ロビン・ウィリアムズとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 芸能人 > 俳優・女優 > アメリカ合衆国の俳優 > ロビン・ウィリアムズの意味・解説 

Robin Williams

以下の映画Robin Williams関連しています。
デジタルサイト
ブエナ ビスタ インターナショナルジャパン配給
ブエナビスタインターナショナルジャパン配給
コロムビア・トライスター映画配給


ロビン・ウィリアムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 02:09 UTC 版)

ロビン・ウィリアムズ(Robin Williams, 1951年7月21日 - 2014年8月11日[1])は、アメリカ合衆国俳優コメディアン。 即興のスキル[2] と多彩な声の持ち主[3] として知られ、しばしば歴代最高のコメディアンの一人とみなされている[4]。俳優活動では、アカデミー賞に4回ノミネートされ、1998年には『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』でアカデミー助演男優賞を授与された。 また、プライムタイム・エミー賞2部門、ゴールデングローブ賞6部門、全米映画俳優組合賞2部門、グラミー賞5部門を受賞している。




  1. ^ a b Robin Williams dead at 63: Oscar-winning actor found after apparent suicide New York Daily News Monday, August 11, 2014, 7:03 PM
  2. ^ News, A. B. C.. “When Norm Macdonald Met Robin Williams - 'The Funniest Man in The World'” (英語). ABC News. 2021年1月30日閲覧。
  3. ^ Vh1 8/12/2014. “Say What? Robin Williams' Most Iconic Character Voices”. VH1 News. 2021年1月30日閲覧。
  4. ^ Martin, Emmie. “The 25 Funniest People Of All Time”. Business Insider. 2021年1月30日閲覧。
  5. ^ 1998年に第70回アカデミー賞アカデミー助演男優賞を受賞した際、スピーチの最後に「とりわけ、天国にいる父に感謝します。父に俳優になると言った時、『すばらしい。だけど溶接工の資格も取っとけよ』と言ってくれた」と言って聴衆を笑わせた。
  6. ^ Reeve, Christopher (1998). Still Me. New York: Random House. pp. 167–172. ISBN 978-0-679-45235-5 
  7. ^ Robin Williams Comes Clean on 'GMA'”. ABC News (2006年10月2日). 2010年8月29日閲覧。
  8. ^ R・ウィリアムズさんは自殺、違法薬物は検出されず 検視官 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
  9. ^ a b Robin Williams dies aged 63 from suspected suicide The Telegraph, 12 Aug 2014
  10. ^ Clark Collis (2014年11月11日). “Monty Python reunion: Eric Idle on his late friend Robin Williams”. EW. 2016年7月1日閲覧。
  11. ^ Obama, Barack (2014年8月11日). “Statement by the President on the Passing of Robin Williams”. For Immediate Release. ホワイトハウス. 2016年7月1日閲覧。 “Robin Williams was an airman, a doctor, a genie, a nanny, a president, a professor, a bangarang Peter Pan and everything in between. But he was one of a kind. He arrived in our lives as an alien - but he ended up touching every element of the human spirit.”
  12. ^ “ロビン・ウィリアムズさん、遺灰は海に散布”. CNN.co.jp. (2014年8月22日). http://www.cnn.co.jp/showbiz/35052701.html 2016年7月1日閲覧。 
  13. ^ “ロビン・ウィリアムズさん、遺灰が海にまかれる”. ハリウッドニュース (Livedoor ニュース). (2014年8月22日). http://news.livedoor.com/article/detail/9171987/ 2016年7月1日閲覧。 
  14. ^ “ロビン・ウィリアムズさん、死の数か月前に末期がん患者の願いをかなえていた”. シネマトゥデイ. (2014年8月18日). http://www.cinematoday.jp/page/N0065534 2014年8月19日閲覧。 
  15. ^ “ロビン・ウィリアムズさん、初期のパーキンソン病だった 妻が声明”. ハフィントンポスト. (2014年8月15日). http://www.huffingtonpost.jp/2014/08/15/robin-williams_n_5681065.html 2016年7月1日閲覧。 
  16. ^ “Robin Williams' daughter, Zelda, discusses the lives her father touched”. Entertainment (Christian Today). (2015年2月28日). http://www.christiantoday.com/article/robin.williams.daughter.zelda.discusses.the.lives.her.father.touched/49013.htm 2016年7月1日閲覧。 
  17. ^ “ロビン・ウィリアムズ、心臓手術から順調に回復”. シネマトゥデイ. (2009年3月25日). http://www.cinematoday.jp/page/N0017214 2013年2月1日閲覧。 
  18. ^ ロビン・ウィリアムス 笑顔の裏側.HBO制作のドキュメンタリー.2018年
  19. ^ “Robin Williams donates proceeds to Canterbury quake”. (2010年11月16日). http://tvnz.co.nz/national-news/robin-williams-donates-proceeds-canterbury-quake-3898905 2010年11月11日閲覧。 
  20. ^ Bronstein, Phil (2005年2月9日). “Good Morning, Iraq”. San Francisco Chronicle. http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2005/02/09/DDG5AB3TBJ38.DTL 2009年9月4日閲覧。 
  21. ^ “結婚19年目のロビン・ウィリアムズ、離婚へ”. シネマトゥデイ. (2008年3月27日). http://www.cinematoday.jp/page/N0013332 2013年2月1日閲覧。 
  22. ^ “御年60歳のロビン・ウィリアムズ、3度目の結婚!お相手は一回り以上年下のデザイナー!”. シネマトゥデイ. (2011年10月25日). http://www.cinematoday.jp/page/N0036453 2013年2月1日閲覧。 
  23. ^ Why Robin Williams has called his daughter Zelda ? Youtube GameNewsOfficial 2017年9月4日閲覧。
  24. ^ ジュマンジの上映スケジュール・映画情報|映画の時間
  25. ^ ストーカーの上映スケジュール・映画情報|映画の時間
  26. ^ ナイト ミュージアムの上映スケジュール・映画情報|映画の時間
  27. ^ ナイト ミュージアム2の上映スケジュール・映画情報|映画の時間


「ロビン・ウィリアムズ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ロビン・ウィリアムズ」の関連用語

ロビン・ウィリアムズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ロビン・ウィリアムズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロビン・ウィリアムズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS