ワシントン・ポストとは?

ワシントン・ポスト

別名:ワシントン・ポスト紙WPWP紙
英語:The Washington Post

アメリカ合衆国ワシントンD.C.本拠を置くワシントン・ポスト社が発行している日刊新聞紙。1877年創刊

ワシントン・ポストは、ニューヨーク・タイムズロサンゼルス・タイムズなどと並ぶ地方紙1つである。

ワシントン・ポストは、アメリカ合衆国首都ワシントンD.C.所在することから、政界に関する記事が多いという特徴がある。ワシントン・ポストは、ウォーターゲート事件をすっぱ抜いたり、日本に関する報道では、皇太子徳仁親王婚約をすっぱ抜いたりするなどリベラル系の新聞として知られている。

関連サイト
The Washington Post - (英語)

ワシントン‐ポスト【The Washington Post】


ワシントン・ポスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/19 06:02 UTC 版)

ワシントン・ポスト英語: The Washington Post)は、1877年創刊のアメリカ合衆国ワシントンD.C.の日刊紙である。米国内での発行部数は25万部で、USAトゥデイ(162万部 本紙のみ全国紙)、ウォール・ストリート・ジャーナル(101万部)、ニューヨーク・タイムズ(48万部)、ニューヨーク・ポスト(42万部)、ロサンゼルス・タイムズ(41万部)に次いで第6位[1]。首都ワシントン最大の新聞であり特に国家政治に重点を置いている。




  1. ^ Top 10 U.S. Daily Newspapers
  2. ^ [1]「米アマゾンCEO、ワシントン・ポスト紙を買収」
  3. ^ Bartlett, Bruce (March 13, 2007). "Partisan Press Parity?". ワシントン タイムス.
  4. ^ Kirchick, James (February 18, 2009). "Pravda on the Potomac". en:The New Republic.
  5. ^ en:William Greider, "Washington Post Warriors", en:The Nation, March 6, 2003.
  6. ^ 「暗闇の中では民主主義は死んでしまう」ワシントン・ポストの新スローガン』 2017年2月23日 Onebox News
  7. ^ アメリカには日本で言う「全国紙」はUSAトゥデイ以外存在しない
  8. ^ Jeffrey P. Bezos to Purchase The Washington Post The Washington Post Company、2013年8月5日
  9. ^ ベゾスによる買収後、Amazon.com, Inc.を取り上げた記事には、"Amazon.com chief executive Jeffrey P. Bezos owns The Washington Post."(「Amazon.com最高経営責任者のジェフリー・P・ベゾスは、ワシントン・ポストを所有する。」)との説明が入るようになっている。
  10. ^ 「暗闇の中では民主主義は死んでしまう」ワシントン・ポストの新スローガン』 2017年2月23日 Onebox News
  11. ^ トランプ政権、連邦政府機関に米2紙の購読停止促す”. CNN (2019年10月27日). 2019年12月3日閲覧。
  12. ^ ghostsofdc (2019年12月30日). “When Did the Washington Post Launch a Website? | Ghosts of DC” (英語). 2020年6月5日閲覧。
  13. ^ Lewoniewski, Włodzimierz; Węcel, Krzysztof; Abramowicz, Witold (13 May 2020). “Modeling Popularity and Reliability of Sources in Multilingual Wikipedia”. Information 11 (5). doi:10.3390/info11050263. https://www.mdpi.com/2078-2489/11/5/263/htm 2020年6月5日閲覧。. 
  14. ^ washingtonpost.com Competitive Analysis, Marketing Mix and Traffic - Alexa”. washingtonpost.com. 2020年6月5日閲覧。
  15. ^ 2016年6月16日に奇跡体験!アンビリバボーにおいて「市民が窃盗団結成★FBIから極秘文書を盗み出せ」として取り上げられた。
  16. ^ 埼玉県立久喜図書館、2005、「ジャネット・クックが「ジミーの世界」でピューリッツァー賞を受賞した。受賞した年と、この受賞作の正確な題名を知りたい。」『レファレンス協同データベース』登録番号1000019073、2005年2月11日登録、2008年2月15日更新、(2013年5月11日取得、http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000019073 )。
  17. ^ Among leaders at summit, Hu's first ワシントン・ポスト、2010年4月14日
  18. ^ 米紙に「哀れで頭おかしい」  ここまで言われる鳩山首相 J-CASTニュース、2010年4月15日
  19. ^ 佐藤由紀子 (2014年4月15日). “NSA報道のGuardianとWashington Postにピューリッツァー賞”. ITmedia. http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1404/15/news064.html 2014年4月16日閲覧。 
  20. ^ David A. Fahrenthold (2016年10月8日). “Trump recorded having extremely lewd conversation about women in 2005” (英語). Washington Post (WP Company LLC). https://www.washingtonpost.com/politics/trump-recorded-having-extremely-lewd-conversation-about-women-in-2005/2016/10/07/3b9ce776-8cb4-11e6-bf8a-3d26847eeed4_story.html 2016年10月10日閲覧。 
  21. ^ ピーター・エニス (2016年10月9日). “10年前の失言がトランプ氏の息の根を止めた「トランプ女性蔑視発言」に共和党内が大混乱”. 東洋経済ONLINE (東洋経済新報社). http://toyokeizai.net/articles/-/139651 2016年10月10日閲覧。 


「ワシントン・ポスト」の続きの解説一覧



ワシントン・ポストと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ワシントン・ポスト」の関連用語

ワシントン・ポストのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ワシントン・ポストのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワシントン・ポスト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS