VFXとは? わかりやすく解説

ブイ‐エフ‐エックス【VFX】


VFX

フルスペル:Visual Effects
読み方ブイエフエックスビジュアルエフェクツ
別名:視覚効果

VFXとは、映像技術のひとつで、コンピュータグラフィックスによる映像の合成などの技術総称である。主にコンピュータ処理によって表現される特殊効果を指す。

VFXの語は、「SFX」(Special Effects)の語と同じく、「FX」の発音によって「エフェクツ」(effects)の意味込められている。映画をはじめとする映像表現世界では盛んに用いられている技術である。

先端技術のほかの用語一覧
バーチャルリアリティー:  SFX  SmartAR  手のひらAR  VFX
ユビキタス:  Auto-ID Labs  アクティブ型ICタグ  ウェアラブルコンピュータ

VFX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/03 17:54 UTC 版)

VFX(ブイエフエックス)とは、視覚効果を意味する英語ビジュアル・エフェクツ: visual effects[1]の略で、映画テレビドラマなどの映像作品において、現実には見ることのできない画面効果を実現するための技術のことを指す。視覚効果(しかくこうか)ともいう。VFXは、コンピュータグラフィックスまたは合成処理によって実写映像を加工することである。撮影現場での効果を特殊効果SFX[2])と呼ぶのに対し、撮影後のポストプロダクション段階に付け加えられる効果をVFX、もしくは視覚効果と呼ぶ。アメリカアカデミー賞にはアカデミー視覚効果賞アカデミー科学技術賞がある。VFXの業界団体としてアメリカには視覚効果協会(VES)、日本にはVFX-JPNANがある。


  1. ^ FX」の部分は、「effects」の発音に類似、もしくは全く同じ発音になることに由来する。
  2. ^ : special effects


「VFX」の続きの解説一覧

VFX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 22:38 UTC 版)

ジャングル・ブック (2016年の映画)」の記事における「VFX」の解説

CGI製作は、その大部分800人以上のMPCスタッフが、霊長類は『猿の惑星シリーズ『キング・コング』のVFXを手掛けたことで有名なWETAデジタルが行ったという。 オープニング・シーンお馴染みディズニー城がジャングル前に位置するという粋な演出始まる。よく見ると、この城の周りだけ最新技術謳った作品とは思えないほど絵画的で、監督ジョン・ファヴローこのようなことを語っている。「ローテクノロジー冒頭にすることで、1967年アニメ映画から本作までのディズニーにおける沿革瞬間感じて欲しかったんです。ディズニーからロゴ変更していいと言われたので、実際に手塗りセル塗ってロゴデザインしたですよ。手描き花火トーチ点いたお城から、引いていって最終的に写実的な世界入っていく。このシーンは『バンビのようなシーンですね。」 バルーお腹乗ったときの水中浸ったモーグリの手足など、CGI作られたものとのあいだに物理的な接触意味する部分はデジタル・ダブルにより、CGI作られたモーグリ合成している。デジタル・ダブルに使われデータはニール・セティ本人ではなくセス・ザモーラ、マテオ・ディマーヤという2人の子供から撮影した写真使っていて、彼らはそれぞれノーグリ、マトーグリと呼ばれていたという。

※この「VFX」の解説は、「ジャングル・ブック (2016年の映画)」の解説の一部です。
「VFX」を含む「ジャングル・ブック (2016年の映画)」の記事については、「ジャングル・ブック (2016年の映画)」の概要を参照ください。


VFX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/01 16:37 UTC 版)

猿の惑星: 創世記」の記事における「VFX」の解説

旧シリーズ異なりメイクWETAデジタルCGI技術施される

※この「VFX」の解説は、「猿の惑星: 創世記」の解説の一部です。
「VFX」を含む「猿の惑星: 創世記」の記事については、「猿の惑星: 創世記」の概要を参照ください。


VFX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/11 21:39 UTC 版)

バーフバリ 伝説誕生」の記事における「VFX」の解説

VFXスーパーバイザーには、ナショナル・フィルム・アワード最優秀視覚効果賞受賞経験があるV・スリニヴァス・モハン起用された。VFXは2500ショットに及び、映画90%でCGI使用されている主な視覚効果スタジオとしてマクタVFX(英語版)が参加し使用されCG映像50%以上を担当した同社担当したVFX映像には、1500フィートの滝やマヒシュマティ宮殿などが含まれている。滝の映像作る際に流体力学シミュレーションの複雑さから、2年以上の歳月かかっているまた、ハイデラバード拠点を置くファイアフライ・クリエイティブ・スタジオが雪崩戦闘シーンなど約25分間当のVFXショットを、プラサード・スタジオ(英語版)が戦闘前後のシーンとカッタッパの3D画像合成マレーシアのタウ・フィルムが野牛のVFXショット担当したこの他、サルスティVFXが、ファイアフライ・クリエイティブ・スタジオと共同で戦闘シーンの製作に参加している。 デジタル・インターミディエイトはアンナプルナ・スタジオが担当しインド映画史上初めてアカデミー・カラー・エコーディング・システム(英語版)が採用されたまた、アルカ・メディアワークス4Kリアルタイムでレンダリング出来GPUであるW9100、W8100を利用するために、アメリカ合衆国アドバンスト・マイクロ・デバイセズ連携した一方、「『ジュラシック・ワールド』と同じVFXチームが製作に参加している」という報道がされた際には、プロデューサーのヤーララガッダは明確に報道否定し、「『バーフバリ』のほとんどはトリウッド拠点であるハイデラバードで、地元才能によって作られました。それは、主に地元才能による自国映画の特徴となっています」と述べている。

※この「VFX」の解説は、「バーフバリ 伝説誕生」の解説の一部です。
「VFX」を含む「バーフバリ 伝説誕生」の記事については、「バーフバリ 伝説誕生」の概要を参照ください。


VFX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 03:02 UTC 版)

アバター (2009年の映画)」の記事における「VFX」の解説

WETAデジタル (使用 Ubuntu Linux および Grid Engine) インダストリアル・ライト&マジック フレームストア多数

※この「VFX」の解説は、「アバター (2009年の映画)」の解説の一部です。
「VFX」を含む「アバター (2009年の映画)」の記事については、「アバター (2009年の映画)」の概要を参照ください。


VFX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/17 08:38 UTC 版)

トランスフォーマー (2007年の映画)」の記事における「VFX」の解説

トランスフォーマー達の変形シーンマイケル・ベイワンカットでみせたいという要望応え細部までリアルに作り込まれている。最大で2以上の部品が動く複雑な変形シーンアニメーションCGアーティスト山口圭二担当した。一体辺り数万という破格の部品数で構成されていたことから、製作当初動かそうとしただけでILM300台のパソコン一斉に停止するという事態を引き起こした本作トランスフォーマー達の動きモーションキャプチャ使われておらず全てアニメーターの手作業により動き付けられている。ただし、戦闘シーンに関してスタントマンたちによって行われた実際の立ち回りのテストショットをベースにしている。また合成必要なブルーバックなどもほとんど使用されなかった。 『超時空要塞マクロス』(同じショット連発されている)等、日本のロボットアニメーションも参考にしている。

※この「VFX」の解説は、「トランスフォーマー (2007年の映画)」の解説の一部です。
「VFX」を含む「トランスフォーマー (2007年の映画)」の記事については、「トランスフォーマー (2007年の映画)」の概要を参照ください。


VFX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 00:33 UTC 版)

マガディーラ 勇者転生」の記事における「VFX」の解説

VFXはR・C・カマルカンナンが担当している。『マガディーラ 勇者転生』は、テルグ語映画において初めて「ビジュアル・エフェクト・プロデューサー」とクレジットされた映画である。彼のチームにはチェンナイハイデラバードEFX社の160人、海外専門家5人と62人の専門家グループ参加した特殊効果CG映画全体のうち約100分間使用されているウダイガル王国画面の約15%はカメラ撮影され残り全てCG構成されている。スタジアムシーンではCG拡張50%となっており、イタリア人コンセプト・アーティストのマルコ・ロランディはCADを引き、5日後に最初の3Dコンセプト完成させた。彼がラージャマウリの要求通りデザイン完成させるまでには、さらに5か月間かかった同時に『Anji』『Yamadonga』『Arundhati』でカマルカンナンを補佐したイラン人3Dテクニカル・ディレクターのアデル・アディリがウダイガルの街並み製作している。彼は都市の通り建物、山、寺院宮殿、滝、川、門、堀、木などを設計し、ラージャマウリの承認得て作を始めている。また、ロランディが設計したスタジアムインド美的センスに合わせて再設計している。 『Ghajini』でカマルカンナンを補佐したピート・ドレイパーは、パイプライン・テクニカル・ディレクターとして映画参加した同時期、カマルカンナンはイラン行き、アディリと共にスタジアム街並みCG完成させていた。映画大半はアナモルフィックレンズ撮影されたが、歪み最小限抑えるため、スタジアムシーンではスーパー35mm英語版)のカメラレンズ使用しているスタジアムシーンポストプロダクションプラサードEFX担当しレンダーファームが行われた。 ドレイパー2つ流れで製作した一つ目スタジアム周囲飛び続けるもの、もう一つドームから飛び立つもので、ラージャマウリはいくつかのシーンでこの使用したスタジアム作成終えると、カマルカンナンは3D都市の撮影のためにアディリのいるイラン向かった。アディリはバイラヴァとラナデーヴが乗る3Dの馬を作成し、ドラパーは群衆3D作成担当した。アディリの仕事振りについて、カマルカンナンは「私たち都市のレンダリング開始した時、1フレームレンダリングするのに数時間かかりました。しかし、アディリは配列修正しいくつかのアイディア適用しました。それにより、公開数週間前の7月24日にはレンダリング完了しました」と語っている。最終的にVFXのために4000ルピー費用がかかった

※この「VFX」の解説は、「マガディーラ 勇者転生」の解説の一部です。
「VFX」を含む「マガディーラ 勇者転生」の記事については、「マガディーラ 勇者転生」の概要を参照ください。


VFX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 04:31 UTC 版)

X-MEN: ファイナル ディシジョン」の記事における「VFX」の解説

冒頭では、20年前のパトリック・スチュワートイアン・マッケラン出演シーンで、ローラVFXが開発したデジタル20歳若返るテクノロジー用いられた。

※この「VFX」の解説は、「X-MEN: ファイナル ディシジョン」の解説の一部です。
「VFX」を含む「X-MEN: ファイナル ディシジョン」の記事については、「X-MEN: ファイナル ディシジョン」の概要を参照ください。


VFX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 15:30 UTC 版)

モールス (映画)」の記事における「VFX」の解説

メソッド・スタジオがVFX処理の統括担った自動車事故シーンでは、一人称視点ワンカット見せるため、最初の部分ジェンキンス実際に車を運転し残りショットブルーバック前に回転する車の模型置いて撮影されたものが1つシーンに合成された。アビー血を流すシーンでは、血が流れるタイミング微妙に異なるため、演じモレッツには最小の血糊施しHoudiniソフトウェア上で彼女の動きに合わせて段階的に血が流れるのを補った。これにはメソッドが『エルム街の悪夢』で培った技術活用された。

※この「VFX」の解説は、「モールス (映画)」の解説の一部です。
「VFX」を含む「モールス (映画)」の記事については、「モールス (映画)」の概要を参照ください。


VF-X

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 07:30 UTC 版)

マクロスシリーズの用語一覧」の記事における「VF-X」の解説

テロはぐれゼントラーディ、反統合運動などに対抗するために組織された可変戦闘機 (VF) を使った統合軍内の特務部隊。『マクロス VF-X2』には第727独立戦隊VF-Xレイヴンズが、『マクロス30 銀河を繋ぐ歌声』には第815独立戦隊VF-Xハーヴァマール登場する

※この「VF-X」の解説は、「マクロスシリーズの用語一覧」の解説の一部です。
「VF-X」を含む「マクロスシリーズの用語一覧」の記事については、「マクロスシリーズの用語一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「VFX」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「VFX」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「VFX」の関連用語

VFXのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



VFXのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリVFXの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのVFX (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジャングル・ブック (2016年の映画) (改訂履歴)、猿の惑星: 創世記 (改訂履歴)、バーフバリ 伝説誕生 (改訂履歴)、アバター (2009年の映画) (改訂履歴)、トランスフォーマー (2007年の映画) (改訂履歴)、マガディーラ 勇者転生 (改訂履歴)、X-MEN: ファイナル ディシジョン (改訂履歴)、モールス (映画) (改訂履歴)、マクロスシリーズの用語一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS