『NHK年鑑2003』日本放送出版協会、2003年、345頁。 
  9. ^ NHKアーカイブスの概要(NHK知財センター アーカイブ部、2015.11)
  10. ^ 「はじめての連続テレビ小説」(「文化の扉」朝日新聞2014年8月19日)。
  11. ^ 黄馨儀 「テレビ文化と女性―初期のNHK 朝の連続テレビ小説の形式転換と女性視聴者との関係」 2010年
  12. ^ “「半分、青い。」北川悦吏子氏の朝ドラ初脚本 斬新かつ実は王道 家族愛丹念に ホームドラマの復権”. スポーツニッポン. (2018年4月30日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/30/kiji/20180429s00041000506000c.html 2018年5月31日閲覧。 
  13. ^ “朝ドラ「エール」27日・120話は感謝祭 人気キャスト総出演のカーテンコールで古関メロディーを熱唱”. iza. (2020年11月26日). https://www-iza-ne-jp.cdn.ampproject.org/v/s/www.iza.ne.jp/article/20201126-R5VHE2BHCJJLZIH2FLOBMGZU6M/?amp_js_v=a6&amp_gsa=1&outputType=amp&usqp=mq331AQKKAFQArABIIACAw%3D%3D#aoh=16513394685306&referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.com&amp_tf=%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B9%3A%20%251%24s&ampshare=https%3A%2F%2Fwww.iza.ne.jp%2Farticle%2F20201126-R5VHE2BHCJJLZIH2FLOBMGZU6M%2F 2022年11月26日閲覧。 
  14. ^ 楽しみ!「エール」最終回コンサート曲目”. シネマトゥディ. 2022年11月26日閲覧。
  15. ^ 卓話「ごちそうさんのみどころ」(プログラム委員会 北出幸一委員長、NHKプロデューサー 内田ゆき) - 宇都宮ロータリークラブ No.3027回 第6会報、2013年8月6日
  16. ^ 卓話「NHK連続テレビ小説の裏話」(NHK宇都宮放送局 局長 北出幸一会員) - 宇都宮ロータリークラブ No.2949回 第23会報、2011年12月13日
  17. ^ 週刊女性』2013年9月10日号
  18. ^ 「とと姉ちゃん」Pに聞いた、なぜ「暮しの手帖」や大橋鎭子や花森安治はモデルでなくモチーフなのか - Yahoo!ニュース(木俣冬
  19. ^ 2023年度前期 連続テレビ小説『らんまん』 主演は神木隆之介さん! - NHKドラマ、2022年2月2日
  20. ^ 「NHK放送史『朝ドラ100』」の 「ご当地マップ」 を参照。
  21. ^ NHK「朝ドラ」、80作目は埼玉 これで全国一巡 - 朝日新聞、2008年6月17日
  22. ^ 「『ゲゲゲ』で再注目!ヒット女優の養成所“朝ドラ”」『日経エンタテインメント!』2011年1月号(No.166)、日経BP、2010年、73頁。
  23. ^ 朝ドラのヒロインを経験すると、なぜ女優として大成するのか日経エンタテインメント!』2012年6月号
  24. ^ 『女性セブン』2012年7月19日号 - NEWSポストセブン
  25. ^ “波瑠、土屋太鳳らブレーク女優のウラで……消えた“朝ドラヒロイン”たちはいま”. サイゾーウーマン. (2016年3月7日). https://www.cyzowoman.com/2016/03/post_19175_1.html 2022年1月23日閲覧。 
  26. ^ “堀北真希NHK朝ドラ来年春ヒロイン”. 日刊スポーツ. (2011年6月16日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110616-791085.html 2019年11月11日閲覧。 
  27. ^ 「カーネーション」ヒロイン交代 番組Pに緊急インタビュー! - NHKブログ、2012年1月31日
  28. ^ 『あさが来た』の脚本家・大森美香が舞台裏をすべて明かす!〜残り1週だから、話せることがある”. 現代ビジネス (2016年3月27日). 2017年9月29日閲覧。
  29. ^ 『まれ』陶子役で活躍中…柊子がホレた共演... - 女性自身、2015年6月7日
  30. ^ 『あさが来た』長女役・小芝風花、ヒロイン落選からの復活起用「一瞬、理解ができませんでした」 - マイナビニュース、2016年1月1日
  31. ^ 『メガネをとったら美女が「あさが来た」の“宜ちゃん”吉岡里帆 - zakzak by 夕刊フジ、2016年3月14日
  32. ^ ももクロ、全員が“朝ドラ”オーディションを受験 百田夏菜子、ヒロイン役は不合格も「拾っていただいた」 - エンタメOVO、2016年5月17日
  33. ^ 『べっぴんさん』の土村芳、大学の先輩・黒木華は「オーラがすごかった」 - 週刊女性PRIME、2016年12月1日
  34. ^ 「わろてんか」妹役・堀田真由がブレイク必至 ヒロインオーディションで掴んだチャンス…「リハから泣けてきてしまった」撮影秘話も<モデルプレスインタビュー前編> - モデルプレス、2017年10月21日
  35. ^ 高倉文紀 (2014年2月23日). “「新・女優登竜門」は朝ドラ“脇役” 有村架純、橋本愛、満島ひかりら活躍”. ORICON STYLE (オリコン). https://www.oricon.co.jp/news/2034309/full/ 2016年10月26日閲覧。 
  36. ^ WEBザテレビジョン. “<なつぞら>「大泉洋」登場でトレンド入り!『我が愛する北海道』セリフにファン感激!!TEAM NACS全員出演達成” (日本語). WEBザテレビジョン. 2022年2月20日閲覧。
  37. ^ 2022年度放送番組時刻表
  38. ^ NHK INFORMATION「放送番組編成計画」国内放送番組日本放送協会
  39. ^ “朝ドラ旧作夕方再放送「カーネーション」いきなり国会中継で休止もNHK織り込み済み”. スポーツニッポン. (2018年4月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/10/kiji/20180410s00041000081000c.html 2018年5月31日閲覧。 
  40. ^ “大河ドラマと連続テレビ小説の収録を当面見合わせ NHK”. NHKニュース (日本放送協会). (2020-04についてはaccessdate= 2020-05-15). オリジナルの2020年4月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200401031604/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200401/k10012361691000.html 
  41. ^ “NHK、「麒麟がくる」「エール」の放送中断を発表”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年5月15日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202005150000213.html 2020年5月15日閲覧。 
  42. ^ ニュース 「連合赤軍事件人質救出作戦始まる」 | 番組表検索結果詳細 | NHKクロニクル 日本放送協会
  43. ^ 朝日新聞』1972年2月29日付朝刊23面「CMをやめた民放局も」より。
  44. ^ 『朝日新聞』1972年3月4日付朝刊13面の番組欄より。
  45. ^ 朝日新聞1987年3月19日付朝刊1面『NHKが初の緊急警報放送』より。
  46. ^ a b c 「おしん」今も途上国で人気 25年間で放映64カ国に(2008年7月10日・朝日新聞)
  47. ^ a b 連続テレビ小説の海外展開強化について(NHK広報局)
  48. ^ “朝ドラ”の大人気作がまさかのBS12で! 国仲涼子主演「ちゅらさん」が10月5日(月)よりスタート”. WEBザテレビジョン (2020年10月5日). 2022年8月12日閲覧。
  49. ^ “マナカナ”が大反響 朝ドラ『ふたりっ子』BS12で放送”. ORICON NEWS (2021年3月31日). 2022年8月12日閲覧。
  50. ^ 尾野真千子主演『カーネーション』BS12トゥエルビにて10月25日より放送開始”. リアルサウンド映画部 (2021年10月20日). 2022年8月12日閲覧。
  51. ^ 激動の時代を夢に向かって、まっすぐに生きた夫婦の奮闘記 連続テレビ小説「マッサン」 5月2日(月)よる7時~BS12 トゥエルビで放送開始”. BS12 トゥエルビ (2022年4月25日). 2022年8月12日閲覧。
  52. ^ NHK連続テレビ小説(朝ドラ)主題歌 楽譜特集”. @ELISE. 2017年8月1日閲覧。
  53. ^ データ放送とは?
  54. ^ NHKネットクラブ「花子とアン スタンプラリー 3月31日(月)スタート!」2014年10月9日のアーカイブ
  55. ^ ポイントサービス終了について
  56. ^ 引田惣弥『全記録 テレビ視聴率50年戦争-そのとき一億人が感動した』講談社、2004年、ISBN 4-06-212222-7、116頁。
  57. ^ #堀井、83-89頁。
  58. ^ しんどい物語だったけど…朝ドラ「おちょやん」クライマックスの大逆転に見る“好感度と視聴率”の宿命,木俣冬,2021年5月13日
  59. ^ 大詰めで急速に支持を集める朝ドラ『おちょやん』、これまで過小評価されてきた理不尽なワケ,木村隆志,2021年5月1日
  60. ^ “NHK総局長 朝ドラ視聴率20%割れ「色んな視聴の在り方」「おちょやん」高評価”. デイリースポーツ. (2021年5月19日). https://www.daily.co.jp/gossip/2021/05/19/0014340543.shtml 2021年7月9日閲覧。 
  61. ^ “「おかえりモネ」時計代わりにならず?朝ドラの見られ方に変化か 配信好調 作品性高くSNS洞察呼ぶ”. SponichiAneex (日刊スポーツ). (2021年11月1日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/11/01/kiji/20211101s00041000462000c.html 2021年11月4日閲覧。 
  62. ^ “【おかえりモネ】放送終了 全120回の平均視聴率は関東で16.3% ドラマ舞台・仙台は19.6%”. ORICON NEWS (ORICON). (2021年11月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2212258/full/ 2021年11月1日閲覧。 
  63. ^ テレビ“午後ナマ戦争”勃発!〜NHK新番組の可能性は…?〜,2017年2月17日
  64. ^ あまちゃん 最終回視聴率23.5% BSは「梅ちゃん」超え - 中日スポーツ・2013年10月1日
  65. ^ 波瑠:朝ドラ「あさが来た」終了で感慨 「びっくりぽんな物語がいつまでも生き続けますように」”. まんたんウェブ (2016年4月4日). 2016年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月4日閲覧。
  66. ^ “「早あま」合算で視聴率“31.4%””. デイリースポーツ. (2013年9月30日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/09/30/0006382555.shtml 2013年10月7日閲覧。 
  67. ^ a b 民放は朝ドラ「なつぞら」より「おしん」に戦々恐々、BS再放送でSNSは大騒ぎ,デイリー新潮,2019年4月8日
  68. ^ 朝ドラ「スカーレット」第21週の2020年2月22日8時21分のツイート2020年2月26日閲覧。
  69. ^ 【エール】第12週はオムニバス形式でスピンオフ バンブー夫妻の馴れ初めや環の恋物語も
  70. ^ 平成30年度前半期 放送番組時刻表(種別入り)
  71. ^ あまちゃん「最終回を見る会」スクリーンに謎の民放映像 「本当に見てたのか?」「余韻がそがれた」と騒動に,J-CASTニュース,2013年9月28日
  72. ^ 朝ドラ『半分、青い。』ネタバレとの闘い。SNS時代の広報戦略をプロデューサーに聞いた,木俣冬,2018年9月28日
  73. ^ 自称「クソガキ!」柄本佑は小学生にしてフェリーニの名作「道」を理解していた,アサジョ,2018年12月26日
  74. ^ 「朝ドラあけのアナウンサーの表情」のナゾ,exciteコネタ,2007年12月6日
  75. ^ NHK高瀬耕造アナの表情 直前まで『まれ』を見ているのか?,NEWSポストセブン,2015年5月15日
  76. ^ NHK高瀬アナの“昼ドラ受け”最後に悲しみの声,日刊スポーツ,2016年4月1日
  77. ^ 高瀬アナ、9時のニュースで粋なアドリブ ひよっこ愛に有働アナ「あんな真顔で…」,デイリースポーツ,2017年9月29日
  78. ^ 高瀬アナの“朝ドラ送り”が全国で 公式ツイッター投稿開始で地方ファン「初めて見た!」 ,デイリースポーツ,2019年10月3日
  79. ^ 高瀬アナ、新番組で「再放送の朝ドラ」受け 「笑った」「突然クイズを」,J-CASTニュース,2022年4月5日
  80. ^ 前番組『ニュース シブ5時』では原則朝ドラ受けは行われなかった。
  81. ^ NHK番組表ヒストリー”. クロニクル. NHK. 2019年2月25日閲覧。
  82. ^ 第22回月間賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2016年8月17日閲覧。
  83. ^ 放送批評懇談会第48回奨励賞受賞作品
  84. ^ 放送批評懇談会第49回ギャラクシー賞受賞作品
  85. ^ 第45回奨励賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2016年8月17日閲覧。
  86. ^ 第49回奨励賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2016年8月17日閲覧。
  87. ^ 第51回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2016年8月17日閲覧。
  88. ^ 第38回放送文化基金賞受賞一覧
  89. ^ 第40回放送文化基金賞 受賞一覧”. 放送文化基金. 2016年8月17日閲覧。
  90. ^ 国際ドラマフェスティバル:Award”. 2013年10月24日閲覧。 - 2012年の受賞リスト
  91. ^ 国際ドラマフェスティバル:Award”. 2013年10月24日閲覧。[リンク切れ] - 2013年の受賞リスト
  92. ^ 2014年の受賞リスト”. 国際ドラマフェスティバル. 2016年8月17日閲覧。
  93. ^ 2015年の受賞リスト”. 国際ドラマフェスティバル. 2016年8月17日閲覧。
  94. ^ 「あさが来た」がグランプリに 東京ドラマアウォード”. 朝日新聞 (2016年10月7日). 2016年11月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月9日閲覧。
  95. ^ ザテレビジョン』11月5日号(No.41)、2010年、22-24頁。
  96. ^ 第72回ザテレビジョン ドラマアカデミー賞 最優秀作品賞[リンク切れ]
  97. ^ 『月刊TVnavi』5月号、扶桑社、2011年、207-214頁(ドラマ・オブ・ザ・イヤー2010年間大賞
  98. ^ ももクロ百田 出演朝ドラに“芸術賞”、スピーチでハプニングも機転利かす[リンク切れ]
  99. ^ じぇじぇじぇ! 「あまちゃん」グッズ大盛況[リンク切れ] - 読売新聞、2013年9月25日
  100. ^ 連続テレビ小説 メモリアルブック - NHKサービスセンター
  101. ^ 「あまロス」を乗り切ろう:角川マガジンズから「あまちゃん」シナリオ完全収録本の発売決定 - ITmedia eBook USER
  102. ^ 「マッサン」名ゼリフ着ボイス、配信好調[リンク切れ] - スポーツ報知、2015年1月12日
  103. ^ 「びっくりぽんや!」波瑠セリフ着ボイスに 23日から配信開始[リンク切れ] - スポーツ報知、2015年12月23日
  104. ^ 7〜8時台ひとり勝ちのNHK 民放各局は朝ドラ対策に四苦八苦 2/2,NEWSポストセブン,2015年12月26日
  105. ^ 『モーニングバード』番組P 朝ドラ対策は羽鳥&赤江のトーク,NEWSポストセブン,2015年4月21日
  106. ^ 小倉智昭、敵は有働由美子?に「そりゃそうですよ」,デイリースポーツ,2017年5月30日
  107. ^ 小倉智昭、有働アナにライバル心?「口きかない」,日刊スポーツ,2017年5月30日
  108. ^ 理由は朝ドラ? 小松基地、飛行訓練が10分早まる”. 朝日新聞デジタル (2015年12月18日). 2015年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  109. ^ 空自小松基地 訓練開始前倒し 朝ドラに配慮”. 毎日新聞 (2015年12月19日). 2015年12月22日閲覧。
  110. ^ 「昼あま」直後のNHK高瀬耕造アナの表情を楽しむ人が続出中」『女性セブン』、小学館、2013年8月23日、2013年10月7日閲覧。


「連続テレビ小説」の続きの解説一覧

連続テレビ小説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 23:58 UTC 版)

倉敷美観地区」の記事における「連続テレビ小説」の解説

NHKの連続テレビ小説(特に大阪放送局制作分)において、明治・大正期における繁華街町並みの場面に使用される事がある。 『カーネーション』(2011年) - 場所 : 倉敷館(旧倉敷町役場)、中橋から今橋付近マッサン』(2014年) - 場所 : 倉敷館(旧倉敷町役場)、中橋から今橋付近

※この「連続テレビ小説」の解説は、「倉敷美観地区」の解説の一部です。
「連続テレビ小説」を含む「倉敷美観地区」の記事については、「倉敷美観地区」の概要を参照ください。


連続テレビ小説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 07:31 UTC 版)

NHKウイークリーステラ」の記事における「連続テレビ小説」の解説

番組終了前後、『メモリアルブック』と題し、各ドラマダイジェスト出演者インタビューなど掲載したステラ臨時増刊」「ステラMOOK」が刊行されている(なおNHK関係出版社では、NHK出版からも『NHKドラマ・ガイド』と称し番組放送開始時などに朝ドラ大河ドラマの本が出版されている)。

※この「連続テレビ小説」の解説は、「NHKウイークリーステラ」の解説の一部です。
「連続テレビ小説」を含む「NHKウイークリーステラ」の記事については、「NHKウイークリーステラ」の概要を参照ください。


連続テレビ小説(NHK総合・BSプレミアム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 07:30 UTC 版)

LIFE!〜人生に捧げるコント〜」の記事における「連続テレビ小説(NHK総合BSプレミアム)」の解説

2013年8月20・27日放送で、宮藤官九郎ゲスト出演に合わせ宮脚本務める『あまちゃん』のパロディコントを実施。パロディコントは同作スナック明日セットそのまま利用し撮影された。

※この「連続テレビ小説(NHK総合・BSプレミアム)」の解説は、「LIFE!〜人生に捧げるコント〜」の解説の一部です。
「連続テレビ小説(NHK総合・BSプレミアム)」を含む「LIFE!〜人生に捧げるコント〜」の記事については、「LIFE!〜人生に捧げるコント〜」の概要を参照ください。


連続テレビ小説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 08:39 UTC 版)

信州ケーブルテレビジョン」の記事における「連続テレビ小説」の解説

自主放送チャンネルにて過去の連続テレビ小説の再放送が行われるのが特徴やんちゃくれ私の青空ちゅらさん、こころが放送された。

※この「連続テレビ小説」の解説は、「信州ケーブルテレビジョン」の解説の一部です。
「連続テレビ小説」を含む「信州ケーブルテレビジョン」の記事については、「信州ケーブルテレビジョン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「連続テレビ小説」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

連続テレビ小説のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



連続テレビ小説のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの連続テレビ小説 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの倉敷美観地区 (改訂履歴)、NHKウイークリーステラ (改訂履歴)、LIFE!〜人生に捧げるコント〜 (改訂履歴)、信州ケーブルテレビジョン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS