アポロ11号とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > アポロ11号の意味・解説 

アポロ11号

分類:宇宙飛行


名称:アポロ11号(Apollo 11)
小分類:アポロ計画
打ち上げ国名機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1969年7月16日
帰還年月日:1969年7月24日
打ち上げロケット:サターンV
宇宙飛行士:ニール・A・アームストロング/マイケル・コリンズ/エドウィン・E・オルドリン
飛行時間:195時間1835
国際標識番号:1969059A

アポロ11号は史上初月着陸達成しました着陸地点は「静かの海」。月着陸船イーグル号から降りて人類初め月面踏みしめたのが、ニール・アームストロング船長です。「人間小さな一歩だが、人類にとって大いなる飛躍だ」とアームストロング船長無線機を通じてテレビ中継見守る世界中人々語りかけました。
また、アメリカソ連の宇宙計画で命を失った5人の宇宙飛行士(バージル・グリソムエドワード・ホワイトロジャー・チャフィーウラジミール・コマロフユーリ・ガガーリン)のための記念碑が、月面置かれました。記念碑には「地球から来た人類がここに初め足跡をしるす。西暦1969年7月すべての人類のため、われわれは平和のうちに来た」と刻まれています。
アームストロング船長エドウィン・オルドリン2人は、21時36分のあいだ月面とどまり、21kgの月の石地球持ち帰りました。

1.宇宙船はどんな形をして、どのような性能を持っているの?
アポロ宇宙船司令船機械船から構成されています。司令船円錐形をした居住カプセルで、全長3.23m、底辺直径3.91m、重量5.56tです。円筒形機械船司令船酸素電力供給したり、推進ロケット役割をする部分です。全長7.37m、直径3.91m、重量23.2tです。また、月着陸船全長7m、重量15.1tです。


2.ロケットはどんな形をして、どのような性能を持っているの?
サターンV3段ロケットで、宇宙船をふくめた全長が111m、重量2941tです。第1段推力694tのエンジンが5基、第2段推力93tのエンジンが5基、第3段推力93tのエンジンが1基ついています。


3.打ち上げ飛行順序はどうなっているの?
サターンV第1段第2段推力で、第3段アポロ宇宙船地球軌道乗せ第3段推力で月に向かいます第3段離れた宇宙船第3段収めてある月着陸船ドッキングして、第3段着陸船切り離します。月の周回軌道乗ってから月着陸船月面降り立ます。地球帰るとき、着陸船は再び宇宙船ドッキングして、飛行士宇宙船乗り移ったあとで切り離されます。大気圏再突入司令船だけで行われます

4.宇宙飛行目的は?
人間を月に送ることです。

5.宇宙でどんな活動をし、どのような成果おさめたの?
史上初月面着陸成功しました


参考文献:アラン・シェパードディーク・スレイトン著/ムーンショット(集英社)、野田昌宏編著/NASA これがアメリカ航空宇宙局だ(CBS・ソニー出版)


アポロ11号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/05 06:19 UTC 版)

アポロ11号(アポロ11ごう、: Apollo 11)は、史上初めて人類着陸させることに成功したアポロ宇宙船、およびそのミッションの名称である。


注釈

  1. ^ 徽章内には宇宙飛行士名を入れるのが以前からの通例となっており、これはその後のアポロやスカイラブ計画スペースシャトル計画などでも行われているため、今回は異例の措置となった。
  2. ^ うち3つ(宇宙飛行士1人につき1つ)が打ち上げ前に「コロンビア」に、2つが「イーグル」に積み込まれた。
  3. ^ 後にウエスト英語版と命名された。
  4. ^ 空電とは、雷などの大気中の放電によって生じる電磁波で、ラジオなどの受信機の雑音の原因となる。
  5. ^ 機密情報の取扱許可
  6. ^ 旅程《ワシントンD.C./米国(9月29日)–メキシコシティ/メキシコ(9月29日-30日)–ボゴタ/コロンビア(9月30日-10月1日)–ブラジリア/ブラジル(10月1日)–ブエノスアイレス/アルゼンチン(10月1日-2日)–リオデジャネイロ/ブラジル(10月2日-4日)–ラス・パルマス/カナリア諸島(10月4日-6日)–マドリード/スペイン(10月6日-8日)–パリ/フランス(10月8日-9日)–アムステルダム/オランダ(10月9日)–ブリュッセル/ベルギー(10月9日-10日)–オスロ/ノルウェー(10月10日-12日)–ケルンとボンとベルリン/西ドイツ(10月12日-14日)–ロンドン/英国(10月14日-15日)–ローマ/イタリア(10月15日-18日)–ベオグラード/ユーゴスラビア(10月18日-20日)–アンカラ/トルコ(10月20日-22日)–キンシャサ/ザイール(10月22日-24日)–テヘラン/イラン(10月24日-26日)–ボンベイ/インド(10月26日-27日)–ダッカ/東パキスタン(10月27日-28日)–バンコク/タイ(10月28日-31日)–パース/オーストラリア(10月31日)–シドニー/オーストラリア(10月31日-11月2日)–アガナ/グアム(11月2日-3日)–ソウル/韓国(11月3日-4日)–東京/日本(11月4日-5日)–アラスカ州アンカレッジ・エルメンドルフ空軍基地/米国(11月5日)…(それから間隔を空けて)…オタワとモントリオール/カナダ(12月2日-3日)》[214]
  7. ^ 「白んぼ」とは黒人が白人を指して呼ぶ蔑称(差別用語)。
  8. ^ 下記に記す主張はアポロ計画陰謀論のごく一部であり、下記以外にも無数にある。詳しくは当該記事を参照。

出典

  1. ^ a b c d e Apollo 11 Mission Summary”. The Apollo Program. Smithsonian National Air and Space Museum. 2013年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e Orloff 2000, p. 106.
  3. ^ a b c d e Orloff 2000, p. 109.
  4. ^ a b c d e The First Lunar Landing”. Apollo 11 Lunar Surface Journal. NASA (1995年). 2013年6月13日閲覧。
  5. ^ Williams, David R. (2003年12月11日). “Apollo Landing Site Coordinates”. US National Space Science Data Center. 2013年9月7日閲覧。
  6. ^ a b c Orloff 2000, p. 107.
  7. ^ a b 毎日新聞社 1969, p. 10.
  8. ^ Brooks, Grimwood & Swenson 1979, pp. 72–77.
  9. ^ 青鉛筆『朝日新聞』昭和44年(1969年)11月26日朝刊、12版、15面
  10. ^ a b c d e f g One Small Step”. Apollo 11 Lunar Surface Journal. NASA (1995年). 2013年6月13日閲覧。
  11. ^ Stenger, Richard (2001年5月25日). “Man on the Moon: Kennedy speech ignited the dream”. CNN. オリジナルの2010年6月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100606035837/http://archives.cnn.com/2001/TECH/space/05/25/kennedy.moon/ 2018年12月30日閲覧。 
  12. ^ a b Logsdon 1976, p. 134.
  13. ^ Logsdon 1976, pp. 13–15.
  14. ^ Brooks, Grimwood & Swenson 1979, p. 1.
  15. ^ Swenson, Grimwood & Alexander 1966, p. 134.
  16. ^ Swenson, Grimwood & Alexander 1966, pp. 101–106.
  17. ^ Swenson, Grimwood & Alexander 1966, pp. 332–333.
  18. ^ Swenson, Grimwood & Alexander 1966, p. 342.
  19. ^ Logsdon 1976, p. 121.
  20. ^ Logsdon 1976, pp. 112–117.
  21. ^ Excerpt: 'Special Message to the Congress on Urgent National Needs'”. NASA (1961年5月25日). 2018年9月16日閲覧。
  22. ^ Brooks, Grimwood & Swenson 1979, p. 15.
  23. ^ The Rendezvous That Was Almost Missed: Lunar Orbit Rendezvous and the Apollo Program”. NASA Langley Research Center Office of Public Affairs. NASA (1992年12月). 2018年12月26日閲覧。
  24. ^ Swenson, Grimwood & Alexander 1966, pp. 85–86.
  25. ^ Brooks, Grimwood & Swenson 1979, pp. 48–49.
  26. ^ Brooks, Grimwood & Swenson 1979, pp. 181–182, 205–208.
  27. ^ Brooks, Grimwood & Swenson 1979, pp. 214–218.
  28. ^ Brooks, Grimwood & Swenson 1979, pp. 265–272.
  29. ^ Brooks, Grimwood & Swenson 1979, pp. 274–284.
  30. ^ Brooks, Grimwood & Swenson 1979, pp. 292–300.
  31. ^ Brooks, Grimwood & Swenson 1979, pp. 303–312.
  32. ^ Lindroos, Marcus. “The Soviet Manned Lunar Program (PDF)”. MIT OpenCourseWare. Massachusetts Institute of Technology. 2011年10月4日閲覧。
  33. ^ シェパード & スレイトン 1994, p. 347.
  34. ^ Brown, Jonathan (2009年7月3日). “Recording tracks Russia's Moon gatecrash attempt”. The Independent (London). https://www.independent.co.uk/news/science/recording-tracks-russias-moon-gatecrash-attempt-1730851.html 2011年1月10日閲覧。 
  35. ^ Brooks, Grimwood & Swenson 1979, p. 374.
  36. ^ Hansen 2005, pp. 312–313.
  37. ^ アームストロング, コリンズ & オルドリンJr. 1973, p. 52.
  38. ^ Collins 2001, pp. 288–289.
  39. ^ Cunningham 2010, p. 109.
  40. ^ Orloff 2000, p. 72.
  41. ^ a b c Orloff 2000, p. 90.
  42. ^ Hansen 2005, pp. 338–339.
  43. ^ Collins 2001, pp. 434–435.
  44. ^ ハンセン 2007, p. 68.
  45. ^ a b Hansen 2005, p. 359.
  46. ^ Slayton & Cassutt 1994, p. 237.
  47. ^ Brooks, Grimwood & Swenson 1979, p. 261.
  48. ^ a b Brooks, Grimwood & Swenson 1979, p. 375.
  49. ^ Kranz 2000, p. 27.
  50. ^ Orloff 2000, p. 272.
  51. ^ Kranz 2000, pp. 230, 236, 273, 320.
  52. ^ a b アームストロング, コリンズ & オルドリンJr. 1973, p. 128.
  53. ^ a b Collins 2001, pp. 332–334.
  54. ^ Collins 2001, p. 332.
  55. ^ a b Collins 2001, p. 333.
  56. ^ 1971–78 Dollar Eisenhower”. CoinSite. ROKO Design Group, Inc. (1994年). 2009年7月20日閲覧。
  57. ^ Susan B. Anthony Dollar – 1979–1999”. United States Mint. 2014年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月12日閲覧。
  58. ^ アームストロング, コリンズ & オルドリンJr. 1973, pp. 232–233.
  59. ^ Marshall Space Flight Center 1969, p. 8.
  60. ^ Collins 2001, pp. 334–335.
  61. ^ Brooks, Grimwood & Swenson 1979, p. 331.
  62. ^ Collins 1994, p. 116.
  63. ^ Kit, Pilot's Personal Preference, Apollo 11”. National Air and Space Museum. 2018年10月11日閲覧。
  64. ^ Personal Preference Kits (PPKs)”. Space flown collectible artifacts. 2018年12月24日閲覧。
  65. ^ Hansen 2005, p. 527.
  66. ^ アームストロング, コリンズ & オルドリンJr. 1973, p. 127.
  67. ^ Slayton & Cassutt 1994, pp. 191–192.
  68. ^ a b c d 50 Years Ago: Lunar Landing Sites Selected”. NASA (2018年2月8日). 2018年9月22日閲覧。
  69. ^ Cortright 1975, p. 79.
  70. ^ Harland 1999, p. 19.
  71. ^ Cortright 1975, pp. 98–99.
  72. ^ Collins 1994, p. 7.
  73. ^ Cappellari 1972, p. 976.
  74. ^ Apollo 10”. National Air and Space Museum. 2018年12月26日閲覧。
  75. ^ a b Chaikin 1994, p. 148.
  76. ^ Hansen 2005, p. 360.
  77. ^ Collins 2001, p. 347.
  78. ^ Aldrin & Abraham 2016, pp. 57–58.
  79. ^ Hansen 2005, pp. 363–365.
  80. ^ Chaikin 1994, p. 149.
  81. ^ Chaikin 1994, p. 150.
  82. ^ Schefter 1999, p. 281.
  83. ^ Hansen 2005, pp. 371–372.
  84. ^ a b c Loff, Sarah (2015年4月17日). “Apollo 11 Mission Overview”. NASA. 2018年9月22日閲覧。
  85. ^ Benson & Faherty 1978, p. 472.
  86. ^ Scientific Experiments”. National Air and Space Museum. 2018年9月22日閲覧。
  87. ^ a b c d Benson & Faherty 1978, p. 474.
  88. ^ a b c Benson & Faherty 1978, p. 475.
  89. ^ Benson & Faherty 1978, pp. 355–356.
  90. ^ Collins 2001, pp. 355–357.
  91. ^ Apollo 11 Flight Journal – Day 1, Part 1: Launch”. NASA. 2018年10月11日閲覧。
  92. ^ アームストロング, コリンズ & オルドリンJr. 1973, p. 55.
  93. ^ a b Bilstein 1980, pp. 369–370.
  94. ^ a b Brooks, Grimwood & Swenson 1979, p. 338.
  95. ^ President Richard Nixon's Daily Diary”. Richard Nixon Presidential Library. p. 2 (1969年7月16日). 2018年9月3日閲覧。
  96. ^ Apollo 11 Mission Overview”. NASA (2015年4月17日). 2019年2月17日閲覧。
  97. ^ 毎日新聞社 1969, p. 15.
  98. ^ 毎日新聞社 1969, p. 16.
  99. ^ アームストロング, コリンズ & オルドリンJr. 1973, pp. 104–105.
  100. ^ Collins 2001, pp. 374–375.
  101. ^ Marshall Space Flight Center 1969, p. 7.
  102. ^ Apollo 11 Lunar Landing Mission (PDF)”. Washington, D.C.: NASA (1969年7月6日). 2013年6月13日閲覧。
  103. ^ Manned Spacecraft Center 1969, p. 130.
  104. ^ Manned Spacecraft Center 1969, p. 9.
  105. ^ a b Collins & Aldrin 1975, p. 209.
  106. ^ チェイキン 1999, p. 283.
  107. ^ Mindell 2008, pp. 220–221.
  108. ^ Manned Spacecraft Center 1969, p. 82.
  109. ^ シェパード & スレイトン 1994, p. 26.
  110. ^ ビゾニー 2009, pp. 45–46.
  111. ^ シェパード & スレイトン 1994, pp. 26, 29.
  112. ^ チェイキン 1999, pp. 286–287.
  113. ^ シェパード & スレイトン 1994, pp. 26–27.
  114. ^ Collins & Aldrin 1975, pp. 210–212.
  115. ^ Hamilton & Hackler 2008, pp. 34–43.
  116. ^ Hamilton, Margaret H. (March 1, 1971). “Computer Got Loaded”. Datamation. ISSN 0011-6963. 
  117. ^ Manned Spacecraft Center 1969, pp. 190–192.
  118. ^ Martin, Fred H. (1994年7月). “Apollo 11: 25 Years Later”. Apollo 11 Lunar Surface Journal. NASA. 2013年6月13日閲覧。
  119. ^ Eyles, Don (2004年2月6日). “Tales from the Lunar Module Guidance Computer”. 27th annual Guidance and Control Conference. Breckenridge, Colorado: American Astronautical Society英語版. 2013年6月13日閲覧。
  120. ^ Chaikin 1994, p. 196.
  121. ^ Mindell 2008, pp. 195–197.
  122. ^ チェイキン 1999, pp. 288–289.
  123. ^ シェパード & スレイトン 1994, p. 31, 32.
  124. ^ Chaikin 1994, p. 197.
  125. ^ Chaikin 1994, pp. 198–199.
  126. ^ シェパード & スレイトン 1994, p. 36.
  127. ^ チェイキン 1999, p. 293.
  128. ^ Chaikin 1994, p. 199.
  129. ^ Mindell 2008, p. 226.
  130. ^ ビゾニー 2009, p. 51.
  131. ^ Failure is Not an Option (TV production). The History Channel. 24 August 2003. OCLC 54435670
  132. ^ James May speaks to Charles Duke”. BBC Archives (2009年). 2009年6月7日閲覧。
  133. ^ Post-landing Activities”. Apollo 11 Lunar Surface Journal. NASA (1995年). 2013年6月13日閲覧。
  134. ^ 毎日新聞社 1969, p. 112.
  135. ^ アームストロング, コリンズ & オルドリンJr. 1973, pp. 284–285.
  136. ^ Chaikin 1994, pp. 204, 623.
  137. ^ Manned Spacecraft Center 1969, pp. 21–22.
  138. ^ a b c d First Steps”. Apollo 11 Lunar Surface Journal. NASA (1995年). 2006年9月23日閲覧。
  139. ^ Manned Spacecraft Center 1969, p. 22.
  140. ^ Cortright 1975, p. 215.
  141. ^ Waligora & Horrigan 1975, pp. 115–120.
  142. ^ Duggan, Paul (2012年8月25日). “Neil Armstrong, first man to step on the Moon, dies at 82”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/national/health-science/neil-armstrong-first-man-to-step-on-the-moon-dies-at-82/2012/08/25/7091c8bc-412d-11e0-a16f-4c3fe0fd37f0_story.html 2013年5月25日閲覧。 
  143. ^ a b Macey, Richard (2006年8月5日). “One giant blunder for mankind: how NASA lost Moon pictures”. The Sydney Morning Herald (Sydney). http://www.smh.com.au/news/national/one-giant-blunder-for-mankind-how-nasa-lost-moon-pictures/2006/08/04/1154198328978.html 2013年6月13日閲覧。 
  144. ^ a b Sarkissian 2001, p. 287.
  145. ^ ハンセン 2007, p. 298.
  146. ^ ハンセン 2007, p. 284.
  147. ^ a b c Orloff 2000, p. 108.
  148. ^ Apollo Moon Landing – 35th Anniversary”. NASA Education. NASA (2004年7月15日). 2013年6月13日閲覧。
  149. ^ Mikkelson, Barbara & David P. "One Small Step" at Snopes: Urban Legends Reference Pages.
  150. ^ “Armstrong 'got Moon quote right'”. London: BBC News. (2006年10月2日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/5398560.stm 2013年6月13日閲覧。 
  151. ^ Ghosh, Pallab (2009年6月3日). “Armstrong's 'poetic' slip on Moon”. London: BBC News. http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/8081817.stm 2013年6月13日閲覧。 
  152. ^ 毎日新聞社 1969, pp. 132–133.
  153. ^ Meyer, Charles (2009年). “Lunar Sample Compendium: Contingency Soil (10010) (PDF)”. Astromaterials Research & Exploration Science. NASA. 2013年6月13日閲覧。
  154. ^ a b Manned Spacecraft Center 1969, p. 23.
  155. ^ a b A Flag on the Moon”. The Attic. 2018年10月1日閲覧。
  156. ^ Exhibit: Apollo 11 and Nixon”. American Originals. Washington, D.C.: National Archives and Records Administration (1996年3月). 2008年4月13日閲覧。
  157. ^ Borman & Serling 1988, pp. 237–238.
  158. ^ Richard Nixon: Telephone Conversation With the Apollo 11 Astronauts on the Moon”. The American Presidency Project. UC Santa Barbara. 2018年10月26日閲覧。
  159. ^ a b EASEP Deployment and Closeout”. Apollo 11 Lunar Surface Journal. NASA (1995年). 2013年6月13日閲覧。
  160. ^ Harland 1999, pp. 28–29.
  161. ^ Lunar Sample Overview”. Lunar and Planetary Institute. 2018年12月28日閲覧。
  162. ^ University of Western Australia (2012年1月17日). “Moon-walk mineral discovered in Western Australia”. ScienceDaily. 2018年9月24日閲覧。
  163. ^ 毎日新聞社 1969, p. 144.
  164. ^ Neil Armstrong Explains His Famous Apollo 11 Moonwalk”. space.com. New York: TechMediaNetwork, Inc. (2010年12月10日). 2013年5月25日閲覧。
  165. ^ ハンセン 2007, p. 321.
  166. ^ a b Trying to Rest”. Apollo 11 Lunar Surface Journal. NASA (1995年). 2013年6月13日閲覧。
  167. ^ White House 'Lost In Space' Scenarios”. The Smoking Gun (2005年8月8日). 2013年5月25日閲覧。 Scanned copy of the "In Event of Moon Disaster" memo.
  168. ^ Mann, Jim (1999年7月7日). “The Story of a Tragedy That Was Not to Be”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/1999/jul/07/news/mn-53678 2013年5月25日閲覧。 
  169. ^ a b Safire, William (1999年7月12日). “Essay; Disaster Never Came”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1999/07/12/opinion/essay-disaster-never-came.html 2013年5月25日閲覧。 
  170. ^ “Apollo 11 Goodwill Messages” (PDF) (プレスリリース), Washington, D.C.: NASA, (1969年7月13日), Release No: 69-83F, https://history.nasa.gov/ap11-35ann/goodwill/Apollo_11_material.pdf 2013年6月14日閲覧。 
  171. ^ Collins & Aldrin 1975, p. 219.
  172. ^ “American flags still standing on the Moon, say scientists”. The Daily Telegraph. (2012年6月30日). https://www.telegraph.co.uk/news/science/space/9439047/American-flags-still-standing-on-the-Moon-say-scientists.html 2018年9月24日閲覧。 
  173. ^ a b c Collins 2001, p. 402.
  174. ^ Collins 2001, pp. 401–407.
  175. ^ Collins 2001, pp. 406–408, 410.
  176. ^ Williams, David R.. “Apollo Tables”. National Space Science Data Center. NASA. 2006年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年9月23日閲覧。
  177. ^ ハンセン 2007, p. 362.
  178. ^ 毎日新聞社 1969, p. 160.
  179. ^ 毎日新聞社 1969, p. 173.
  180. ^ アームストロング, コリンズ & オルドリンJr. 1973, pp. 385–387.
  181. ^ a b c Collins & Aldrin 1975, p. 222.
  182. ^ ハンセン 2007, pp. 365–366.
  183. ^ Psalm 8:3–4
  184. ^ ハンセン 2007, p. 367.
  185. ^ ハンセン 2007, p. 368.
  186. ^ Rodriguez, Rachel (2009年7月20日). “The 10-year-old who helped Apollo 11, 40 years later”. CNN. http://www.cnn.com/2009/TECH/space/07/20/apollo11.irpt/index.html 2011年1月10日閲覧。 
  187. ^ Carmichael 2010, pp. 38–43, 71–72.
  188. ^ Press Kit – Apollo 11 Lunar Landing Mission”. NASA (1969年7月6日). 2018年10月11日閲覧。
  189. ^ Carmichael 2010, p. 85.
  190. ^ Carmichael 2010, pp. 107–108, 145–146.
  191. ^ ハンセン 2007, pp. 368–369.
  192. ^ ハンセン 2007, p. 369.
  193. ^ Carmichael 2010, pp. 136–137, 144–145.
  194. ^ a b c Day 9: Re-entry and Splashdown”. Apollo 11 Flight Journal. NASA. 2018年9月27日閲覧。
  195. ^ Manned Spacecraft Center 1969, p. 28.
  196. ^ Manned Spacecraft Center 1969, pp. 169–170.
  197. ^ Manned Spacecraft Center 1969, p. 170.
  198. ^ a b Manned Spacecraft Center 1969, pp. 164–167.
  199. ^ Carmichael 2010, pp. 184–185.
  200. ^ Carmichael 2010, pp. 186–188.
  201. ^ Carmichael 2010, pp. 199–200.
  202. ^ After Splashdown”. Apollo to the Moon. Washington, D.C.: National Air and Space Museum (1999年7月). 2013年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月15日閲覧。
  203. ^ Remarks to Apollo 11 Astronauts Aboard the U.S.S. Hornet Following Completion of Their Lunar Mission”. The American Presidency Project. UC Santa Barbara (1969年7月24日). 2018年11月19日閲覧。
  204. ^ Manned Spacecraft Center 1969, pp. 166, 171–173.
  205. ^ Extra-Terrestrial Exposure, 34 Fed. Reg. 11975 (July 16, 1969), codified at 14 C.F.R. pt. 1200
  206. ^ A Front Row Seat For History”. NASAexplores. NASA (2004年7月15日). 2006年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月14日閲覧。
  207. ^ Carmichael 2010, p. 118.
  208. ^ Ertel, Newkirk & Brooks 1978, p. 312.
  209. ^ a b c Richard Nixon: Remarks at a Dinner in Los Angeles Honoring the Apollo 11 Astronauts”. The American Presidency Project (1969年8月13日). 2017年10月24日閲覧。
  210. ^ “President Offers Toast to 'Three Brave Men'”. The Evening Sun. Associated Press (Baltimore, Maryland): p. 1. (1969年8月14日). https://www.newspapers.com/clip/27531303/the_evening_sun/ 
  211. ^ Smith, Merriman (1969年8月14日). “Astronauts Awed by the Acclaim”. The Honolulu Advertiser. UPI (Honolulu, Hawaii): p. 1. https://www.newspapers.com/clip/27531557/the_honolulu_advertiser/ 
  212. ^ The Apollo 11 Crew Members Appear Before a Joint Meeting of Congress”. United States House of Representatives. 2018年3月3日閲覧。
  213. ^ Jean P. Haydon Museum”. Fodor's Travel. 2018年3月5日閲覧。
  214. ^ SP-4223 "Before This Decade Is Out..." Chapter 10 Geneva B. BARNES (1933- )”. NASA History Office (2004年8月5日). 2019年2月11日閲覧。
  215. ^ a b “Apollo 11 Crew Starts World Tour”. Logan Daily News. Associated Press (Logan, Ohio): p. 1. (1969年9月29日). https://www.newspapers.com/clip/27494178/the_logan_daily_news/ 
  216. ^ “Japan's Sato Gives Medals to Apollo Crew”. Los Angeles Times (Los Angeles, California): p. 20. (1969年11月5日). https://www.newspapers.com/clip/27529119/the_los_angeles_times/ 
  217. ^ “Australia Welcomes Apollo 11 Heroes”. The Sydney Morning Herald (Sydney, New South Wales): p. 1. (1969年11月1日). https://www.newspapers.com/clip/27529322/the_sydney_morning_herald/ 
  218. ^ Lunar Missions: Apollo 11”. Lunar Hall of Fame (2008年). 2008年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月9日閲覧。
  219. ^ a b c Project Apollo: A Retrospective Analysis”. 2019年1月2日閲覧。
  220. ^ a b c Chaikin 2007, p. 57.
  221. ^ Schefter 1999, p. 288.
  222. ^ Beard, David; Kirkpatrick, Nick (2014年7月17日). “We Put a Man on the Moon, So Why Can’t We...?”. Washington Post. https://www.washingtonpost.com/news/post-nation/wp/2014/07/17/we-put-a-man-on-the-moon-so-why-cant-we/?noredirect=on&utm_term=.5d9dc2d89089 2018年1月4日閲覧。 
  223. ^ Schefter 1999, p. 283.
  224. ^ Gil Scott-Heron's Poem, 'Whitey on the Moon'”. The Atlantic (2011年5月28日). 2019年1月3日閲覧。
  225. ^ a b Whitey on the Moon, Again?”. Huffington Post (2012年3月11日). 2019年1月3日閲覧。
  226. ^ Chaikin 2007, p. 58.
  227. ^ Compton, William David (1989). “Where No Man Has Gone Before: A History of Apollo Lunar Exploration Missions”. NASA Special Publication 494: 420. Bibcode1989NASSP.494..420C. https://www.hq.nasa.gov/office/pao/History/SP-4214/ch14-7.html. 
  228. ^ Apollo 11”. History (2018年8月23日). 2019年1月3日閲覧。
  229. ^ McCurdy 1997, pp. 106–107.
  230. ^ Chaikin 1994, p. 631.
  231. ^ Wilford, John Noble (1989年12月18日). “Russians Finally Admit They Lost Race to Moon”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1989/12/18/us/russians-finally-admit-they-lost-race-to-moon.html 
  232. ^ The Moon Landing through Soviet Eyes: A Q&A with Sergei Khrushchev, son of former premier Nikita Khrushchev”. Scientific American (2009年7月16日). 2019年1月7日閲覧。
  233. ^ Needell, Allan (2017年2月25日). “The Last Time the Command Module Columbia Toured”. National Air and Space Museum. 2018年11月9日閲覧。
  234. ^ Apollo 11 Command Module Columbia”. National Air and Space Museum. 2018年11月9日閲覧。
  235. ^ Museum in DC”. National Air and Space Museum (2016年5月3日). 2018年9月25日閲覧。
  236. ^ Apollo 11 Command Module Columbia”. National Air and Space Museum (2016年3月21日). 2017年8月27日閲覧。
  237. ^ Maksel, Rebecca (February 22, 2017). “Apollo 11 Moonship To Go On Tour”. Air and Space Magazine. http://www.airspacemag.com/daily-planet/apollo-11-artifacts-go-tour-180962247/#vdLWIR4Sfofhv24g.99 2017年8月27日閲覧。. 
  238. ^ Apollo to the Moon”. National Air and Space Museum (2003年3月20日). 2018年9月25日閲覧。
  239. ^ 'Apollo to the Moon' no more: Air and Space Museum closes gallery”. collectSPACE. 2018年12月16日閲覧。
  240. ^ Mobile Quarantine Facility”. National Air and Space Museum (2016年3月20日). 2018年9月30日閲覧。
  241. ^ Apollo 11 Flotation Collar”. National Air and Space Museum (2016年3月20日). 2018年9月30日閲覧。
  242. ^ National Air and Space Museum Moves Apollo Artifact to Future Home”. National Air and Space Museum (2015年9月15日). 2018年9月25日閲覧。
  243. ^ LRO Sees Apollo Landing Sites”. NASA (2009年7月17日). 2018年9月25日閲覧。
  244. ^ Location of Apollo Lunar Modules”. National Air and Space Museum. 2018年9月24日閲覧。
  245. ^ “Amazon boss Jeff Bezos 'finds Apollo 11 Moon engines'”. BBC News (London). (2012年3月28日). https://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-17544565 2013年6月14日閲覧。 
  246. ^ Kolawole, Emi (2013年7月19日). “Bezos Expeditions retrieves and identifies Apollo 11 engine #5, NASA confirms identity”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/news/innovations/wp/2013/07/19/bezos-expeditions-retrieves-and-identifies-apollo-11-engine-5-nasa-confirms-identity/ 2017年2月13日閲覧。 
  247. ^ “Apollo 11 engine find confirmed”. Albuquerque Journal (Albuquerque, New Mexico): p. 5. (2013年7月21日). https://www.newspapers.com/clip/26447397/albuquerque_journal/ 
  248. ^ Apollo 11 SIVB NSSDCA/COSPAR ID: 1969-059B”. NASA. 2017年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月30日閲覧。
  249. ^ Lunar Sample Laboratory Facility”. NASA. 2018年9月25日閲覧。
  250. ^ Flavin, Kristen (2016年9月10日). “The mystery of the missing Moon rocks”. World. https://world.wng.org/2016/09/the_mystery_of_the_missing_moon_rocks 2018年9月25日閲覧。 
  251. ^ Where today are the Apollo 11 goodwill lunar sample displays?”. collectSPACE. 2012年11月2日閲覧。
  252. ^ Earth magazine, March 2011, pp. 42–51
  253. ^ Bates, Lauderdale & Kernaghan 1979, pp. 2–3, 4–32.
  254. ^ Todaro, Chelsea (2018年3月5日). “Report: Humans have left 500,000 pounds of 'trash' on the Moon”. Palm Beach Post. https://www.palmbeachpost.com/news/report-humans-have-left-500-000-pounds-trash-the-moon/8UcB7ECGVXSLyMWrdhqk1L/ 2018年9月27日閲覧。 
  255. ^ “LIFE: Up Close With Apollo 11”. Life. オリジナルの2013年5月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130521161407/https://life.time.com/history/photos-up-close-with-apollo-11/ 2013年6月14日閲覧。 
  256. ^ Apollo 11 Onboard Audio”. Apollo 40th Anniversary. NASA (2013年7月26日). 2013年6月14日閲覧。
  257. ^ Apollo 11 Partial Restoration HD Videos (Downloads)”. NASA (2015年3月16日). 2013年6月14日閲覧。
  258. ^ Riley, Christopher (2010年7月20日). “Sound restored to mission control film shot during Apollo 11 Moon landing”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/science/blog/2010/jul/20/sound-apollo-11-moon-landing 2013年7月11日閲覧。 
  259. ^ We Choose the Moon”. John F. Kennedy Presidential Library and Museum. 2009年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月19日閲覧。
  260. ^ Apollo 11 Crew Meets With President Obama”. Image of the Day Gallery. NASA (2009年7月20日). 2014年6月9日閲覧。
  261. ^ Zeleny, Jeff (2009年7月21日). “Obama Hails Apollo Crew From a Lens of Childhood”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2009/07/21/science/space/21obama.html 
  262. ^ Text of S.951 as Engrossed in Senate: New Frontier Congressional Gold Medal Act – U.S. Congress – OpenCongress”. OpenCongress.org. 2012年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月14日閲覧。
  263. ^ Text of H.R.2245 as Enrolled Bill: New Frontier Congressional Gold Medal Act – U.S. Congress – OpenCongress”. OpenCongress.org. 2012年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月14日閲覧。
  264. ^ ビゾニー 2009, §4 リスクの要素.
  265. ^ “Moon landings: British scientists salute space heroes”. The Daily Telegraph (London). (2009年7月17日). オリジナルの2013年3月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130308224145/https://www.telegraph.co.uk/science/space/5848707/Moon-landings-British-scientists-salute-space-heroes.html 2013年6月14日閲覧。 
  266. ^ Pub.L. 114–282
  267. ^ Apollo 11 50th Anniversary Commemorative Coin Program”. United States Mint. 2019年2月1日閲覧。
  268. ^ 月面着陸はうそ? アポロ11号を取り巻く陰謀論”. AFP通信 (2019年7月12日). 2020年5月4日閲覧。



アポロ11号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/25 07:14 UTC 版)

マーガレット・ハミルトン (科学者)」の記事における「アポロ11号」の解説

アポロ11号ミッションにおける1つ重大な局面において、アポロ誘導コンピュータソフトウェアでのハミルトンチームの仕事は、月面着陸失敗するのを回避することになったアポロ月着陸船月面降り立つ3分前、いくつかのコンピュータアラームが鳴ったランデブーレーダーシステム着陸には必要ない)がコンピュータからのサイクルスチールによって知らず知らずのうちにカウンタ更新したので、コンピュータ受信データ過負荷起こしていたためである。このとき、コンピュータ安定した仕組みによって、着陸動作続けることができた。というのもアポロ搭載されたフライトソフトウェアは、(着陸際に重要な優先度の高い命令を、優先度の低い命令先んじて実行できるような、非同期実行用いて作られていたのである。このときに起きたアラームは、誤ったチェックリストに起因していた。 .mw-parser-output .templatequote{overflow:hidden;margin:1em 0;padding:0 40px}.mw-parser-output .templatequote .templatequotecite{line-height:1.5em;text-align:left;padding-left:1.6em;margin-top:0}チェックリストマニュアルに誤りがあって、ランデブーのレーダースイッチが違った所に置かれいました。だから間違った信号コンピュータ送られていたのです。その結果15長い時間をかけて誤った別の信号受信しながら、コンピュータ着陸のための通常の機能すべてを実施するようになっていましたコンピュータ(というより、その中入っているソフトウェア)は頭が良かったので、やらなければならない命令以上のことを頼まれたということ分かるようになっていました。それで宇宙飛行士知らせるためにアラーム鳴らしました。「今しなければいけないこと以上の命令入り込んできて手が回らない。だから続けるのは重要な命令だけにするよ」すなわち、着陸必要な命令を……。実際コンピュータエラー状態を認識する以上のことを実行するようプログラムされいましたソフトウェアには回復プログラム一式組み込まれていたのです。ソフトウェア動作としては、この場合優先度の低い仕事除外し重要なものに再構築ます。……もしコンピュータがこの問題認識できずに回復動作をとらなかったら、月への着陸上手くいったかどうか、疑わしいと思います。 —Margaret HamiltonDirector of Apollo Flight Computer Programming MIT Draper Laboratory, Cambridge, Massachusetts, "Computer Got Loaded", Letter to Datamation, March 1, 1971

※この「アポロ11号」の解説は、「マーガレット・ハミルトン (科学者)」の解説の一部です。
「アポロ11号」を含む「マーガレット・ハミルトン (科学者)」の記事については、「マーガレット・ハミルトン (科学者)」の概要を参照ください。


アポロ11号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 04:40 UTC 版)

ニール・アームストロング」の記事における「アポロ11号」の解説

1968年12月23日アポロ8号の月周回飛行成功後スレイトンニールをアポロ11号の船長任命した2005年出版されたニール自伝明かされところによると、この時会合スレイトンは、船長ニール着陸船操縦士バズ・オルドリン司令船操縦士マイケル・コリンズ考えているが、オルドリン代わりにジム・ラベル起用するのはどうかと聞いていた。ニール数日間考えた後、ラベル一緒に仕事をする上で何の問題もないが、着陸船操縦士オルドリンがよいだろう答えた。もしラベル起用すると、彼は3人飛行士の中で非公式なものだが)3番目に序列されてしまう。ジェミニ12号船長務めたような人物そのような順位置くことは適切ではない考えたという。 はじめオルドリンは、最初に月面降り立つのは自分だと考えていた。ジェミニ計画では、全体責任者であり船外活動訓練はあまり積んでいない船長が、船内とどまり副操縦士船外活動補佐していたからである。しかし地上訓練飛行士宇宙服完全装備させ着陸船模型手順試してみると、彼を先に出すと船長の体が邪魔になり機体内部傷つけてしまう可能性があることが判明した1969年3月スレイトンジョージ・ロウ、ボブ・ギルルース、クリス・クラフトらの会合で、最初に月面降り立つ人間ニールにすることが決定された。NASAの上層部は彼が最も自己顕示欲少な人物だと見ていたのである1969年4月14日開かれた記者会見では、着陸船内部構造と、なぜ船長先に出さなければならないのかという理由説明された船外活動用のハッチ内側に右開きになるように設計されており、右側に立っている着陸船操縦士先に出るには船長の体を乗り越えなければならず、非常に困難だった。この会見スレイトンはさらに、 「付け加えるならば、私の個人的な見解としては、最初に物事行なうのは船長であるということ当然だ思ったからだ。この決定にはギルルースらも賛成してくれた」 と述べた。もっとも3月会合では、彼らはハッチ問題は全く知らなかったのだと、ジーン・クランツ2001年出版した自伝述べている。 1969年7月16日、月に向かう当日に、ニール打ち上げ責任者のグエンター・ウェンドから、「月への鍵だ」と言ってポリスチレン製の三日月のおもちゃ受け取った。月から帰還した後、ニール返礼として二つ星間タクシー券」を渡した

※この「アポロ11号」の解説は、「ニール・アームストロング」の解説の一部です。
「アポロ11号」を含む「ニール・アームストロング」の記事については、「ニール・アームストロング」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アポロ11号」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「アポロ11号」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アポロ11号のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アポロ11号のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2022 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアポロ11号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマーガレット・ハミルトン (科学者) (改訂履歴)、ニール・アームストロング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS