アカデミー賞とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > アカデミー賞の意味・解説 

アカデミー‐しょう〔‐シヤウ〕【アカデミー賞】

読み方:あかでみーしょう

米国の映画芸術科アカデミーAMPAS)が最優秀映画作品俳優監督などを選んで毎年与える賞。1927年創始受賞者贈られる彫像の名から、オスカー賞ともいう。

[補説] アカデミー賞を受賞した日本人日本映画

受賞回(年度)受賞者作品部門
第24回1951羅生門」(黒沢明監督名誉賞
第27回(1954)地獄門」(衣笠貞之助監督名誉賞
第27回(1954)和田三造(「地獄門」)衣装デザイン
第28回(1955)宮本武蔵」(稲垣浩監督名誉賞
第30回(1957)ナンシー梅木(「サヨナラ」)助演女優賞
第58回1985ワダエミ(「乱」)衣装デザイン
第60回1987坂本竜一(「ラストエンペラー」)作曲賞
第62回1989黒沢明名誉賞
第65回1992石岡瑛子(「ドラキュラ」)衣装デザイン
第71回1998「ザ・パーソナルズ」(伊比恵子監督短編ドキュメンタリー
第75回2002千と千尋(ちひろ)の神隠し」(宮崎駿(はやお)監督長編アニメーション
第81回2008つみきのいえ」(加藤久仁生監督短編アニメーション
第81回2008おくりびと」(滝田洋二郎監督外国語映画賞
第87回2014宮崎駿名誉賞
第90回2017辻一弘(「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」)メーキャップ・ヘアスタイリング賞
第92回2019カズ・ヒロ(「スキャンダル」)メーキャップ・ヘアスタイリング賞
第94回2021ドライブ・マイ・カー」(浜口竜介監督国際長編映画


アカデミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/29 03:48 UTC 版)

アカデミー賞アカデミーしょう: Academy Awards)は、アメリカ映画の健全な発展を目的に、キャストスタッフ表彰し、その労と成果を讃えるための映画芸術科学アカデミー(AMPAS)による映画賞で、オスカー(The Oscars)としても知られている。毎年2月末から3月初めにロサンゼルスドルビー・シアターで授賞式が行われる。


注釈

  1. ^ これを真似たのがAKB48選抜総選挙の結果発表
  2. ^ 4分以上。
  3. ^ 約5分。
  4. ^ ハル・ベリーは後に『キャットウーマン』でゴールデンラズベリー賞を受賞してしまった際、その授賞式でこのアカデミー賞の受賞スピーチのパロディーを演じて喝采を浴びた。
  5. ^ ただし後に故意であったことが判明した。
  6. ^ アービング・G・タルバーグ賞ジーン・ハーショルト友愛賞は理事会の投票で選ばれ[15][16]アカデミー名誉賞は理事会の裁量により贈られる[17]
  7. ^ アカデミー科学技術賞は、科学技術賞委員会からの推薦を受けて理事会より授与される[18]
  8. ^ 1949年度(第22回)まで授与されていた"特別賞"は[19]、翌1950年度(第23回)に"アカデミー名誉賞"へと変更された[20]
  9. ^ 1950年度(第23回)からのアカデミー名誉賞[20]アカデミー科学技術賞の式典で授与されるジョン・A・ボナー メダル表彰(John A. Bonner Medal of Commendation)なども"名誉賞"に該当する[17]
  10. ^ ガバナーズ賞(Governors Awards)の名称は、アカデミーの理事会、"ボード・オブ・ガバナーズ"(Board of Governors[14])によって授与されることから[21]
  11. ^ 2017年には前回から22年振りに授与され、第9回ガバナーズ賞で表彰された。[23]
  12. ^ 授賞式(第24回)でプレゼンターが「Japanese Government's Overseas Office will accept the award. (日本政府在外事務所が賞を受け取ります)」、続くアナウンスで「Mr. Yoshida is coming on stage now…(ミスター吉田がステージに登壇します)」と説明[47]。 - 在ロサンゼルス日本政府在外事務所は、授賞式翌月の4月に日本国総領事館となり、吉田健一郎はその初代総領事[48]

出典

  1. ^ 登録商標 第2720595号及び第4198514号
  2. ^ 米国登録商標 第1103859号 第1880473号 第1956313号 及び第2245965号
  3. ^ a b 米アカデミー、ネット配信も対象 劇場閉鎖で一時的に特例措置”. 共同通信 (2020年4月29日). 2020年4月29日閲覧。
  4. ^ 『「Shall we ダンス?」アメリカを行く』(周防正行著、太田出版1998年)pp.411 - 412
  5. ^ 80th annual Academy Awards of merit・RULE THREE 'THE AWARDS YEAR and DEADLINES'
  6. ^ a b アカデミー賞が延期 応募資格も暫定的に一部変更”. 日刊スポーツ (2020年6月16日). 2020年6月16日閲覧。
  7. ^ 第93回アカデミー賞、応募条件をさらに緩和 ドライブインシアターで上映の作品も可能に”. cinemacafe.net (2020年10月8日). 2020年10月8日閲覧。
  8. ^ a b VOTING”. oscars.org. AMPAS. 2022年1月16日閲覧。
  9. ^ 【第94回アカデミー賞】濱口竜介監督の『ドライブ・マイ・カー』が国際長編映画賞を受賞! 日本映画13年ぶりの快挙”. cinemacafe.net (2022年3月28日). 2022年3月28日閲覧。
  10. ^ 濱口竜介のスピーチが遮断され、ウィル・スミスは激昂 第94回アカデミー賞で何が起きたのか”. Real Sound (2022年3月28日). 2022年3月28日閲覧。
  11. ^ ウィル・スミスさん、妻を侮辱されビンタ 主演男優賞スピーチで弁明”. 朝日新聞 (2022年3月28日). 2022年3月28日閲覧。
  12. ^ “ウィル・スミス氏、アカデミー賞授賞式でプレゼンターを平手打ち 生放送中に放送禁止語も”. BBCNEWS JAPAN. (2022年3月28日). https://www.bbc.com/japanese/60896996 2022年3月28日閲覧。 
  13. ^ ウィル・スミスさん、アカデミー賞授賞式でプレゼンターに平手打ち…妻への発言で激怒か”. 読売新聞 (2022年3月28日). 2022年3月29日閲覧。
  14. ^ a b BOARD OF GOVERNORS”. oscars.org. AMPAS. 2022年1月25日閲覧。
  15. ^ a b IRVING G. THALBERG MEMORIAL AWARD”. oscars.org. AMPAS. 2021年12月24日閲覧。
  16. ^ a b GOVERNORS AWARDS - ABOUT”. oscars.org. AMPAS. 2021年12月19日閲覧。
  17. ^ a b c d HONORARY AWARD”. oscars.org. AMPAS. 2021年12月24日閲覧。
  18. ^ a b SCIENTIFIC AND TECHNICAL AWARDS - HOW TO APPLY”. oscars.org. AMPAS. 2021年12月24日閲覧。
  19. ^ 1950年開催(1949年度)第22回アカデミー賞 MEMORABLE MOMENTS…「Special Award(特別賞)」”. oscars.org. AMPAS. 2022年1月11日閲覧。
  20. ^ a b 1951年開催(1950年度)第23回アカデミー賞 MEMORABLE MOMENTS…「Honorary Award(名誉賞)」”. oscars.org. AMPAS. 2022年1月11日閲覧。
  21. ^ Daniel Joyaux(ダニエル・ジョヨー) (2022年1月20日). “Bring the Governors Awards Back to the Oscars”. RogerEbert.comロジャー・イーバート.com). Ebert Digital LLC. 2022年1月25日閲覧。
  22. ^ JEAN HERSHOLT HUMANITARIAN AWARD”. oscars.org. AMPAS. 2021年12月24日閲覧。
  23. ^ イニャリトゥ監督のVR映画、アカデミー賞特別賞を戴冠”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム (2017年11月5日). 2020年3月10日閲覧。
  24. ^ JOHN A. BONNER AWARD”. oscars.org. AMPAS. 2022年7月6日閲覧。
  25. ^ SCIENTIFIC AND TECHNICAL AWARDS - GORDON E. SAWYER AWARD”. oscars.org. AMPAS. 2021年12月24日閲覧。
  26. ^ 米スタントマン、アカデミー賞に新部門設立を嘆願”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム (2012年4月16日). 2022年1月13日閲覧。
  27. ^ へレン・ミレンが訴え、スタントマンたちにもアカデミー賞を!”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム (2018年4月24日). 2022年1月13日閲覧。
  28. ^ Chris O'Falt(クリス・オファルト) (2016年11月9日). “Casting Directors and the Academy: Why Lynn Stalmaster’s Honorary Oscar Matters”. インディ・ワイヤー. ペンスキー・メディア. 2022年1月14日閲覧。
  29. ^ Kayleigh Donaldson(ケイリー ・ドナルドソン) (2021年4月22日). “The Oscars' Missing Category: Best Casting”. IGN. IGN Entertainment. 2022年1月14日閲覧。
  30. ^ アカデミー賞、大衆向けポピュラー映画部門の新設を見送り! 「さらなる議論が必要」”. tvgroove. 株式会社TVグルーヴ・ドット・コム (2018年9月7日). 2022年1月14日閲覧。
  31. ^ Colin Stevens (2018年9月7日). “アカデミー賞が2019年授賞式の「人気映画部門」新設を見送りに”. IGN Japan. 株式会社産経デジタル. 2022年1月14日閲覧。
  32. ^ THE 20TH ACADEMY AWARDS: 1948 ─「Special Award(特別賞)」「Italy – To Shoe-Shine - the high quality of this motion picture, brought to eloquent life in a country scarred by war, is proof to the world that the creative spirit can triumph over adversity. 」”. oscars.org. AMPAS. 2021年6月23日閲覧。
  33. ^ THE 21ST ACADEMY AWARDS: 1949 ─「Special Foreign Language Film Award(特別外国語映画賞)」「France – To Monsieur Vincent - voted by the Academy Board of Governors as the most outstanding foreign language film released in the United States during 1948.」”. oscars.org. AMPAS. 2021年6月23日閲覧。
  34. ^ THE 23RD ACADEMY AWARDS: 1951 ─「Honorary Foreign Language Film Award(名誉外国語映画賞)」”. oscars.org. AMPAS. 2021年6月23日閲覧。
  35. ^ THE 29TH ACADEMY AWARDS: 1957 ─「For the first time, there was a competitive category for foreign language films. …」”. oscars.org. AMPAS. 2021年6月23日閲覧。
  36. ^ 文/平井伊都子 (2019年4月27日). “「第92回アカデミー賞の新ルール!外国語映画賞は名称変更、配信作品も引き続き有資格に」…国際長編映画賞に名称変更”. Movie Walker(ムービー・ウォーカー). 株式会社ムービーウォーカー. 2019年6月23日閲覧。
  37. ^ THE 24TH ACADEMY AWARDS: 1952”. oscars.org. AMPAS. 2021年5月20日閲覧。
  38. ^ THE 27TH ACADEMY AWARDS: 1955”. oscars.org. AMPAS. 2021年5月20日閲覧。
  39. ^ THE 28TH ACADEMY AWARDS: 1956”. oscars.org. AMPAS. 2021年5月20日閲覧。
  40. ^ a b c d e f 正式名は名誉外国語映画賞(HONORARY FOREIGN LANGUAGE FILM AWARD)で[37][38][39]、当時の外国語映画名誉賞の一つとして表彰された。
  41. ^ “「フィルムで残すのが一番安全」富士フイルム開発の映画保存フィルム「ETERNA-RDS」がアカデミー科学技術賞に輝く軌跡”. マイナビ. (2013年9月17日). https://news.mynavi.jp/article/20130917-a286/ 2017年11月11日閲覧。 
  42. ^ “ソニーに米アカデミー賞 科学技術部門、カメラ評価”. 産経フォト. (2017年2月12日). https://www.sankei.com/smp/photo/story/news/170212/sty1702120015-s.html 2017年10月26日閲覧。 
  43. ^ “「アカデミー科学技術賞」を受賞” (プレスリリース), EIZO株式会社 企画部 マーケティングコミュニケーション課, (2021年2月3日), https://www.atpress.ne.jp/news/245746 2021年2月3日閲覧。 
  44. ^ 「アカデミー科学技術賞」受賞”. EIZO. EIZO株式会社 (2021年2月3日). 2021年2月3日閲覧。
  45. ^ 【第94回アカデミー賞】「ドライブ・マイ・カー」4部門ノミネート! 作品賞は日本映画として史上初の快挙”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム (2022年2月8日). 2022年2月9日閲覧。
  46. ^ 映画『ドライブ・マイ・カー』日本映画初の快挙! 米アカデミー賞作品賞ほか4つのノミネート”. Drama & Movies(ORICON NEWS). 株式会社oricon ME (2022年2月8日). 2022年2月9日閲覧。
  47. ^ Ken Yoshida(吉田健一郎) (2014年4月22日). Rashomon Receives an Honorary Foreign Language Film Award: 1952 Oscars (You Tubeチャンネル). AMPAS. 該当時間: 1分3秒後. https://www.youtube.com/watch?v=e26B1gnoSk4#t=1m3s 2022年5月24日閲覧。 
  48. ^ 在ロサンゼルス日本国領事館の100年”. 在ロサンゼルス日本国領事館 (2015年8月15日). 2022年5月24日閲覧。
  49. ^ “<第79回アカデミー賞>会場に渡辺謙が登場 - 米国”. 「MODE PRESS」AFPBB News(AFP通信). フランス通信社/株式会社クリエイティヴ・リンク. (2007年2月26日). https://www.afpbb.com/articles/modepress/2187661?pid=1373293 2021年5月21日閲覧。 
  50. ^ 外国語映画賞のプレゼンターで、謙さん登場!─ 第79回アカデミー賞”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2007年2月26日). 2021年1月7日閲覧。
  51. ^ 【第94回アカデミー賞】「ドライブ・マイ・カー」が国際長編映画賞!日本映画の受賞は「おくりびと」以来の快挙”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム (2022年3月28日). 2022年5月9日閲覧。
  52. ^ フロントロウ編集部 (2022年3月28日). “西島秀俊が「満面の笑みになった瞬間」を米TVが映す、『パルプ・フィクション』ユマとトラボルタのダンスで【アカデミー賞】”. フロントロウ. 株式会社オウトグラフ・プロダクション. 2022年4月30日閲覧。
  53. ^ reika_kirishima [@Reika Kirishima 霧島れいか] (2022年4月1日). "「Steven Spielberg & Drive My Car」「神様に逢えたような感覚と嬉しさで頭がフワフワ」". Instagramより2022年5月7日閲覧
    reika_kirishima [@Reika Kirishima 霧島れいか] (2022年3月28日). "「国際長編映画賞 Drive My Car受賞」「日本の映画が世界に大きく届いた瞬間でした!」". Instagramより2022年5月7日閲覧
  54. ^ a b フロントロウ編集部 (2022年3月29日). “『ドライブ・マイ・カー』のプレゼンターを務めたシム・リウ、SNSで初めてのアカデミー賞を振り返る”. フロントロウ. 株式会社オウトグラフ・プロダクション. 2022年4月29日閲覧。
  55. ^ フロントロウ編集部 (2020年1月1日). “ティファニー・ハディッシュ、「日本の芸能界」での野望語る”. フロントロウ. 株式会社オウトグラフ・プロダクション. 2022年4月29日閲覧。
  56. ^ “AMPAS' 14th Annual Marc Davis Celebration of Animation”. Getty Images. (2009年7月28日). https://www.gettyimages.fi/event/14th-annual-marc-davis-celebration-of-animation-88533670#/john-lasseter-chief-creative-officer-of-pixar-and-disney-animation-picture-id89429251 2018年3月17日閲覧。 



「アカデミー賞」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アカデミー賞」の関連用語

アカデミー賞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アカデミー賞のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアカデミー賞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS